桑原産科婦人科医院の口コミと体験談 熊本県熊本市

桑原産科婦人科医院」熊本県熊本市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

桑原産科婦人科医院について

おじいちゃん先生なので、地域のいろんな年代の方が利用されています。親子二代を取り上げてもらったと言っている人もいました。産科だけではなく、婦人科もあり、インフルエンザなどの予防接種もされています。 3Dのエコーや、無痛分娩などもできるようです。先生は病院の上の階に住んでいるようなので、すぐ駆けつけてくれます。

桑原産科婦人科医院の基本情報

「桑原産科婦人科医院」熊本県熊本市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

熊本県熊本市東区桜木2丁目2-6 自家用車、駐車場有。

出産にかかる費用

母子手帳

436,494円

出産の際の分娩の種類や方法

高位破水のため人工破膜をして分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

無し

桑原産科婦人科医院の良い点・オススメポイント

分娩台

神社が近くにあり、病室からは阿蘇山も遠くに見えます。周りに高い建物がないので、のんびりした景色で静かな場所です。基本的に二人部屋で、ベッドの間隔も広いので病室もがやがやとした雰囲気はありません。 分娩室は二つあり、病院というより誰かのおうちという感じの部屋なのであまり緊張しません。陣痛から分娩まで同じ部屋で過ごせます。

桑原産科婦人科医院を選んだ決め手!

定期健診は居住の地域で受けていましたが、里帰り出産を希望していたためこの病院を選びました。居住の地域の病院は、総合病院にしか産科がなかったので、里帰りでは個人の病院がいいなと考えていました。友人が出産した病院で、実家からも近かったので馴染みのあるこの病院に決めました。最新の機械や、新しい設備などより、信頼できる先生がいるというのも大きかったです。

桑原産科婦人科医院の改善して欲しいポイント

長く使ってある医院なので、所々老朽している部分があります。二階建てですが、階段しかないので産後すぐはエレベーターがあるといいのになと思っていました。自動販売機はありますが、近くにコンビニなどもないのでそこらへんが不便だなと感じました。 玄関に靴箱があってないような感じなので、お見舞いなどの来客が多いと靴がごちゃごちゃします。

桑原産科婦人科医院についてもっと詳しく

産婦人科 病院

以下では、桑原産科婦人科医院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生はおじいちゃん先生が一人います。地域の人からよく慕われている先生で、私も祖母もかかったことがあると言っていました。看護師もみんな優しく、てきぱきしています。赤ちゃんの世話も手際よく、見ていて安心感がありました。分娩中も親身に励ましてくれました。事務スタッフには里帰り出産の手続きなどを教えてもらって助かりました。

院内の設備

病院 部屋

基本的に二人部屋ですが、個室もあります。個室は、ベッドルームと和室に分かれている旅館のような作りでした。テレビもあり来客が過ごしやすい雰囲気です。二人部屋のほうにはテレビはありませんが、有線放送がついていました。 トイレはシャワートイレでした。お風呂はシャワールームが一つあります。自動販売機はありますが、その他の売店はありません。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は、推奨される量とのことで、かなりの量がありました。朝昼夕に加えて、おやつも充実しています。 おっぱいマッサージは看護師さんがしてくれますが、アロママッサージを出張でしてもらえました。 退院した際には、病院の近所にある写真スタジオの撮影無料券がついてきました。院内にもそこで撮られたと思われる写真がいくつか飾られていました。

私の桑原産科婦人科医院での出産体験談を紹介します!

NST

高位破水をしたので、前日にモニターをつけて検査入院をしました。でも陣痛がつかなかったので、その日は帰宅しました。 次の日朝の血液検査で白血球数値があがっていたので、午後まで待って入院しました。 陣痛を待つ間から分娩室に通され、病院着に着替えました。分娩室は、応接間のようで家族も自由に立ち会えるようでした。 子宮口は開いているけれど、なかなか陣痛がこないので、人工破膜をしてもらいました。人工破膜は痛いかと思っていましたが、全然痛くありませんでした。ぬるい羊水が流れるのがわかりました。羊水が濁っていたら良くない兆候だけど、透き通ってるから安心してと言われました。 5時に人工破膜をして、20分後にはあれ?と思うような痛みがありました。痛みはだんだん強くなってこれが陣痛かーと思いました。 痛みをこらえながら食事を済ませ、しばらくすると我慢できないくらいになってきました。 子宮口を確認した助産師さんに「頭が見えてるよ!」と言われ、それから慌ただしく分娩の準備が始まりました。ベッドが分娩用に変形して、ライトが照らされ、先生が自宅(病院の上にある)から駆けつけました。 午後8時には出産したので、3時間程度のばたばたした出産体験でした。 会陰を切る局所麻酔をかけるときに、陣痛の痛みどめが欲しいですと泣き言をいったら、今からやっても遅いわねぇと返されました。同時期に出産した人のなかには無痛分娩を選んでいた人も多かったようです。私もちゃんと調べておいてお願いしていれば良かったなーと少し後悔しました。 出産後、胎盤を見たいですと看護婦さんに言ったら、次の日見せてくれました。

桑原産科婦人科医院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この桑原産科婦人科医院の体験談・口コミは、2012年9月21日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(205848)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!