東京女子医医科大学病院 産科母子センターの口コミと体験談 東京都新宿区

東京女子医医科大学病院 産科母子センター」東京都新宿区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

東京女子医医科大学病院 産科母子センターについて

大学病院なので、診察時の待ち時間は長めです。また、通常分娩(自然分娩)であっても合併症や持病をお持ちの患者さんが多く見受けられます。 外来棟は綺麗ですが、入院する中央病棟は古いままですので、綺麗かと言われるとそうではありません。 特徴的な点は、お産で万が一の事があっても新生児集中治療室が併設されているので安心だと思います。 また旦那さん立会いは、LDRや通常の分娩室で対応されています。

東京女子医医科大学病院 産科母子センターの基本情報

「東京女子医医科大学病院 産科母子センター」東京都新宿区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都新宿区河田町8-1 都営大江戸線若松河田下車 徒歩10分(中央病棟まで)

出産にかかる費用

約85万~90万前後

出産の際の分娩の種類や方法

第一子、自然分娩。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有。 先生方の年齢は30代半~50代。 明るい雰囲気では無い。

東京女子医医科大学病院 産科母子センターの良い点・オススメポイント

私が良かったと思う点は、助産師さんの対応と出産時に頂けるワコールのセット(入院着)です。 入院時に自分が着れるウェアと子供の肌着も入っています。退院時に色々重宝しました。 助産師さんは、結構サバサバした方が多くちょっとしたお友達感覚でお話し出来たので、良かったです。 授乳の際も、付いて頂けるのでとても助かりました。

東京女子医医科大学病院 産科母子センターを選んだ決め手!

2件の病院で診察はして頂いたのですが、もともと持病を持っていて、女子医大がかかりつけだった事と他院での出産が不可能だったので女子医大に決めました。 もし他院で出産可能であっても、新生児集中治療室があったり他院に比べて対応が早そうなのも決めてです。 合併症を起こしても連携して見て頂ける部分も良いと思います。

東京女子医医科大学病院 産科母子センターの改善して欲しいポイント

入院病棟が、少し暗いイメージがあるのでもう少し明るい雰囲気があると短期間でも過ごし易いと思います。 また、大部屋希望でも個室や二人部屋が多いので是非大部屋が多いと入院が長引いた時に助かります。 シャワールームはありますが、時間制(30分)なので出来ればもう少し時間が長いとゆっくり身支度が出来るのでそうなってくれたら良いなと思います。

東京女子医医科大学病院 産科母子センターについてもっと詳しく

以下では、東京女子医医科大学病院 産科母子センターについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

主治医の先生は、聞いた事には答えてくださいますし物腰が柔らかい主治医の先生だったので良かったです。 看護師さんは、産科には居らず助産師さんが居ました。皆さんサバサバしてらっしゃるので、聞きやすかったり日が経つと仲良くなれます。どなたに聞いても、助けて下さるので心強かったです。 事務の方は、中々つかまりませんし、業務的な態度なのは間違いありません。 残念な点といえば、朝聞いた事が翌日返答になったりする事です。

院内の設備

院内設備ですが、個室(1人部屋、2人部屋)有ます。アメニティーに関しては、プレゼントで頂けるブラシ、ヘアゴムです。 常設でドライヤー完備してあります。シャワールームは時間制(30分毎)で2室です。 同階には、自販機とテレビカードの機械があります。売店は、下の階になるので行きづらいですが設備としてあります。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

病院の食事事態は、その人の症状によって変わりますが、通常の場合ですと選択できる事もあります。(朝は、パン昼は麺など…) お祝い膳は、出産翌日(普通分娩の場合)のお昼に食べきれないくらいの量が出ます。 他院の様に、エステやマッサージなどはありませんが、足湯の為に桶を貸してくれたりというのは行っているそうです。 また、アロマなどもありません。

私の東京女子医医科大学病院 産科母子センターでの出産体験談を紹介します!

持病の為、早期入院でしたが経過観察だったので普段通り院内で過ごして居ました。 出産前々日に内診後出血したのですが、翌日お産は来ず明け方破水から分娩室に入りました。 最初の方は分娩室に居たのですが、特に変化が無かった為一度近くのベットに移り数時間。 主人は居たのですが、仕事しながら居たので全く頼りにならず…助産師さんにたすけて頂きました。 そして、助産師さんに支えてもらいつつトイレに入ったあと分娩室に移動したら全開でした。 いきむ事しか出来ず、中々リラックスできなかった事に苛立ちつつ、周りの方々に声をかけて頂き そこから30分程度で無事出産。 分娩台に乗ってから、周りの準備が出来ておらず先生含め皆さんが慌てて居たのを覚えて居ます。

東京女子医医科大学病院 産科母子センターの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この東京女子医医科大学病院 産科母子センターの体験談・口コミは、平成24年6月27日 午後0時54分 梅雨時期時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(211694)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!