子連れでも楽しめるイベント・まんパク!毎年人気のフードフェス・まんパクの魅力と口コミをご紹介♪

今年で4回目となる国内最大級のフードフェスまんパク」♪♪今年は5月14日~6月1日の19日間。大好評につき、昨年より2日間拡大したんだそう^^屋外フェスとあって、子連れのファミリーにはどうかな?なんて警戒しているママ、ご安心ください♡実はこのまんパク、小さなお子様連れでも安心して楽しめる魅力に溢れているんです♪

「最高の満腹をあなたに」のキャッチが話題!人気フードフェス「まんパク」って一体なに!?

まんパクとは、「満腹博覧会」の略称で、美味しくて快適な最高の満腹体験を届けるフードフェスとして2012年から開催された国内最大級の野外大規模フードフェスタです♪

2012年からこれまで、国営昭和記念公園以外にも神宮外苑いちょう祭り、大阪・万博公園などさまざまな場所で開催され数々の話題を生んできました☆

回数を重ねるごとに来場者数を伸ばしている大人気フードフェスタで、2015年はさらにパワーアップし、日程や出店数が増えているんだそうです♪

☆「まんパク2015」詳細☆

  • 会場:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン
  • 日程:2015年5月14日~6月1日
  • 時間:10:30~21:00(最終日は18:00)
  • 料金:平日入場券/500円  土日入場券/800円(飲食代は別途必要)

まんパク公式ページはこちら☆

小さな子連れでも安心♡嬉しい魅力&行った人の声を集めました♡♡

野外のフェスなんて子供連れは大変そう…そんな心配もありますが、大丈夫です!^^

まんパクならではの魅力と、実際に行った人たちの声をあつめてみました♡

魅力1♡フェスならではの食券がいらない!

フードフェスでお馴染みの食券購入。精算をスムーズにするためとはいえ、入場にも並び、券を買うのにも並び、店頭でも並び…と、わずらわしさを感じたことありませんか?^^;

このまんパクはフードやドリンクを現金で購入できるんです!

子供連れで炎天下の下何度も並ぶことを考えると…食券並びがいらないのはかなり大きいメリットですね♪

魅力2♡ブースカテゴリ・メニューのジャンルは9つ!出店数はなんと60店!!

出店数は60店…!店舗が多いのでブースはジャンルごとに分かれています♪

海鮮・からあげ・ラーメン・ワールド(世界の料理)・ご当地・スイーツなどなど…好き嫌いが多い子供でもきっと満足してもらえるはずです♡^^♡

魅力3♡充実したキッズスペースで子供も大はしゃぎ♡

満腹・まんパクとはいえ、子供はすぐにお腹いっぱいになってしまうもの。

そんな満腹になった子供が楽しめるキッズエリアも充実しているんです☆

てんとう虫のふわふわドームの中で飛んだり跳ねたり♪滑って楽しむ飛行機雲のスライダー、見た目は可愛くても実はスリル満点なんだとか…!

他にも射的や縁日ブースなど子供がはしゃげるコンテンツが盛りだくさん♡

魅力4♡シートやチェア食べるスペースが広々♪

会場内にはシートが敷ける芝生エリアがあります♡家族で芝生の上にシートを敷いて食べるご飯は格別^^

ぺたんこ座りに疲れた時にはリラックス♪リクライニングチェアコーナーに行ってみても♡座ってのんびりするのがたまりません♡

魅力5♡授乳&オムツ替えエリアがある!!

野外のイベントで小さい子を連れていく時に心配なトイレの問題。

なんとまんパクでは授乳室&オムツ替えができる特設テントを設置!

子育て中のファミリーも気軽に来れるようにと、ケアをしてるまんパク主催者さんさすがです!!!

♡行った人達の声♡

お子様連れのママ達も大満足なようです^^

授乳室・おむつ替えテントの存在もやっぱり好評♡

また、食フェスと言うと若者や男性が多いイメージがありますが、子供が遊べるアスレチックも多い昭和記念公園での立地も良いみたいです♪

楽しく美味しいフードフェス♡熱中症対策をお忘れなく!

平日でも人気のこのイベント。週末は確実に混雑が予想されます…!

お子様連れで行かれる際には日焼け対策・熱中症対策も万全に!!♪

お天気のイイ日に屋外で美味しく満腹になっちゃいましょう♡^^♡

休みの日はファミリーでキャンプ場へ行こう!子連れでも楽しめる、口コミで人気のおすすめスポット5選

関連記事:

休みの日はファミリーでキャンプ場へ行こう!子連れでも楽しめる、口コミで人…

アウトドア好きのパパ&ママだけではなく、一度はやってみたい家族でのキャ…

「まんパク」「フードフェス」「子連れ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!