岐阜県総合医療センターの口コミと体験談 岐阜県岐阜市

岐阜県総合医療センター」岐阜県岐阜市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

岐阜県総合医療センターについて

一番の特徴は総合医療センターで周産期センターがあり、未熟児や新生児の病気など専門の先生や看護師さんがいます。 妊娠経過から出産まで何かリスクがある患者さんが多いです。 個人病院から、なんらかの原因で転院してくる方がほとんどです。 持病が元々あったり、個人病院では対応できない方などが通院、出産する病院だととても感じました。

岐阜県総合医療センターの基本情報

「岐阜県総合医療センター」岐阜県岐阜市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

岐阜県岐阜市野一色4-6-1 車かバスでが便利で、電車の駅からはら遠いです。

出産にかかる費用

費用

約48万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有り 若い先生からベテランの方までいました。

岐阜県総合医療センターの良い点・オススメポイント

NICUもあるので、早産や他にも赤ちゃんや自分になど何か起きたときや、赤ちゃんに異常があったときなど どんなことにもすぐに対応できるので、安心できます。 同じ病棟にNICUがあるのですぐ対応してもらえるし、総合センターなので先生も多く、沢山の目があるので安心です。 他の科の先生とも連携して妊娠経過などもみてもらえます。

岐阜県総合医療センターを選んだ決め手!

ポイント

私の場合は妊娠糖尿病と切迫早産と言うリスクがあり、何軒か回りましたがどこの個人病院でも何かあったときに対応できないので無理といわれてしまい、 最終的にはこちらの総合病院でしか受け入れてもらえなく、ここの病院になりました。 自分で選択して検討した結果ではないので、決め手というものはなく、何ともいえません。

岐阜県総合医療センターの改善して欲しいポイント

病院なので仕方ないことだとは思いますが、病気で入院してる方と同じような部屋や食事なので リラックスできる空間。やこだわりの個室といったのは無く個人病院とは全く違うので、残念です。 部屋も大部屋が基本なので赤ちゃんが夜中に泣くとつられて泣いたり…や、自分が起きてしまったり…などはあります。 食事は本当に質素なので産後の体力つけたいときは辛いです。

岐阜県総合医療センターについてもっと詳しく

ポイント

以下では、岐阜県総合医療センターについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生や、看護師さんみんなとても優しく、分からないことや不安に思っていることなんでも 聞いてくれて何でも答えてもらえました。 何でも相談しやすい雰囲気もあるので、とても聞きやすく不安に思ってることなど解決できることも多く とても安心できました。 大きい病院なので事務手続きが少し面倒で時間がかかったりする部分はありました。

院内の設備

別料金にはなりますが個室もありました。 が、部屋数が決まっていて、手術後の方が優先的に個室に入ったりするので基本的には大部屋(4人)になります。 総合病院なのでアメニティなどは何もなく個人的に使いたいものはすべて持参か、病院内にあるコンビニでだいたいのものは 揃えられます。 必要最低限のものしか持込みも出来ないように言われました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

病院

食事はごくごく一般的な病院食です。 産前産後は特にお腹もすいたり、夜中起きたりもするので体力もいるし、違うメニューが欲しいところですが 質素の本当に味気ないおかずとご飯だけです。 産後はおやつとして夜中用にクッキー一枚か小さめのおにぎりなども出たりしました。 足りない分は、自分で用意して食べたりはOKでした。

私の岐阜県総合医療センターでの出産体験談を紹介します!

病院

私は切迫早産になり安静生活をしていましたが、入院になり24時間点滴の絶対安静の妊婦生活を送っていました。 妊娠糖尿病もあり、インスリンも打ちながらの妊婦生活でしたが、赤ちゃんが大きくなり4000gを超えていましたので 出産はとても大変なものになりました。 陣痛は普通にきて陣痛室に通されましたが、元々早産体質なこともあり、子宮口はすぐ開いてきてあっという間に 分娩室へ行くことになりました。 分娩室ではいきんでもいきんでも赤ちゃんが降りてこず途中で、分娩代から足を下ろされて陣痛の波と共に自分でいきんでください。と言われて流れを任されました。 いざ、赤ちゃんも降りてきて出産!というときに助産師さんの合図とともにいきんで出産でしたが 赤ちゃんが大きすぎて肩が出てこず挟まり、赤ちゃんがうまいこと出てこれず窒息しかけてしまい 男の先生が私に馬乗りになりお腹をギューギューと押し助産師さんはあかちゃんの腕を引っ張って出されました。 そのときは何が起きてるのか全く分かりませんでしたが、あとでその話を聞き、本当に怖く思いましたし、出産は命がけなんだなぁ。と改めて実感しました。 赤ちゃんはうでを引っ張ったせいで生後1ヶ月までは片腕が動かなくて心配しましたが、整形外科にも通い、これから生活していく上では何も支障ががないでしょう。と診断され今は普通に腕も動かせています。

岐阜県総合医療センターの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この岐阜県総合医療センターの体験談・口コミは、2013年1月7日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(208326)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!