八千代病院の口コミと体験談 愛知県安城市

八千代病院」愛知県安城市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

八千代病院について

総合病院の中の産婦人科ですので婦人科や不妊治療の患者さんもいらっしゃるので比較的いつも混んでいます。しかし待合室はとても広いので座れないことはありません。

お産は普通分娩やLDHでのお産、またこの辺りではあまりない無痛分娩や和痛分娩を行っている病院です。先生は男の先生と女の先生が半分ずつくらいでいます。

看護師さんや助産師さんも多く優しいかたが多いので陣痛中からとても安心できる環境でした。

八千代病院の基本情報

「八千代病院」愛知県安城市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒446-8510 愛知県安城市住吉町2-2-7 名鉄新安城駅より歩いて7分

出産にかかる費用

約46万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは何人かいてわりかし若いです。親しみやすい雰囲気でした。

八千代病院の良い点・オススメポイント

病院

不妊治療にも力を入れている病院なので、不妊治療も妊娠も継続して診ていただけるのはとても心強いです。

また普通分娩から無痛分娩まで色々なお産の方法が選択できるのはとても良いことです。無痛分娩に対してもとても詳しく教えていただけるので安心してお産に望めます。

助産師さんや看護師さんが多いのでいろんなところで気をかけていただき、初めての出産も不安なく迎えられました。

八千代病院を選んだ決め手!

不妊治療から継続的に同じ先生に診てもらうことができることは大きな決め手になりました。

総合病院なので赤ちゃんや自分が何かあったときにすぐに対処してもらえると思いました。普通分娩、無痛分娩など分娩方法がたくさんあることが魅力的でした。

車を運転できないので駅から歩いて7分と近いことも魅力の一つです。個室がたくさんあり、今までその病院で出産した方からとても良かったと教えてもらいもしました。

八千代病院の改善して欲しいポイント

陣痛室が少し狭いので付き添ってくれる主人は小さな椅子に座っているか立っているかしかできず辛かったと思います、また陣痛室には付き添いが1人しか入れないので実親などがきても交代しない限り外で待ってもらうしかできません。

出産後二日目から母子同室となりますがそれまでは夫婦以外赤ちゃんに触ることはできません。ガラス越しに見てもらうことしかできなかったのは改善して欲しかったです。

八千代病院についてもっと詳しく

以下では、八千代病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

病院

産婦人科医は男の先生も女の先生も親しみやすい先生でした。質問にも的確に嫌な顔せず答えていただいたのでいろんな事が聞けたので安心して妊娠生活を送ることができました。

看護師さんもベテランの方が多くとても優しかったです。また助産師さんと何回か面談があるので出産前に会ったかたが出産時にいてくれてとても安心できました。

事務の方はそっけない方もいましたが、とても良くしてくださった方もいました。

院内の設備

個室はたくさんあります。何部屋かは特別室で、付き添いも余分な費用なく泊まれるし、ちょっとしたキッチンがあり助かりました。

またテレビも見放題でしたしシャワー室もあったので良かったです。アメニティはほぼありません。やはりそこは総合病院だからこそだと思います。

ただ個室を希望される方がとても多いので、絶対に個室に入れるわけではありません。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は総合病院ですので他の患者さんとほぼ同じ食事です。味は美味しかったですが他の産婦人科のようなお祝い御膳的なものもなく普通です。

午前と午後におやつがありますが手作りのものが多かったのでなんだかホッとした気分になりました。病院ないの売店が色々なものがあり食べ物も豊富です。

手作りパンや手作りお弁当は付き添いの主人が食べてましたが美味しそうでした。

私の八千代病院での出産体験談を紹介します!

病院

初めての出産でよくわからず前駆陣痛を本当の陣痛だと勘違いしたところから私の出産は始まりました。前駆陣痛が2日間続きましたがやっと本陣痛につながったと思ったらなかなか子宮口が開かず病院内を歩いてと助産師さんに言われ、5分毎にやってくる痛みに耐えながら歩きました。

そんなとき助産師さんがしてくれたアロマの入った足浴がとても気持ちよく心を落ち着かせてくれました。そしたらみるみる子宮口が開いてくれました。

それでも前駆陣痛の始まりからすでに48時間以上経過していたので、分娩室に入る頃にはもう力尽きそうな状態でした。そこから2時間若い女医さんとベテランの助産師さんに言葉などでたくさん励ましてもらいながら頑張りやっと出産。

生まれてきた我が子は胎便吸引症候群になっており、カンガルーケアなどはできずすぐに保育器に入れられてしまいました。そしてなかなか後陣痛が弱くて胎盤が出てこず少しずつ切り分けながら胎盤を、だしたのでこれまたとても辛かったです。

出血も多かったのでその後は2時間分娩室にいましたが、子供の事が気になって仕方なかったです。元気な赤ちゃんの声が聞こえるのが少し辛くてたぶん不安な顔をしていた私を看護師さんや助産師さんが励ましてくれ、気を使い一番遠い個室に入れてくれました。

結局その後子供が急変し、近くのNICUがある病院に子供だけ転院することになりましたが不安定な気持ちになっていた私にとても丁寧にゆっくりと子供の状態を説明してくれました。気が動転してしまい泣きじゃくっていた私を主任の看護師さんがずっと付き添ってなだめてくれました。

どうしても離れている子供の事が気になって仕方なかったのですが、それをとてもわかってくださって長い外出はできませんでしたが行くときも帰るときもわざわざ出迎えてくださりとても助かりました。そして1日早く退院できるよう準備していただけたので本当にありがたかったです。

八千代病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この八千代病院の体験談・口コミは、平成23年12月時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(200369)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!