3歳児神話は嘘!共働きの子供がかわいそう?そんなことありません!!

「3歳児神話」という言葉をご存知ですか?3歳までは母親が自分の手で育てましょうというものです。近頃では、3歳児神話は正しいとは限らないという意見の方が増えてきました。共働き家庭で働くママが増えている中、まだこの3歳児神話を気にしているママもいらっしゃるかもしれません。そんなママ達にぜひ読んで頂きたいと思います。

3歳児神話とは??

3歳児神話とは「3歳までは母親の手で育てられるべきである」という考え方のこと。一度は耳にした事のある方も多いと思います。

一般的に言われている3歳児神話とは

  1. 子どもの成長には3歳までが非常に大切だという考え
  2. その大切な時期こそ育児の適正を持つ母親が専念すべきであるということ
  3. 寂しい思いをして成長した子が将来的に何らかのゆがみをもたらすという考え

以上の3つの要素から成り立っているのでは、とお話しています。

共働きが増え、0歳から保育園へ預けて働くママも多くいると思います。「0歳から預けられるわが子はかわいそう?」そんなことはありませんよ♪

次にお話したいと思います。

3歳児神話は間違っている?!

先ほどの3歳児神話の要素①にある「子どもの成長には3歳までが非常に大切だ」という考えは間違いではありません。「3つ子の魂百までも」という言葉もありますよね。

人間は一人では生きてゆけない未熟な状態で誕生し、この3歳頃までに人格を形成するピラミッドの一番下の土台となる部分が出来上がります。

それこそが、人格形成で一番大切な信頼関係、つまり「愛着」なのです。

「赤ちゃんはママが好き ママも赤ちゃんが大好き」というしっかりした信頼関係があってこそ、子どもの心は育ってゆくのですね。ですが、これは母親以外の人(父親や祖父母、保育士など)との関わりの中でも成り立つことがわかっています。

抱っこして、笑顔であやし、食事を与え...愛情を持って関われば信頼関係につながるのです。お仕事しているママは、日中は保育士さんにお任せして大丈夫!

「母親が育児に専念するべき」から「皆で育てましょう」 と育児への考え方が変化していったことが3歳児神話は間違いであると言われるようになった理由なのかもしれないですね。

ワーキングマザーの悩みを軽減する支援制度を紹介!働くママに子育て、仕事、家事のバランスを

関連記事:

ワーキングマザーの悩みを軽減する支援制度を紹介!働くママに子育て、仕事、…

専業主婦が多かった過去とは違い、今は育児をしながら働くママが大半とも言…

愛情は量より質♡

保育園の開所は大体7時~20時。長い子は一日12時間近く保育園で過ごします。ママ達は「ごめんね」と後ろめたく思ったり、泣いている我が子を預けることに心を痛めたり...

もしかしたら周りの人たちに「かわいそうね」と言われてしまったこともあるのかもしれません。筆者も長男が1歳の時に登園時に泣かれるのが辛くて辛くて、こっちが泣きたくなった事もありました。

保育園に子どもを預けて保育園で働いていた筆者が思うことは、「保育園は子どもの社会」だと感じました。どんなに小さな子どもでもルールを学び、おうちでは経験できないことをたくさん経験して成長します。

これってとても貴重な事だと思いませんか?ママにとっても、お仕事をすることでリフレッシュになったり、半日ぶりの我が子との再会が待ち遠しかったり♪

愛情はきっと量よりも質!!一日30分でもいいので思いっきり向き合って子どもとイチャイチャしてみてくださいね♡

ママの想いは必ず伝わっているはずですよ♡

働くママが本当に望んでいる職場環境のポイントはここ!

関連記事:

働くママが本当に望んでいる職場環境のポイントはここ!

国をあげて女性の社会進出が叫ばれている今、子育てをしながら働くママは着…

働くママさん応援します♪

いかがでしたか?少し専門的なお話も入りましたが、働くママさんに伝わっていればうれしいです♪

子どもにとってママは世界一大好きな人♡でもママとの関わりだけがすべてではないのです。なので胸を張って!お仕事へ出発してくださいね♪応援しています!

「子供」「仕事」「かわいそう」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!