神戸掖済会病院の口コミと体験談 兵庫県垂水区

神戸掖済会病院」兵庫県垂水区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

神戸掖済会病院について

よくある大きな総合病院ですので、お産のときのもしもの場合を考えると安心できるかと思います。 しかし、総合病院ゆえ、毎回の診察の待ち時間は異常に長かったです。 お産の前にはどのようなスタイルで出産を希望するか聞いていただけます。 私は、横向きのスタイルの方が多いと聞いて、そうしました。 陣痛、分娩時に聴く音楽も持ち込めます。もちろん、立会い出産も可能です。 ただ、母乳育児を推進しているので、産後疲れているときに母子同室は少しキツかったです。 部屋は大部屋でしたが、個室を選ぶこともできました。 ごはんは普通の病院食です。可もなく、不可もなく。 特徴的だったのは、産後にお乳が出やすくなるというごぼう茶を飲まされたことです。

神戸掖済会病院の基本情報

「神戸掖済会病院」兵庫県垂水区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

兵庫県神戸市垂水区学が丘1丁目21-1 垂水駅からバスで15分くらいで、住宅地にあります。

出産にかかる費用

約40万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩。LDRという、陣痛から分娩、産後を一つの部屋で過ごすものでした。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

当時は女医さんがいらっしゃいました。30代くらいだったと思います。

神戸掖済会病院の良い点・オススメポイント

主要な駅から15分と、およそ便利な場所にあり、何と言ってもやはり総合病院という点は安心できるのではと思います。 また、総合病院ですが、個人のお産スタイルを尊重してもらえます。 お産の前に、どういう風に産みたいか、個室で助産師さんがじっくり話を聞いてくれました。 お産にハッキリとした意思がある方にはオススメです。

神戸掖済会病院を選んだ決め手!

妊娠がわかった当初は、家から少し遠い病院に通っていました。 その病院でお産まで…と思っていましたが、つわりが思ったよりひどかったことと、やはり家から近い方が、検診やお産のときにも良いのではないかと家族と話し合い、こちらの病院を選びました。 あとは、近所の方に評判を聞いて、その方もそこでお産をされていたし、評判も悪くなかったからです。

神戸掖済会病院の改善して欲しいポイント

待ち時間が本当に毎回長いので、予約の意味がないように思います。 妊婦ですと、椅子に長時間座っているだけでもきついので、待ち時間が少しでも減るような工夫がされると良いなと思います。 あとは、決まった先生に毎回診ていただけると助かります。ずっと同じ先生にあたっていたのに、出産直前に全然違う先生になり、お産はまた違う先生だったので少し不安がありました。

神戸掖済会病院についてもっと詳しく

以下では、神戸掖済会病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

ずっと診ていただいていた先生は、男性でしたが、優しくて爽やかな先生でした。 ただ、最後の方に診ていただいた先生は、体重管理を厳しく指摘され、言い方も優しくなく あまり良い印象ではありませんでした。 看護師さんは、優しい方もいらっしゃいましたが、全体的に事務的で冷たい感じでした。 事務スタッフもそうです。あまり笑顔で接していただいたという記憶はありません。

院内の設備

個室は、希望を聞かれたのであったと思います。 院内のアメニティはとりたてて何もありませんでした。特別に何かがついていたというのもありません。 普通の総合病院なので、特別なものもありませんし、大部屋には洗面があり、別の場所にはシャワーなど必要最低限の設備でした。 あとは、コインランドリーや売店などはあります。散髪屋さんもありました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はいたって普通の病院食でした。 お祝い膳のようなものもなかったと思います。 ただ、前述しましたとおり、産後はお乳が出やすいように…とごぼう茶なるものを出されます。 美味しくはないので、一気に飲み干すようなものですが。 エステも残念ながらありません。 やはり個人病院ではないので、そのあたりのサービス面は仕方がないのかなと思います。

私の神戸掖済会病院での出産体験談を紹介します!

予定日を過ぎたある日、昼頃からお腹が痛み始め、夕方になっても痛みが治まらなかったので、陣痛かな?と半信半疑で病院に電話してみました。すると、助産師さんが、とりあえず病院に来るようにと言いました。間違いだったら帰れば良いと言っていただけたので、安心して、タクシーで病院へ向かいました。 到着すると、すぐに内診してもらえました。そしたらやはり陣痛で、子宮口も開いてきているとのこと! このとき、助産師さんに、我慢強いですね、と褒められたのを覚えています。そのまま、入院することになり、陣痛から分娩、産後までを過ごす部屋に通されました。すると、みるみる陣痛は強くなり、一人で対応してくださっていた助産師さんが、慌てて、もう子宮口全開なので先生を呼んできますね!と出て行かれました。 そして、ベッドの形が変えられ、私は横向きの分娩スタイルでお産をしました。前には大きな枕のようなものを抱えていました。少しいきみにくかったです。途中、助産師さんが汗を拭いてくれました。 何度かいきむと、すぐに出てきました。予定日を過ぎていたので、助産師さんが抱っこした瞬間、重いね~と言いました。 自然にまかせて…という方針だからか、会陰切開をしなかったので、裂けてしまい、あとの縫合に時間がかかりました。 痛みもありました。産後はすぐに赤ちゃんをそばに連れてきてくれました。そのとき、写真も撮ってくださいました。 私は出血量が多かったので、点滴をして、急に歩いてはダメということで、しばらくその部屋で過ごしました。 20時過ぎに病院に着き、22時過ぎには生まれたスピード出産でした。

神戸掖済会病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この神戸掖済会病院の体験談・口コミは、2009年12月10日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(210702)

「神戸掖済会病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧