家を買う前に住まい給付金を知ろう!申請方法って?

消費税が上がると住宅の購入はとても負担になりますね。でもその負担を軽減してくれる制度が住まい給付金制度です。住まい給付金とはどんな制度なのでしょうか?住宅ローン減税との違いや申請方法についてまとめました。ぜひ知っておいていただきたい制度です。しっかり勉強して賢くマイホームを手に入れましょう☆

住まい給付金ってなに?

消費税が8%になって1年が過ぎました。日々のお買物でも値上げを痛感されているのではないでしょうか。5%から8%に引き上げられ、家を買うとなるとその差はとても大きくなりますよね。

これから消費税が10%になるまでに家の購入を考えている方も多いのではないでしょうか。

消費税の引き上げによる負担を減らすために現金が給付されるしくみが「住まい給付金」です。平成26年4月から始まりました。平成31年6月まで実施されます。

住まい給付金はこれからお家を購入しようとしている方にはぜひ知っておいていただきたい制度です。今回は住まい給付金のポイントや申請方法についてまとめました。

家を購入する前に知っておきましょう

家はとても大きな買い物です。いろいろな情報を知っておきましょう。不動産用語を勉強し、把握しておくことで損することもなくなります。

しっかり考えて後悔のないようにしたいですね。

住宅ローン減税との違いは?

住宅を購入する際に負担を軽減してくれる制度としては同じですが、住宅ローン減税は所得税から控除されます。そのために高所得の人ほど嬉しい制度になっています。

給付額は「都道府県民税の所得割額」で決まる!

給付額を決める方法は年収ではありません。同じ年収であっても扶養家族や医療費などが違えば負担も変わるからです。

個人事業をしている方も諸経費が異なるので決めることができません。住まい給付金制度はこういった控除などを差し引いた後の「課税所得」で給付額を決めています。

申請方法を知りましょう

すまい給付金の申請者は住宅を購入する人ですが、住宅事業者など手続きの代行をしてもらうこともできます。申請方法について詳しくご説明します。

申請に必要な書類は?

給付申請書と確認書類が必要です。

給付申請書

8種類の申請書が用意されています。

  • 取得住宅の種類:新築or中古
  • 給付金の受け取り方法:申請者本人or事業者代理受領
  • 住宅ローン利用の有無:利用有りor住宅ローンの利用なし/現金取得

これらの組み合わせによって申請書が異なるので、該当する申請書を選んでください。

申請書はすまい給付金申請窓口または国土交通省のすまい給付金HPからダウンロードすることができますので是非下記リンクをチェックしてみてください。

すまい給付金申請窓口の確認はこちらから

申請書のダウンロードはこちらから☆

給付申請書の他に必要な書類は?

給付申請書に記載されている情報が正しいかどうかを、すまい給付金事務所が確認するための書類が必要です。確認書類はお住まいの市区町村、引っ越し先の市区町村、法務局、住宅事業者などから入手できます。

また新築or中古、ローンの有無によって必要な書類が異なりますので、下記のリンクで確認してみてください。

新築住宅の必要な書類について

中古住宅の必要な書類について

申請場所と期限は?

住宅が引き渡されてから1年以内に、書類をすまい給付金事務局への郵送またはすまい給付金申請窓口へ持参し申請します。

申請に必要な書類は住宅を購入するときに用意してあるものばかりです。取っておけば手間も省けて手続きがスムーズですよ。

憧れのマイホーム♡

家は大きな買い物です。購入前に用語や制度など知っておくといいですね。

消費税が10%に引き上げられるとますます家計は苦しくなります。しっかり勉強して、賢く憧れのマイホームを手に入れましょう☆

「住まい給付金」「申請」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!