産婦人科口コミ!自治医科大学附属病院産科(栃木県下野市)の体験談

自治医科大学附属病院は、栃木県の中でももっとも規模が大きな病院のひとつで、多くの診療科を有している総合病院です。近隣の市町だけに限らず、県外からも多くの方が専門的な診療を受けに訪れています。大学病院での出産はどういったものか、実際に体験した方の口コミや体験談をお伝えいたします。是非参考にしてみてくださいね。

自治医科大学附属病院について

自治医科大学附属病院は、地方に根付く医師を養成することを目的としている、自治医科大学の附属病院です。

産科における年間の分娩数は約1100件と、全国の医学部付属病院の中でも、トップクラスに入っています。

NICU(新生児集中治療室)、そして県下で2か所しかない母体胎児ICU (MFICU)を備えています。

さらに付属病院に隣接をしている、とちぎこども医療センターでは小児外科の他にも、小児心臓外科や小児脳神経外科など、小児科の中でも診療科が分かれており、周産期センターと連携しています。

自治医科大学附属病院の基本情報

  • 病院へのアクセス方法:JR東北本線「自治医大駅」下車、徒歩15分、路線バスで5分
  • 電話:0285-44-2111
  • 産科医師数:約15名
  • 外来診療日:初診 月~金 再診 予約制

選択できる分娩方法

自治医科大学附属病院において、出産の際選択できる分娩方法をご紹介します!

自然分娩

分娩台で出産をする通常の出産方法です。24時間体制で複数の産科医師が常駐していますので、安心して出産できます。陣痛から分娩、その後の入院と同じ部屋のベッドで過ごすことができるLDRも備えられており、希望をすれば利用できます。

陣痛室、分娩室ともに、家族1名の立ち合いが許可されています。入院の部屋は、相部屋と個室と選択することができます。個室は追加料金が発生します。

母子入院は出産3日後から可能です。

帝王切開での出産

医師の判断で普通分娩が難しい場合、予定日を決め行う予定帝王切開と、急きょ行われる緊急帝王切開、どちらにも対応しています。

多胎や妊娠高血圧病、前置胎盤など数多くの症例を扱っています。痛みなど極力患者の負担とならないよう、配慮されています。

助産所での出産

助産師による出産ができる、院内助産所(ラ・ヴィ)が新しく併設されました。家族と出産ができるシステムがあります。上の子にも出産に立ち会わせたい、分娩台ではなく畳の上で出産をしたい、といった、自由なバースプランを組むことができます。

アットホームな雰囲気で出産できるだけでなく、附属病院の産婦人科とも密に連携をしていますので、安心して過ごすことが可能です。

自治医科大学附属病院のメリット

  • 医療設備が充実している
  • 緊急時すぐ対応してもらえる
  • 医師・スタッフが丁寧

県内でもトップクラスの医療設備が充実していますので、安心して出産をしたい方にはおすすめです。

自治医科大学附属病院のデメリット

  • 待ち時間が長い
  • 担当医師が毎回変わる

大きな病院ですので、どうしても診療までの待ち時間がかかります。
担当医師が固定されていないのも大病院ならではですが、同じ医師にかかることを希望する方にはデメリットかもしれません。

自治医科大学附属病院

選んで良かった!先輩ママの口コミ&私の体験談

筆者体験談としては、高齢であることと、疾患のためリスクがあり、早産をする可能性がありました。他の病院で紹介状を書いていただいて、転院をしました。
当初は出産への不安が大きかったのですが、大きな病院にかかることで、安心して診察を受けることができました。

出産は急産だったのですが、すぐに先生が駆けつけてくださいました。
また、産婦人科と小児科の連携がしっかりと取れていたため、出産後すぐから、子どもはNICUにお世話になることができたので、大きな病院を選んで本当に良かったと思いました。

安心して出産できるお勧め病院

他の方も口コミや体験談でもありましたが、医療設備が充実していて、それぞれの診療科と連携されているので、最初が不安もあったのですが、安心して出産をすることができます。

なおかつ、お医者さんはじめスタッフが親切なのは嬉しいです。大学病院ということで、若くやる気のあるお医者さんが多かったです。遠方からも診察に通う方多いのも納得です。

なんからのリスクを抱えて出産をしようと考えている方などには、真っ先にお勧めをしたい病院です。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!