マムクリニックの口コミと体験談 兵庫県神戸市

マムクリニック」兵庫県神戸市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

マムクリニックについて

アットホームな雰囲気で、妊娠中からヨガ教室や、胎児教室、パパ懇談などのイベントも多くあり、とても親切でした。初出産でしたが、看護師の方も優しく、時に厳しく、育児について一生懸命に指導をくださいました。 出産は、ソフロロジー式という呼吸法を用いた出産でした。こちらも教室がありますので、初めて、知らない、という方にも勉強になり、出産だけでなく生涯にわたりよい呼吸方法を学習できました。ゆったりしたBGMのなかでの出産でした。出産時に、看護師の方、先生のアドバイスもいただきながら、分かりやすく分娩に臨むことが出来ました。 入院中の食事でも、夜のデザートが手作りで出てきて、ゆったりできましたし、夜中も、授乳や中々寝付けない時にも、廊下にハーブティーが置いてある心遣いも、気持ち的にも落ち着いて、また、赤ちゃんと向き合おうと明るくなる事も出来ました。 産後の育児サポートや赤ちゃんの健診、予防接種についても一緒に計画を立ててくれて、第一子の私でも不安なくやってこれています。

マムクリニックの基本情報

「マムクリニック」兵庫県神戸市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

兵庫県神戸市北区有野町唐櫃3389番地 神鉄有馬線大池駅から徒歩3分です。駐車場も完備されていますので車でも可能です。

出産にかかる費用

約10万円

出産の際の分娩の種類や方法

経膣分娩、自然分娩です。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんはいらっしゃいません。男性医師が2名、30代と60代。アットホームです。

マムクリニックの良い点・オススメポイント

育児指導を厳しくしてくれるところです。アットホームな雰囲気なので、家族の様にはっきりと言ってくれます。出産後で不安やナーバスになり、何をどうしていけばいいか、漠然と不安になったり、悲しくなったり色々な気持ちになりましたが、母としての旅立ちを後押ししてくれるような助言や、具体的な方法などもアドバイスくださり、赤ちゃんと共に成長しようという気持ちになれました。また、出産日の新聞や、手形、足形、赤ちゃんの産声の入ったメモリー、DVD撮影もして、手渡してくれました。色々な記録をしてくれて、心遣いのありがたさを感じました。

マムクリニックを選んだ決め手!

場所が自宅から一番近かったことと、他の口コミで入院中の食事が非常においしいという点でした。妊娠中の健診に関しては、お医者様も体重に関してのことなども厳しく指導くださるという事で伺っていました。 また、色々な教室やイベントが妊娠中から、産後、育児まで関わってサポートいただけるとのことでしたので、決めて痛飲をしていました。

マムクリニックの改善して欲しいポイント

この病院は予約はありません。予約は、4Dエコーや小児科、小児科の予防接種です。妊娠外来は予約がありませんでした。また、駐車スペースが少ないため、入院のお見舞い(午後から)に来られる方で止められない、赤ちゃんの集団検診時に混雑するなども難点です。 また、小児科の予約時間であっても待つこともあります。 お見舞い時間が午後からで、2時?8時です。仕事帰りにご主人が寄るという事が出来ません。出産時は別です。

マムクリニックについてもっと詳しく

以下では、マムクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は院長と大先生の2名です。ご家族なので、お父さんと息子さんです。ご主人の奥様が育児相談員としていらっしゃいます。先生はにこやか、和やかな方々です。健診でも分からないことは分かりやすく説明してくださいます。不安に思っている事でも相談すると、具体的に教えてくれることもあります。看護師の方も、声掛けやちょっとした具合が悪い時にでも慌てる様子でなく、落ち着いて対処してくださり、こちらも安心してお願いが出来るという方々です。事務でも電話対応、窓口ともに、柔らかい声で丁寧に対応をしてくださいます。

院内の設備

部屋は各1つで、1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋です。室内にはトイレとお風呂があります。お風呂にあるのはシャンプーとリンス、ボディーソープです。バスマットと入院着があります。ドライヤーは共有ですが各部屋にあります。また、各ベッドごとに授乳用の枕がありました。タオルや歯ブラシはありませんので、個人での用意でした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はすべて手作りで、夕飯後はデザートタイムもあります。デザートも院長奥様の手作りでした。夜中のハーブティーサービスも特徴の一つです。 また、入院中で、タオルや下着の小物類は、お洗濯のサービスがあります。朝に回収にきて、夜頃に返ってきます。また、入院中は赤ちゃんの服はこちらでの用意は必要ありません。 有料、予約ではありますが、産後のエステやエアロビも開催されています。

私のマムクリニックでの出産体験談を紹介します!

朝の3時から陣痛がきて、6時頃に病院に電話をしました。その日は休診日だったのですが、すぐに来てくださいと連絡をしてくれました。病院につくとすぐに診察台でチェックがあり、即入院でした。陣痛室まで車いすにのり、エレベータで2Fへいきました。その時の看護師さんや先生は、「いよいよだね。一緒に頑張ろうね。」と笑顔で声掛けをしてくださいました。不安でいっぱいでしたが、サポーターが私にはいるんだ、と心強かったです。陣痛室に入り準備をしていましたが、すぐにお産だと言われ、隣の分娩室に手を引かれて行きました。部屋を暗くして、手術台の電気だけが照らされ、少し安心をして臨むことが出来ました。ソフロロジー式のBGMもゆったりと流れるので、体に無駄な力が入らず、痛みも最小限でした。 出産後、明るくなった部屋で、先生がアメをもってきて、笑顔で「よく頑張ったね。はい、ご褒美。」と手渡してくれました。決して、褒めてほしいというのでもありませんが、頑張りを見てくれる人がいたと、素直にうれしかったです。 私は、産後4時間ほどして、後陣痛がきた、と思っていましたが、出血がひどく、手術になりました。全身麻酔で手術を行い、両手に点滴をしていました。いざ、手術になるという時も、看護師さんが、「ゆっくり、大きく深呼吸してね。大丈夫だからね。」と常に声掛けをしてくださりました。 出産は、命をかけて行うものです。不安もたくさんありましたが、看護師さんや先生の大丈夫という表情があり、任せられましたし、産後の対応でも私や、赤ちゃんのことを想って言ってくださっていると、ひしひしと伝わってきました。 もし、2人目があれば、同じ病院でと思っています。

マムクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このマムクリニックの体験談・口コミは、平成26年12月25日、午前時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(207491)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!