済生会新潟第二病院の口コミと体験談 新潟県新潟市西区

済生会新潟第二病院」新潟県新潟市西区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

済生会新潟第二病院について

数少ないBFHで母乳育児・だっこ・語りかけに重点を置いています。 助産師の数が日本一多い新潟県らしく、助産師は産休育休中を含め約40名。 4つのグループに分けられ分娩はもちろん産後の母乳に関する相談も安心してできます。 産後3日目くらいに希望者のみアロマトリートメントが受けられました。 退院してからも母乳トラブルがあれば母乳外来もありますし安心です。 日祝も予約があいていれば母乳外来でみてもらえて助かりました。

済生会新潟第二病院の基本情報

「済生会新潟第二病院」新潟県新潟市西区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

新潟県新潟市西区寺地280?7 まわりは田んぼです。でも駐車場は料金がかかる場合があります。

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは2名、若い方とベテランっぽい方。

済生会新潟第二病院の良い点・オススメポイント

安定期に入ってすぐから母乳育児に関して指導があったこと。 それまでは母乳がでなければミルクと混合でいいやと思っていましたが、 出たらラッキーかなと指導どおりにマッサージをしたおかげか産後すぐから母乳が調子良く出始めました。 分泌を維持するコツなども聞けたし添い乳も教えてもらえたし、たまにミルクを足すときに作るのが面倒になりました。 外出も荷物が少なくて楽なので母乳を続けるモチベーションに繋がって、今となってはこの病院で産んでよかったなと思います。

済生会新潟第二病院を選んだ決め手!

ぜんそくを患っているため総合病院か大学病院での出産をすすめられ、里帰り先から一番近い病院だったため選びました。 近くて呼吸器科があればそれでよかったので、親にそう聞いたらここでいいんじゃないのと言われてそのまま決めました。 他の総合病院はもうすこし家から距離があったので、近いだけで少し安心感があります。

済生会新潟第二病院の改善して欲しいポイント

電子カルテを導入したようですが、いまいち活用しきれていないようです。 会計をするロビーや待合室などにはディスプレイなどもあるのですが、特に有益な情報は流れていませんでした。 計算が終わって会計の呼び出しも名前を読み上げるので聞き取りづらく、待合室も会計も番号表示にして呼び出したら待ち時間も想像ついていいのになと思っていました。

済生会新潟第二病院についてもっと詳しく

以下では、済生会新潟第二病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

診察の担当はずっと若い女医さんでした。 特に女医さんがいいと希望を出したわけではありませんが、とても話しやすくて3Dエコーの機械が使えるときは「今日はこっち向いてくれるかな?!」と積極的に見てくれて嬉しかったです。 助産師さんはもっとフレンドリーで、お母さんのモチベーションをあげるのも上手だったなと思います。

院内の設備

個室は少ないですがあります。 完全個室が2つ、2名相部屋が4つくらい、ほかは全て4名相部屋です。 完全個室にはトイレ・バスが付いています。 私は完全個室にしましたが、産後間もない傷の傷む体で共同のトイレまで歩くのは辛かっただろうなと思います。 完全個室で差額は8000円でしたので、比較的安いほうじゃないかと思います。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はごく一般的な病院食です。私は普通においしいと思います。 お祝い膳はありません。 朝と夜は病院食らしい食事でしたが、お昼は上の階にあるレストランの御膳でした。 それはちょっとしたデザートが付いていたりお茶がついてきたり。 産後は少しおやつも出ますが私には足りなかったので、売店でパンやおにぎりやお茶を買い足していました。

私の済生会新潟第二病院での出産体験談を紹介します!

前日の夜遅くに陣痛が始まり夜中の3時に一度診てもらいましたが、まだ2センチしか開いてないということでいったん帰りました。 帰ってから少し寝ましたが強くも弱くもならず、時間がかかるとあとでしんどいと思い階段昇降をして動き回りました。 すると11時半には3分間隔で座っていられない状態に。 12時半に診察を受け、5センチ開いているということで入院し陣痛室に入りました。 陣痛室には3名入室でき、すでに両隣りに陣痛を耐えている方がいました。 そこからは順調に陣痛がつき15時すぎには全開大、16時12分に女の子を出産しました。 主人は埼玉にいましたので間に合わないなと思い、母親に分娩台に上がってからずっとビデオを撮っていてもらいました。 バースプランにも書いておいたので、興味本位で胎盤も見せてもらいました。

済生会新潟第二病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この済生会新潟第二病院の体験談・口コミは、9/2/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(212546)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧