中野区で人気のおすすめじゃぶじゃぶ池5選!夏は子供連れで水遊びしちゃおう!

梅雨の時期が終わると待ってましたと言わんばかりに暑い夏がやってきます!家の中でエアコンをかけて一日過ごすのも良いですが、せっかくの子供との時間を大切にしたいですよね!夏といえば海・プール♡とは言え、なかなか子供を連れて海までは行けない…そんなあなたに中野区にある気軽に行ける水遊び場をご紹介します♪

中野区で遊べる!厳選じゃぶじゃぶ池5スポット

夏も本番!子供と一緒に暑い夏を乗り切りたいですね♪可愛い笑顔にたくさん触れて思い出を作りましょう。

中野区にはどのような水遊びスポットがあるのでしょうか?今回は、中野区内の無料で水遊びができるじゃぶじゃぶ池のある公園をピックアップしてみました!

1.上鷺東公園(かみさぎひがしこうえん)

夏になると必ず一度はやりたい水遊び。この上鷺東公園の池の面積は区内最大の67.8㎡で深さは30cmです。広場の周りには遊具が並んでおりまして、子供たちが沢山集まってくる人気の公園です。

夏季に開かれるじゃぶじゃぶ池は小さい子供たちに大人気であちこちで元気な声が響きます。

基本情報

  • 所在地 中野区上鷺宮二丁目18番
  • アクセス 鷺ノ宮駅北口より徒歩15分

上鷺東公園

2.平和の森公園(へいわのもりこうえん)

中野区内で大きな公園です。じゃぶじゃぶ池の大きさは上鷺東公園に次いで65.2㎡で深さは35cmです。木製の遊具も沢山あるので水遊び以外にも半日は遊べる公園です。

この平和の森公園では弥生時代の住居址や多数の土器が発見されています。少年スポーツ広場の南側には復原住居がありますので兄弟や姉妹の夏休みの自由研究などにも活用できる公園です。

基本情報

  • 所在地 中野区新井三丁目37番
  • アクセス 中野駅北口より徒歩17分沼袋駅南口より徒歩3分
  • 電話番号 03-3385-4150

平和の森公園

3.新井薬師公園(あらいやくしこうえん)

じゃぶじゃぶ池の面積は52.6㎡で深さは35cmです。ひょうたん池に砂場、石の山のようなすべり台もあります。

児童館に隣接しているので一年中子供達の笑い声に溢れていますがその中でも夏季限定で水遊びのできるじゃぶじゃぶ池では毎年楽しそうに輝くこどもたちの声が聞こえます。

基本情報

  • 所在地 中野区新井五丁目4番、四丁目15番
  • アクセス 西武新宿線新井薬師駅南口より徒歩10分

新井薬師公園

4.栄町公園(さかえちょうこうえん)

公園内には砂場、複合遊具、遊具や幅の広い滑り台などがあります。じゃぶじゃぶ池ももちろんあり、広さは50㎡で深さは30cmです。

年間を通してたくさんの子供が遊んでいる光景を見ることができるので安心して遊べる公園です。

基本情報

  • 所在地 中野区弥生町四丁目20番
  • アクセス バス(中野駅-渋谷駅)<渋63> (中野駅-新宿駅西口)<宿45> (中野駅-川島通)<中82> 南中野地域センターバス停より徒歩3分

栄町公園

5.江原公園(えはらこうえん)

公園はそこまで広くもなく狭くもなく目が行き届く大きさの公園です。じゃぶじゃぶ池の深さは50㎡で深さは30cmです。

水遊び以外にも砂場、ブランコ、すべり台、鉄棒、うんてい、ジャングルジムがあるこどもが元気に遊べる公園です。

基本情報

  • 所在地 中野区江原町一丁目15番
  • アクセス バス(中野駅-江古田駅)<中12> 江原町1丁目バス停より徒歩2分

江原公園

お金もかからず無料で子供たちが楽しく遊べる夏限定じゃぶじゃぶ池に行ってみよう!

夏休み、子供とどこに出掛けよう?悩んだ時に気軽に行ける場所が公園です。その中にあるじゃぶじゃぶ池は大人にとっても子供にとっても貴重な存在です。中野区内にある公園のじゃぶじゃぶ池の水は、水道水を使用しています。

毎日、清掃と池の水を全て入れ替えをしているので安心して遊ぶことができますね。

※じゃぶじゃぶ池の利用は、小学校入学前のこどもを対象としています。水深が浅くても何かが起きてからでは遅いのでお子さんには必ず保護者の方が付き添い、目を離さないようにして楽しく遊んで下さい。

「水遊び」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!