子供用にタブレットを買うならどれがおすすめ?

子供用タブレットにはさまざまなものがありますが、普通のタブレットと何が違うのでしょうか?パパやママが心配であるアプリ利用やネットに制限がかけられたり、使用時間の設定ができたりする機能が付いています。そして約1万円半ばから2万円という価格で、子供が遊んだり、勉強ができたりします。シリコンなどのカバーが付いているものも。今回はおすすめ子供用タブレットを5つ紹介します。

PIXTA

人気の子供用タブレット5選♪

さまざまなタイプの子供用タブレットが発売されています。キッズ向けタブレットを持っていると、子供たちがインターネットなどを使って楽しめるのはもちろんのこと、使い方次第でお勉強もできます。

子供に楽しく勉強がさせてあげられたらなぁ、と思いのパパやママにおすすめしたい、1歳半~就学前まで使える魅力的なタブレットを5つ紹介したいと思います。

1.MEEP!(ミープ)

MEEP!オレンジ タブレット FOR キッズ【中古】

トイザらスから発売。インターネット、ゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャット、アプリなどクリエイティブに学んで遊べます。

子供に合った使い方の設定が可能で、パパやママも細かく管理できます!

2.tapme(タップミー)

メガハウス キッズタブレット タップミー

日本おもちゃ大賞2013で「イノベイティブ・トイ部門」を受賞。インターネット、デコメール、知育、ゲーム、アニメ(バンダイチャンネル)、電子書籍、音楽配信、カメラなど子供が喜びそうな機能満載。

価格は他の物より少し高めですが、勉強用アプリもいくつか入っているのでおすすめです。

購入者の口コミ

子供がパソコンに興味を持ち始め・・・ゲーム、インターネット、教育、など・・・満載でいい感じです。

やり過ぎ防止タイマーが大活躍!!!子供も素直にやり過ぎを認め、やめることができています。もう少ししたら有料アプリもとってあげて、楽しく勉強してもらいたいです。 出典: review.rakuten.co.jp

パパやママが心配な使いすぎもタイマーで管理できるのですね。遊びも勉強もできるなんて一石二鳥ですね!

3.レインボーパッド

ポラロイド社から発売された話題のキッズ用タブレッド。勉強からゲーム、お絵かきや絵本、パズルなど、キッズ向けアプリが標準搭載。オンラインストアからアプリを追加する事もできます。

安心の「キッズモード」で不適切なアプリや操作トラブルから守ることができます。保護者機能は簡単な操作なので、機械の操作が苦手なママパパでも設定できます。

参考価格:14,999円(税込)

Amazon レインボーパッド

4.LeapPad2(リープパッド2)

LeapPad2 エクスプローラグリーン

バックカメラやビデオレコーダーが付いており、ゲーム、ビデオ、音楽、創造性アプリケーションを含む325 カートリッジをダウンロードできます。

表記が英語なので、英語教育を重点的に学ばせたいパパやママにはおすすめです!

5.アンパンマンタブレット

アンパンマンカラーパッド

バンダイから発売。知育ゲームメニューから本格的な学習メニュー、書く&お絵かきメニュー、音楽メニューに、生活メニューまで成長に合わせた知育メニューが全100メニュー楽しめます。

子どもが大好きな大人気のアンパンマンがタブレットに♪外出時に持っていくととても助かるかもしれません。

購入者の口コミ

4歳の娘がおもちゃ売り場の見本で夢中になって遊んでいたので、購入しました。遊びのメニューが豊富なようで、ひらがなや英語にも興味を持ち始めた娘でも満足している様子です。

アンパンマンのカラーパソコンも持っていますが、カラーパソコンよりも音量が小さい(丁度いい)ので、子供が遊んでいても不快に感じないのがいいです。電池の消耗は、遊ぶ時間を決めることで最小限に抑えるつもりですが、保険としてアダプター電源も購入しようと思います。 出典: www.amazon.co.jp

大好きなキャラクターと一緒にひらがなや英語のお勉強ができるのは嬉しいですね。子供自身が自ら学ぼうとする気持ちを湧き立ててくれるタブレットは魅力的といえます。

上手に使って知育に役立てよう

タブレット PIXTA

タブレットといえば子供には良いイメージがあまりないという方もいるかもしれません。しかしパパやママが使いすぎを防止するための設定をすることができるタブレットもありました。

今回紹介した子供用タブレットは、遊べて更に勉強ができる保護者にとって嬉しいものといえそうです。興味のある方は1つ持っていても良いかもしれません。

「子供用タブレット」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧