愛媛県立中央病院の口コミと体験談 愛媛県松山市

愛媛県立中央病院」愛媛県松山市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

愛媛県立中央病院について

2014年4月に建て替え工事が完了し、新しい病院です。総合病院なので出産後もしなにかあったときにでも迅速に対応してくれると思います。院内には最新の設備が完備されています。もちろんNICUもあります。 産婦人科病棟ないには院内感染を防ぐために15歳未満の出入りが禁止されています。 とにかくあたらしい病院なのできれいです。

愛媛県立中央病院の基本情報

「愛媛県立中央病院」愛媛県松山市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛媛県松山市春日町83 電車 伊予鉄道 松山市駅 より南へ約800m バス 伊予鉄道路線バス 市坪・はなみずき線 都心循環東南線で県病院前下車すぐ

出産にかかる費用

約45万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有 40代 クールな感じがしました

愛媛県立中央病院の良い点・オススメポイント

県内でもトップの総合病院です。建て替え工事が完了したばかりですので院内も新しく、設備も最新です。 NICUもあります。 また、交通のアクセスも市内中心部ですのでバスでも、電車でもとても便利な場所にあります。 電車の最寄り駅からは、無料のシャトルバスが運行しています。(利用したことがないので時間はわかりません)

愛媛県立中央病院を選んだ決め手!

私は、別の病院で切迫早産のためずっと入院していました。 36週+0日で突然の破水をし、入院していた病院では対応できなかったため、救急搬送で県病院での出産となりました 週数もたりず、子供も小さかったため、NICUなどの施設が整った病院で出産でき、よかったと思います 実際、産まれてきた子供も低体重だったため、NICUに入院しました。

愛媛県立中央病院の改善して欲しいポイント

病院

総合病院ですので、予約をしていても診察までにどうしても時間がかかります。 その点をもう少し改善してもらえたらなと思います。 あと、病棟の看護師さんが少し冷たい感じがしました。若い方が多かったので、もう少し年配の方がいたらいいなと思いました。 産婦人科病棟内に院内感染を防ぐために15歳未満の子供が入れないのは上のお子さんをもつお母さんには少しつらいかもしれません。

愛媛県立中央病院についてもっと詳しく

病院

以下では、愛媛県立中央病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

担当の女性の先生は出産のときは少し冷たい感じがしましたが、産後の回診時は親身になってくれてやさしい先生でした。 看護師さんは(病棟)年齢は割りと若い方が多く、どの方も少し冷たい感じがしました。 途中で部屋が変わり病棟も変わりましたが、そこでの看護師さんは皆さん優しかったです。 事務スタッフの方は特に印象がありません。

院内の設備

院内設備 コンビニ、カフェ、食堂、銀行 ATMがあります。 個室はありますが、手術の方優先ですので、普通に出産された方は個室には入れないと思います。 ちなみに24時間母子同室です。 院内アメニティーはテレビと冷蔵庫はありますがテレビカードが必要です(大部屋の場合)料金はテレビが24時間200円、冷蔵庫が24時間100円です。 産後必要なものは自販機で購入可能です

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は産後は母乳がでるように和食中心の食事です。食事は温かいものを食べられます。 味は、おいしかったと思います。 でも1週間近くの入院になるので、3食ご飯だとパンが食べたくなることもありました。 他の病院ではお祝い御前などあると思いますが、この病院ではありませんでした エステ等のアクティビティーも県立の病院ですのでありませんでした。

私の愛媛県立中央病院での出産体験談を紹介します!

病院

私は切迫早産で別の病院に入院していて、予定日より1ヶ月早く破水したため救急搬送され、県病院での出産となりました。 入院していた病院では帝王切開の予定でしたが、県病院にきてから、自然分娩に切り替わり心の準備のできないまま出産となりました。自分の中で何も準備ができていなかったので、陣痛の痛みは一人目のときよりも壮絶だったような気がします。 でも、なんとか自然分娩で出産できてよかったと思います。帝王切開はやはり手術ですし。 週数が少なく生まれてきたため、低体重だったわが子は抱っこすることもなくNICUへはこばれました。 幸い体重が少なかっただけで、他には特に病気も何もなく、1ヶ月で退院することができました。 その間の搾乳と通院は大変でしたが、今はそのことを忘れてしまうくらいやんちゃな娘です。 施設の整った病院での出産は、リスクのある妊婦さんにとってはとても安心して出産できると思います。 私も今回の出産でそう実感しました。無事に産まれてきても、その後急変した場合にNICUのある病院で出産していると 安心だとおもいました。

愛媛県立中央病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この愛媛県立中央病院の体験談・口コミは、2/17/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(212411)

「愛媛県立中央病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!