子育てにおすすめの車選び方法とおすすめの車種☆4歳~6歳編

出産や子どもの入園・入学は、マイカーの買い時・替え時でもあります。だけど大きなお買い物だから、ゼッタイ失敗したくない!そこで「子育て」をキーワードにした選びのポイントとおすすめ種をご紹介。パパのお好みはとりあえず置いといて、子育て目線の選びはこうなります☆ママのホンネでセレクトしてみました!

選び方だって大切だ☆子育て家族のカーライフ

一口に車と言っても、大きさも性能も多種多様。最近では「子育て」に照準を合わせた車種もぞくぞく登場しています。気になる車ぜんぶをチェックしたくても、お店に行って試乗して…は、なかなか大変。

車の乗り方・使い方もご家庭によってニーズはそれぞれ違いますよね。まずは「これからウチに必要な車」を見つけましょう!

だれが乗るの?

  • 家族の人数…これからの人数を考慮しましょう!
  • 家族構成…おじいちゃん・おばあちゃんが一緒の機会は多い?少ない?
  • 運転者…ママは運転する?しない?

など、様々点を考慮して車選びをするようにしましょう。また子供の年齢(4~6歳)を考え、

  1. チャイルドシートを設置すること
  2. 子どもが自分で乗り降りすること

を念頭に、広さやドアの開閉もポイントになります。

いつ乗るの?

クルマに乗る機会は様々ですが、最も重視するシーンを決めましょう。あれもこれも、はかえってポイントがぶれてしまい選びにくくなってしまいます。

  • ふだんのお買い物や送り迎え
  • レジャーを兼ねたちょっとした遠出
  • 遠方への里帰りや宿泊を伴う旅行

お店に行く前に上記のポイントを明確にしておきましょう!

ウチが欲しいクルマはこれ!おすすめ車種☆

自動車

欲しいクルマの条件が決まったら、具体的な車種を考えていきましょう。

ぞくぞく登場・コンパクトカー

自動車

軽より頼れて普通車よりも扱いやすい♪ママの注目度はピカイチです。

トヨタ・ポルテ

おすすめポイントは乗り降りのしやすさと室内の広さ!大きく開く電動スライドドアと、室内は子どもが立ってお着替えもできる広さです。

あんぐり口をあけたような見た目もカワイイ♪

  • 価格 ¥1,491,428~¥1,789,714(メーカー希望小売価格、消費税込)

トヨタ ポルテ公式HP

スズキ・ソリオ

小さな車体と抜群の走行性能が魅力のソリオ。高速道路での安定した走行は遠出の多い家族におすすめです。

後部は両側電動スライドドアで、チャイルドシート2台載せも!

  • 価格 ¥1,751,760~¥1,983,960(メーカー希望小売価格、消費税込)

スズキ ソリオ公式HP

燃費も維持費も◎手軽に乗るならやっぱり軽!

軽自動車

小さくても広い!はそろそろ当たり前になってきた軽。毎日のことだからできるだけ出費をおさえたい…

普段使いをメインに選べば軽自動車がおすすめです。

ダイハツ・タント

タントの魅力はなんといっても大開口のミラクルオープンドア。助手席側は前後ドアの間に柱がないのでびっくりするほど広く開くんです。傘をさしたまま濡れずに車内へ、なんてことも!

  • 価格 ¥1,420,200~¥1,544,400(メーカー希望小売価格、消費税込)

ダイハツ タント公式HP

ホンダ・N-BOX

なんと2014マザーズセレクション大賞に選ばれました!死角をなくす「ピタ駐ミラー」や運転席の高さなど、自分で運転するママからの支持ナンバーワンの実力の持ち主です。

  • 価格 ¥1,270,000~¥1,370,000

ホンダ N-BOX公式HP

ウチはにぎやか大家族♪ミニバン

ミニバン

大人数のファミリーに人気なのはやっぱりミニバン。大きいだけに、選ぶのも慎重に。

日産・セレナ

大きさ、広さだけを求めがちなミニバンの中で、セレナは燃費もミニバン最高クラス♪車内は大人8人が余裕で過ごせ、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒にらくらくドライブ。

  • 価格 ¥2,246,400~¥3,517,560(メーカー希望小売価格、消費税込)

日産 セレナ公式HP

子育て家族に失敗しない車選びを♪

軽自動車

ママ目線での車選びは、やっぱり広さと乗り降りのしやすさがポイントのようです。車は今や単なる移動手段ではなく、もう一つのお部屋としてファミリーの時間を演出するもの。お店での相談と試乗もしっかり行って、ぜひ長く付き合える一台を見つけてくださいね!

「子育て」「車」「おすすめ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!