京丹後市立弥栄病院の口コミと体験談 京都府京丹後市

「京丹後市立弥栄病院」京都府京丹後市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

京丹後市立弥栄病院について

昔からある古い総合病院です。 地元の方もですが、里帰り出産の方も多く通院されています。 総合受付のロビーにはお年寄りの方がたくさんいらっしゃいます。 薬の処方は病院でしてもらえます。 1ヵ月検診はこちらの病院で受けられますが、小児科がないので産後異常があった場合は違う病院に転院しなくてはなりませんし、1ヵ月検診までに風邪などひいてしまうと別の病院にかからないといけなくなります。

京丹後市立弥栄病院の基本情報

「京丹後市立弥栄病院」京都府京丹後市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

京都府京丹後市弥栄町溝谷3452-1 網野駅よりバスで10分

出産にかかる費用

約40万円

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有 30代 サバサバサしていて、気さくで話しやすい雰囲気です。

京丹後市立弥栄病院の良い点・オススメポイント

先生も助産師さんもとても親切な方ばかりです。出産当時は先生はお二人だけでしたがお二人ともベテランの先生で私は帝王切開でしたが、安心しておまかせできました。 待合室が改装されてきれいになっています。 母子同室を推進しているので産後早い時期から母子同室が出来ます。 薬局に行かなくてもこちらの病院で薬を出してもらえるので楽です。

京丹後市立弥栄病院を選んだ決め手!

里帰り出産だったのですが、自宅から近い産婦人科が2つしかなくより近いこちらの病院を選びました。私は一人目もこちらの病院で出産していますし、義姉も二人こちらの病院で出産をしており先生とも面識があったので安心して通院、出産を任せられました。 二人目の帝王切開だったのですが、一人目の時の傷口と合わせて縫ってもらえるので跡も一つしか残らないのもいいと思いました。

京丹後市立弥栄病院の改善して欲しいポイント

古い病院なので病室やお手洗いなどはあまり綺麗ではありません。予約をしていっても待ち時間が長いです。里帰り出産の場合最初の診察は予約ができなかったので特に待ち時間が長かったです。待合室にもっと雑誌など置いてくれていると嬉しいです。 小児科がないので産後乳児に異常があった場合は違う病院に転院しなくてはなりません。

京丹後市立弥栄病院についてもっと詳しく

以下では、京丹後市立弥栄病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

出産当時は先生はお二人でしたがお二人ともベテランの先生です。女性の先生に診察していただいたのですが、とても気さくで話しやすい先生です。たまに冗談なんかも言ってくださり和やかな雰囲気で診察していただきました。産後入院中も助産師さんが親切にしてくださり、授乳がうまく出来ない時も丁寧に手伝ってもらえました。

院内の設備

個室と大部屋があります。古い病院なので病室やトイレはあまり綺麗とは言えないです。お茶を自由に入れることのできるポットがナースセンターの前にあります。テレビもついていてテレビカードを購入して利用できます。冷蔵庫も有りますがこちらも利用にはテレビカードが必要です。シャワーはフロアに1箇所でホワイトボードに部屋番号を記入して予約をして30分以内に入るという感じです。洗面台は各部屋に有り、ドライヤーはナースセンターで借りられます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は基本的な病院食です。出産当日にお赤飯などのちょっとしたお祝い料理が出ますが豪華ではありません。手作りのおやつも出ます。以外と美味しいです。たまに食事を2つから選択できる日があります。エステなどのアクティビティは病院から特に案内はありません。待合室やトイレなどにアロマテラピーの案内が掲示されているので自分で申し出ないと出来ないようです。

私の京丹後市立弥栄病院での出産体験談を紹介します!

私は里帰り出産をしました。一人目が帝王切開だったので二人目も自動的に帝王切開で初診の時に手術予定日を決めました。予定日の前日から入院をして手術に望みました。手術室には主人だけが入れるとのことだったので入ってもらい術中も主人や看護師さんとお話をしながらリラックスした状態で受けることが出来ました。 息子は少し小さめだったので、通常は産後3日くらいで母子同室が出来るのですが、体重が増えるまでは同室ができず授乳の度にお部屋に連れてきていただき授乳をしました。しかし息子は母乳を上手に飲めなかったので毎回授乳前に搾乳をし授乳をして哺乳瓶で飲ませてを繰り返していました。それは一人ではとても大変で助産師の方がたくさん気にかけてくださり手伝ってくださって頑張れました。

京丹後市立弥栄病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この京丹後市立弥栄病院の体験談・口コミは、2014年10月22日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(207113)

「弥栄病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!