北区で人気のおすすめじゃぶじゃぶ池5選!夏は子供連れで水遊びしちゃおう!

もうすぐ夏です!夏になると子供は水遊びをしたがりますよね。水遊びは上がった体温を下げる効果があり、熱中症を予防することができます。また、汗疹の予防にもなるんです!子供が喜ぶ事でこんな効果もある水遊びは最高ですね。そんな時は気軽に行ける公園がお勧めです。今回は北区で水遊びが出来る公園を紹介します。

おすすめのじゃぶじゃぶ池や水遊び場☆

「じゃぶじゃぶ池ってなあに?」と思った方も多いと思います。じゃぶじゃぶ池とは無料で遊べる水遊び施設です。気軽に行ける公園で無料で水遊びが出来たら嬉しいですよね。ぜひ足を運んで子供と思いっきり楽しんでください。

江戸川区で人気のおすすめじゃぶじゃぶ池5選!夏は子供連れで水遊びしちゃおう!

関連記事:

江戸川区で人気のおすすめじゃぶじゃぶ池5選!夏は子供連れで水遊びしちゃおう!

暑い夏がやってきますよー!お子様がいる方は、そんな暑い日にクーラーの効…

墨田区で人気のおすすめじゃぶじゃぶ池5選!夏は子供連れで水遊びしちゃおう!

関連記事:

墨田区で人気のおすすめじゃぶじゃぶ池5選!夏は子供連れで水遊びしちゃおう!

幼児から小学校低学年くらいの子どもが遊べるじゃぶじゃぶ池。水深が10~20c…

年中利用可能の「音無親水公園」

「日本の都市公園100選」にも選ばれているだけあり、景色が最高です。春には桜、夏には子供の水遊び場で人気だそうです。

シャワー施設も完備されているそうですが、シーズン以外は使用できないそうです。

基本情報

  • 住所 王子本町1-1-1先
  • 連絡先 王子本町1-1-1先 北区道路公園課 03-3908-9275
  • アクセス 王子駅徒歩1分
  • 開園時間 9:00-16:00(夜間部分閉鎖あり)

公式サイト

桜で有名な「飛鳥山公園」

桜の木が役650本もあり有名ですが、子供やママにも嬉しく駅近くから公園入口までの無料のモノレール”あすかパークレール”があります。またSLや都電の実物があるので鉄道好きのお子さんやパパにもうれしいですね。

基本情報

  • 住所 王子1-1-3
  • 連絡先 北区道路公園課 03-3908-9275
  • アクセス JR京浜東北線「王子」駅中央口か南口下車 すぐ  都電荒川線「飛鳥山」下車 すぐ
  • 開園時間 終日開放(一部閉鎖区域あり)”あすかパークレール”10:00~16:00(悪天候の場合は、中止することがある)

公式サイト

運動施設もある「中央公園」

写真では映りきらないほど大きな水遊び場があり、お子さんも思いっきり遊べます。また、野球場やサイクリングコースもあるので大人も楽しめます。

基本情報

  • 住所 十条台1-2-1
  • 連絡先 北区路公園課 03-3908-9275
  • アクセス JR 十条駅 近く

公式サイト

滝で遊べる「滝野川公園」

滝や水路があるので好きな場所で水遊びをすることが出来ます。また、アスレチックやブランコはもちろん幅広のスライダーもあるので公園で一日中楽しめそうですね。

基本情報

  • 住所 西ケ原2-1-8
  • 連絡先 北区道路公園課 03-3908-9275
  • アクセス 西ケ原駅1出口から徒歩約4分 上中里駅出口から徒歩約6分

公式サイト

自由研究もできちゃう♪「清水坂公園」

敷地が2万方平メートルもあり、芝生の広場もある公園です。園内には「自然ふれあい情報館」があり、名前の通り昆虫や鳥、植物など自然界の様々な生き物が見れるそうです。

基本情報

  • 住所 十条仲原4-2-1
  • 連絡先 北区道路公園課 03-3908-9275 自然ふれあい情報館 03-3908-0804
  • アクセス JR 赤羽駅から徒歩で13分 JR 東十条駅から徒歩で14分

公式サイト

楽しく遊ぶために

公園はみんなで楽しく遊ぶのが一番ですよね。そのために、公園でのマナーは守りましょう。初めてお子さんとお出かけするママさんでまだよく知らないという方に最低限の4つをご紹介します。

  1. ごみは持ち帰る。
  2. ペットのリードはつける。
  3. 遊具は順番で使う。
  4. 敷地内で花火はしない。

自分が楽しんだ後は、他の人にも心から楽しんでもらえるようにしっかりとマナーを守って楽しく遊びたいですね♡特に子供がいればつい遊具など自分の子を優先させたくなる親心もわかりますが、他の子供も自分の子と同じように楽しんでもらえるよう配慮してあげてくださいね☆

「水遊び」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!