パルモア産婦人科の口コミと体験談 兵庫県神戸市

パルモア産婦人科」兵庫県神戸市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

パルモア産婦人科について

とても大きくて歴史のある病院で、産婦人科、小児科、内科があります。先生方も、助産師さん、看護婦さん、全てのスタッフのかたが、優しくてとても入院しやすかったです。分からないことがあれば、すぐに来ていただけて対応してもらったり、色々なことを教えて頂けました。なんといっても毎回の食事がとても豪華で美味しかったです。母子同室ということで、とてもスキンシップがとれました。

パルモア産婦人科の基本情報

「パルモア産婦人科」兵庫県神戸市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

兵庫県神戸市中央区北長狭4-7-20 県庁前駅から徒歩3分

出産にかかる費用

約42万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩です。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

現在は1人いらっしゃいます。年齢は40後半ほどです。

パルモア産婦人科の良い点・オススメポイント

オススメポイントは、やはり豪華な食事、スタッフの方々がとても良い点だと思います。 分娩時には自分の好きなのCDを渡していれば、そのときにかけてくれてリラックスしながら、分娩できます。 退院時には、病院オリジナルの赤ちゃん用のロンパースと、アルバムを頂けます。 体調管理にもとても気をつかって頂けて、とても過ごしやすかったです。 マタニティー時には、マタニティー講演やマタニティーエクササイズなどのイベントなども行っております。

パルモア産婦人科を選んだ決め手!

最初に通っていたレディースクリニックは、産科がないため、そこの先生が以前勤務していらっしゃった病院が パルモア病院で、とてもオススメだと紹介していただいたので、そこで産もうと決心しました。 パルモア病院は、産婦人科の中で評価も高くオススメと聞いていたのでそこにしようと決心しました。 実際に本当にパルモア病院で産んで良かったです。

パルモア産婦人科の改善して欲しいポイント

マタニティー時思ったのはやはり待ち時間が長いことです。 待ち時間がもう少し短ければ、さらに良いと思います。 小児科のほうも、待ち時間が多少あります。それも改善されたらいいなと思います。 入院中は主人や家族も寝泊まりできるようになれば、さらに良いかと思います。 駐車場も少なくて、少し狭いのでもう少し多ければと思います。

パルモア産婦人科についてもっと詳しく

以下では、パルモア産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

全てのスタッフのかたが良い人達で、とても入院中過ごしやすかったです。対応もとても迅速で、色々なことを教えて頂けて本当に助かりました。私の担当していただいた助産師さんは経歴が長くて、とても上手だったので、初産にして6時ほどで産まれました。 陣痛室でも、励ましてくれてとても心強かったです。 スタッフさんも、気軽に話しかけてくれて、とても優しかったです。

院内の設備

私が入院した部屋は、個室でした。トイレとお風呂は共有でしたが、テレビや金庫、冷蔵庫などがあり 部屋からでたらすぐに自動販売機がありました。部屋自体も綺麗で、時間ごとにスタッフさんが、ゴミ収集をしに訪問してくれます。一番いい個室になると、トイレやお風呂もついており、広さも大きくなります。でも、その次のランクの部屋でも充分快適に過ごせます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は毎回豪華です。生まれたとき日には、お祝いケーキが出てきます。 入院中はフットマッサージもあります。 マタニティー時にはマタニティーエクササイズなどがあります。 食事は、和食、洋食、フレンチ、中華など様々な料理が堪能できます。 クリスマスやお正月には更に豪華な食事がでてくるかと思います。 入院中には他のママとお昼ご飯を頂ける会なども希望した人は参加できます。

私のパルモア産婦人科での出産体験談を紹介します!

深夜2時軽い陣痛がきて目が覚めました。まだ陣痛感覚はそれなりにあったので、家で待機していました。朝の5時頃、いよいよ10分感覚できたので、病院に電話して行くことに。里帰り出産だったので朝の6時頃、主人に電話して病院まで来てもらうように言いました。陣痛の痛さであまり寝れなくて、食事もあまり取れませんでしたが水分だけはとっていました。陣痛感覚が狭くなってくるごとに痛みが増してきて、陣痛室ではずっと痛い痛いと叫んでいました。主人と母が交代交代で、背中をさすってくれました。助産師さんも、何分かおきに見に来てくれて様子を見てくれました。そして、ついに破水したので分娩室に入ることに。私は痛さと眠さであまり記憶がありませんでしたが、主人も立ち会いで付き添ってくれました。 そして、赤ちゃんの頭がでてくると後もう少し!後もう少し!という思いで踏ん張りました。最後の力を振り絞り、赤ちゃんに「頑張れ!」と言った瞬間ツルッと出てきて元気な泣き声が。その瞬間、嬉しくて涙がこみ上げてきました。そして「よく頑張ったね」と声をかけました。初めて息子を抱いたときの感触は今でも忘れられません。

パルモア産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このパルモア産婦人科の体験談・口コミは、2013年7月31日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(210616)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧