産婦人科口コミ!大阪北野病院産婦人科(大阪市北区)の体験談

北野病院では産婦人科、小児科、母乳外来、NICUなどの設備が万全!妊娠中のマタニティクラスも充実していて初産でも安心して出産に対して準備に挑めます。また出産後も、子供の成長に合わせた小児科での健診や、ママの産後のケアなど他の病院へ行かずとも北野病院だけで十分なのが魅力的!北野病院は産前~産後まで安心して通える病院です。

大阪のド真ん中!北野病院

とても綺麗な総合病院です。地下鉄、JR天満駅からも近くて便利。

病院内にはコンビニ、ドトール、レストランなどもありますし5階のホールはオープン形式になっていて自由に利用できます。

産婦人科の医師は女医も数名おられますし指名することもできます。

基本情報

  • 住所 大阪市北区扇町2-4-20
  • TEL 06-6312-8832 (cブロック産婦人科)
  • アクセスJR環状線天満駅(徒歩7分)、堺筋線扇町駅または谷町線中崎町駅から徒歩約5分

北野病院産科

北野病院産婦人科のメリット

  1. 駅が近くて便利なうえに大きな立体駐車場も完備しているので雨の日も傘いらずで病院内へいけちゃいます!(小さなお子様連れには嬉しいですね♪)
  2. 総合病院なので妊娠中のトラブル、心配ごとができた場合一貫して診察してもらえるので安心
  3. 妊娠中のマタニティクラスが豊富!
  4. LDRがある

夫婦で出産準備クラス(3回コース)へ参加しました。このコース以外も1回受講のみの教室やマタニティヨガクラスなどもあります。

色んな教室へ参加することにより他の妊婦さんと交流もできお互いの心配事を共有する事が出来とても励みになりました。

北野病院産婦人科のデメリット

  1. 出産費用が高い・・
  2. 救急病院でもありますし検診では予約をしていても急患やお産で待ち時間が2時間あることも!?

一番高い時で北野病院の出産費用は65万円でしたが現在は55万円です。それでも他の病院に比べると高い!

でも新生児NICU完備のおかげで24時間、小児科と産婦人科医が常駐していますのでいつ何かあっても大丈夫!と、とても安心することができました。

箕面レディースクリニック(大阪府箕面市)での出産体験談と口コミ

関連記事:

箕面レディースクリニック(大阪府箕面市)での出産体験談と口コミ

大阪府箕面市の住宅街の中にある人気の産院、箕面レディースクリニックで最…

体験談&口コミを紹介します!

母乳を飲む赤ちゃん

ハイリスク妊婦さんにはとても安心できる総合病院です

筋腫ができやすい体質であること、手術後の子宮で無事に出産できるかなど、不安はたくさんありましたが、経過順調で無事に出産できました。

また先生もしっかり説明してくれましたし、フレンドリーな方だったので安心できました。 出典: caloo.jp

妊娠、出産はいつ何が起こるかわかりません。初めての出産で不安なうえに持病があったりすると不安はおおきくなりますよね。

そんな不安も心強いスタッフがいると一気に安心する事が出来ますね。

入院中の豪華お祝い膳がうれしい♪

北野病院産婦人科のお祝い膳

おめでたい~豪華~

北野病院産婦人科では、ホテルニューオータニ大阪からお祝い膳が出ます♪ 出典: ameblo.jp

入院中にホテルニューオータニからお赤飯や霜降り牛肉など豪華なお祝い膳が出ました~♪

普段食べられない豪華な食事は最高のご褒美です!!

産後のフォローもしっかりしてて母乳育児を応援!

産後は母乳育児をしっかりサポートしてもらえるので、母乳育児を希望される方にもオススメです。

母乳マッサージ外来もありおっぱいトラブル予防にも力をいれています。
出典: caloo.jp

母乳外来、乳腺外来もきちんとありますので出産後のおっぱいトラブルが起こっても心配いりません。
専門スタッフが常駐していますし月に1度母乳育児の指導やマッサージだって受けられて安心。

総合病院なのにアットホームな産婦人科♪

妊婦健診を受ける妊婦さん 画像:d3reun7bhr7fny.cloudfront.net

大阪市内のど真ん中という立地もあり大阪、兵庫はもちろん近畿外からの患者さんも多い大人気。妊婦健診での待ち時間ではたびたび外国人の妊婦さんもみかけるほど国際色も豊かです。

大きな病院なのに産婦人科のスタッフは本当にアットホームで妊婦健診では昼間でもご夫婦でこられてる方も多く、男性でも付き添いやすい環境なのではないでしょうか☆

女医も数名おり女医希望と伝えると可能な限り対応してくれますし患者目線の良い病院です。バースプランを聞いてくれたり、立ち合い出産しやすいLDR完備の素晴らしい産婦人科です。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!