北海道砂川市立病院の口コミと体験談 北海道砂川市

北海道砂川市立病院」北海道砂川市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

北海道砂川市立病院について

総合病院なので、産婦人科はもちろん小児科もありのでなにかあっても安心です。 また、病院自体が改装されてまもないのでとてもきれいです。 個人部屋もとても広く、個人部屋をえらんでも出産一時金内で間に合う場合もあるので 安心して出産に挑めます。 先生に関しては、曜日ごとで変わるので同じ先生が良ければ 同じ曜日を予約すれば良いと思います。総合病院なので、待ち時間は長いですが 待合室が広いので、ゆったり過ごせます。

北海道砂川市立病院の基本情報

「北海道砂川市立病院」北海道砂川市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒073-0164 北海道砂川市西4条北3丁目1-1 砂川駅から550メートル 徒歩6分

出産にかかる費用

38万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医なし 男性医師5人ほどで平均40歳 先生によって様々

北海道砂川市立病院の良い点・オススメポイント

総合病院なので、出産後になにかあってもすぐに 対応してもらえるところや産婦人科を受診している間に 他の科も受診できます。改装されたことでとてもきれいです。 また、個人部屋がとても広く上にお子さんがいる場合や 赤ちゃんの泣き声が気になる方には、産後とても 安心して過ごせるかと思います。 妊婦健診も市でもらえる助成券で無料または何百円かで 済むこともあるので、とても助かります。

北海道砂川市立病院を選んだ決め手!

近くの病院は、先生や看護師、受付の方の対応が悪くて通うのをやめました。 こちらの病院は周りの評判も良かったですし、出産費用が、 出産一時金で間に合うと聞いたこと、病院自体が新しくなり、 きれいになったことや総合病院なので、出産後になにかあってもすぐに 対応してもらえると思いこちらの病院に決めました。同じ階に小児科が あるのも決めた理由です。

北海道砂川市立病院の改善して欲しいポイント

総合病院なので仕方ないですが、待ち時間がもう少し短かくなると 良いと思います。また、エコーの写真が3Dまでしかないので 4Dがあれば嬉しいと思います。 エコー撮影時の映像をDVDにしてもらえるともっと良いと思います。 上の子を連れて行く方も多いと思うので、DVDが観れるところが あるのもありがたいなと思います。

北海道砂川市立病院についてもっと詳しく

以下では、北海道砂川市立病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

まず事務のスタッフの方はとても親切に対応してくださります。 看護師の方は事務的に仕事をこなすだけではなく、分からないことが あったらきちんと対応してくださります。先生は何人かいた中で、2人の先生に 診てもらいました。1人目の先生は寡黙な感じで、無駄な世間話はしなかったですが、 分からないことにはきちんと対応してくださりました。もう1人の先生はとても 優しく体重が増えた私にも笑って対応してくださりました。

院内の設備

部屋に関しては、LDR(陣痛室、分娩室、回復室が一体になった個室)や個室、2人部屋と 何種類かあります。それぞれ料金は違いますが、私の場合は上の子がいましたので 個室にしました。とても広くお手洗いがついていたので、とてもべんりでした。 アメニティはついておりません。お風呂は小さいですが、部屋の外に2箇所あります。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は、豪華ではありませんが、塩分控えめで身体にいいものが でました。量は多めです。入院中に1度お祝い膳がつきます。 また、お部屋の外に来客用のスペースがあり、広いので そちらでゆっくり来客者とお話しできると思います。自動販売機が あるので、そちらで飲料の購入ができます。 エステやマッサージなどのサービスはありません。

私の北海道砂川市立病院での出産体験談を紹介します!

2人目の出産になります。1人目はこちらの病院が改装する前に出産しております。 妊娠中は、体重こそ増えましたが、順調にいき出産予定日の3日前の朝方、鈍い痛みを感じ お手洗いにいきました。おしるしと共に耐えられる程の痛みでしたが、2人目ということで すぐに電話をし車で20分かけて病院に到着しました。健診をしてもらい、子宮口3センチ 開いているということでした。そのあと、陣痛室に向かいNSTをつけ、だんだん痛くなっていく 陣痛に耐えました。7時頃に食事が運ばれてきたので、体力をつけようと食べようとしますが 陣痛の時間が短くなってきたので、全く箸をつけられませんでした。あれよあれよと言う間に 感覚が短くなってきたなと思っていたら、看護師さんがきてもう分娩室に行こう!と言ってくれた 矢先に破水。なんとか自分の力で分娩室に向かいました。 1人目と違い、痛みを知っている怖さがありましたが、赤ちゃんのためにちゃんと 呼吸をすること大事なので冷静に出産に挑みました。 いきんでる最中は助産師さんの腕をこれまでかというほどに強く握っていたと 思います。何度かいきんだら、元気な赤ちゃんが産まれてきました。 陣痛から4時間の安産でした。出産後は裂けた部分を先生が縫ってくれていましが、研修の方が近くにいて その様子を勉強されていました。 分娩室にいた助産師さんが、本当に母のように接してくれて安心して出産することが できました。

北海道砂川市立病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この北海道砂川市立病院の体験談・口コミは、2012年7月20日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(210692)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!