JR東京総合病院の口コミと体験談 東京都渋谷区

JR東京総合病院」東京都渋谷区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

JR東京総合病院について

総合病院なので病院としては大きく、妊娠中に何か病気などあった場合も専門の科と連絡をとりあって診てもらえるので安心です。 産婦人科はだいたいいつも先生は3人くらいで診察していて、予約の際にその先生が良ければ固定で診てもらえるし、日程などの都合で合わなければ他の先生でも大丈夫です。 助産師さんもおり、診察と助産師外来両方を受ける日もあります。ただその日以外でも何か聞きたいことがあれば助産師さんへ相談などもできます。 待ち時間は早い診察だと比較的時間通りですが、11時頃からの予約はかなりずれてきます。 出産の際はLDRがあるので、陣痛、お産、回復を全て同じ部屋で過ごし、バス、トイレ付きなので無理な移動もなくよかったです。 部屋は個室と、大部屋がありますが、もしお金に余裕があるならば個室をおすすめします。 個室は新生児室とつながっているので、行き来しやすいです。 また希望があれば母子同室もできます。一番良いのは個室だと面会の方に直接部屋に来てもらい赤ちゃんを抱っこしてもらえるところです。 大部屋だと母子同室はやってないので、面会の方が新生児室に入ることはできず、赤ちゃんと窓越しでの面会しかできません。 唯一パパさんだけは時間が決まってますが夕方の数時間だけ新生児室に入ることはできます。その時間以外はパパさんも窓越しでの面会となってしまいます。 また大部屋と新生児室がわりと離れており産後歩くのかきつかったりします。 助産師さんは、そこまで母乳推しではないので無理そうであればミルクも用意してくれてお話しながらわりと楽しい授乳時間だと思います。

JR東京総合病院の基本情報

「JR東京総合病院」東京都渋谷区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都渋谷区代々木2-1-3 新宿駅南口、サザンテラス口から徒歩5分 アクセスはとても便利でした。駐車場もあるので車でも行けます。

出産にかかる費用

約57万円

出産の際の分娩の種類や方法

かんし分娩でした。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

基本的に女医さんですが、当直医は男性もいました。女医さんは30~40代です。

JR東京総合病院の良い点・オススメポイント

おすすめはやはり個室です。トイレもついており夜中なども躊躇なくおトイレにいけます。 個室自体もキレイで、大部屋とは棟が違っており、個室がある方は新しいです。 面会の方に赤ちゃんを直接抱っこしてもらえるし、部屋でゆっくりお話もできるので個室にして本当によかったです。 母子同室も無理には進めてこないので産後数日は本当にゆっくり休めました。

JR東京総合病院を選んだ決め手!

もう産む前から、他の産院は特に見ずに決めていました。知人が何人かそこで出産しており、その時に個室を見ていいなと思いました。 またLDRが絶対に外せなかったので、そこが大きいです。 妊娠前に婦人科で通院したことがあり、その時に先生が女医さんしかいないと分かり、私は女医さんがよかったのでそこも決め手でした。

JR東京総合病院の改善して欲しいポイント

エコーが通常のものしかないので3D4Dを取り入れてくれるといいのになと思います。 あとはやはり駅近なので車でくると診察があっても駐車料金をとられ、診察時間に関係なく一律の割引なので、万が一診察が長引いてしまうと時間が過ぎてしまわないかヒヤヒヤでした。 また面会にきてくれる時にも車だと駐車料金をとられるので、割引もありますが1日いると数千円とられてしまうのでもうちょっと安くなればいいのになと思います。

JR東京総合病院についてもっと詳しく

以下では、JR東京総合病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は何人かいらっしゃいますが、わりとサバサバした感じの先生や、穏やかな先生だったりなので、もし最初の先生が合わなければ次は違う曜日に予約をして合う先生を探してみればいいと思います。 でもどの先生も質問などには的確に答えてくれますし、不安に感じたことも特にないです。 助産師さんも優しい方が多く、友達のようなお母さんのような感じでお話ができます。 事務の方もいつも笑顔で受付してくださり、分からないことも丁寧に教えてくださいます。

院内の設備

個室がありますが部屋数が少ないので、お産が重なると埋まるときもあります。 大部屋は6人部屋ですが基本的に多くても4人くらいで、何部屋かあるので満室になることはないと思います。 院内にはコンビニと食堂、花屋がありました。 テレビも各部屋、ベッドについてますがテレビカードが必要です。 自動精算機があり、直接支払う窓口もありますが、精算機の方がスムーズで早く便利です。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事ははっきり言って本当に普通です。特別においしかったり豪華でもなく、だからといってまずいわけでもなく普通のバランスの良いご飯です。量はちょうどいいと思いますが食の細い方は少し多く感じるかもしれません。完食がいらないくらい毎食しっかりと食べれます。 総合病院なので、エステやベビーマッサージなどの特別なサービスはやっていないです。

私のJR東京総合病院での出産体験談を紹介します!

夜中に破水してしまい、電話をして病院に行きました。 LDRへ入り、主人も一緒だったのでそこで朝まで一緒に過ごしました。LDRにはベッド以外にちょっとした横になれるスペースがあるので主人はそこで寝てもらいました。 朝8時頃になり促進剤を使うことになり、そこからどんどん陣痛がついてきて昼過ぎには子宮口も前回になりました。 先生もきていよいよ出産だったのですが、いきんでもなかなか出てこず、モニターで赤ちゃんの心拍がさがってしまい、急遽かんし分娩となりました。 先生も助産師さんもそこから人数が3人くらいだったのが倍くらいに増え、やばいのかな?と思いつつもそんなに余裕はないので、もう先生や助産師さんに言われるがままでした。 かんし分娩のおかげでその後無事出産できました。ただ傷がけっこう奥まで切れてしまったので、陣痛も痛かったですが縫う時の痛さもかなり辛かったです。

JR東京総合病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このJR東京総合病院の体験談・口コミは、2014年5月15日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(210748)

「JR東京総合病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!