国立病院機構仙台医療センターの口コミと体験談 宮城県仙台市

国立病院機構仙台医療センター」宮城県仙台市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

国立病院機構仙台医療センターについて

産む前の検診は病棟で産むときは母子センターでと分かれています。 母子センターは離れているから静かで綺麗でよかったです。 妊娠中は母親学級を始めヨガクラスやファミリークラスなどもあります。 母乳育児にこだわっており母乳に関して丁寧に教えています。 アフターケアとして母乳外来も行っています。 その為産んだ日から母子同室です。

国立病院機構仙台医療センターの基本情報

「国立病院機構仙台医療センター」宮城県仙台市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

宮城県仙台市宮城野区宮城野2-8-8 仙石線、宮城野原で降りてすぐなので便利でした。

出産にかかる費用

45万

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

ほとんど女医さん。助産婦さんは若い方が多くみんなハキハキしていました。

国立病院機構仙台医療センターの良い点・オススメポイント

一番思ったのは大きい病院なのでもし何かあっても心配ない。 もちろん出産中もですが 産んだ後赤ちゃんに何かあった時も小児科の先生が診察してくれるのは安心。 後はLDRがあり陣痛中に分娩室に歩いて向かわなくていい。 LDRにはバランスボールやアロマポットやアクティブチェアなど設備が整っている。 陣痛が長引いたとき付き添いの人が寝れるようにもなっている。

国立病院機構仙台医療センターを選んだ決め手!

一番は交通が便利だから。 車が普段ないので電車で通うことになるので 電車降りてすぐのこの病院はありがたかったです。 後は家の旦那さんが産まれた病院で義母のおすすめだった事。 旦那さんが産まれた病院で自分も出産したいと思ったので 調べてみたら他の病院にはあまりないLDRが魅力的でした。 病院の方針も自分に合っているなと思えた。

国立病院機構仙台医療センターの改善して欲しいポイント

ご飯が普通の病院食。もっと美味しかったらよかったな。 後は検診の時にエコーが毎回1000円かかるのも変えて欲しい。 更に30週超えるともらえなくなるのは寂しい。 携帯で撮っていいよと言われたが それも何か違うような気がして。。。 後は大きいBYウインだからしょうがないのだけれども 待ち時間が非常に長い。 採血するのも違う場所に移動してまた1から待たなくてはならない。

国立病院機構仙台医療センターについてもっと詳しく

以下では、国立病院機構仙台医療センターについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

女医さんが多く検診の時も親身になって聞いてくれた。 エコーの時も丁寧に教えてくれながら見せてくれました。 産んでからも助産婦さんみなさんとても親切で いつも気遣ってくれてありがたかった。 毎日担当の看護師さんが変わりましたがきちんと伝達されていて 話がわからないという事はありませんでした。 退院してしばらくしてからおっぱいがすごく張って痛かったとき マッサージしてくれてとても楽になりました。

院内の設備

個室は有りましたがほとんどは4人部屋。 テレビや冷蔵庫はカード式。(有料) 病院内にはドトール、ローソン、ATM、パン屋さんがあり 買物には困りませんでした。 来客スペースが有りそこでなら24時間面会OKです。 家は旦那が帰りが遅いので助かりました。 LDRにはバランスボールやアロマポットやアクティブチェアなど設備が整っている。 陣痛が長引いたとき付き添いの人が寝れるようにもなっている。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は週に何回か選択式で好きなものを選べる。 来客スペースの所にポストがあるのでそこに紙を入れると その日自分が選んだものが食べれる。 味は病院食なので味っけないかな。。 量は結構多め。 お祝い御前が出る。 エステは何かあるらしいがあまり説明もされなかったので どこでいつしているのかもわからなかった。 あるならしたかった。。

私の国立病院機構仙台医療センターでの出産体験談を紹介します!

朝おしるしが来て慌てて病院に行ったが子宮口が全く開いておらず陣痛もまだつかなさそうだからと 一回帰らされる。 夕方ちょっとずつお腹が痛くなり8分間隔になるまで自宅待機。 午前3時いよいよ病院。 着いたら車イスを持って助産婦さんが待っててくれていた。 そのまま処置室で内診。 内診が嫌いだと話すと陣痛が来た時に内診するね!と言ってくれて陣痛が来たタイミングで内診。 子宮口はまだこの時点で3センチ。 そのままLDRで待機。 アクティブチェアなどに乗ってみるが一番落ち着いたのは畳の上で四つん這い。 子宮口が8センチになったら分娩台の上に移動。 しばらくすると先生登場! 破水してなかったので先生に破水させてもらう。 破水したら陣痛がすごく強くなった。 だが赤ちゃんが変な方向に下がってきてしまってるとゆう事で急きょ帝王切開に切り替える事に。 手術室に運麻酔をしあれよあれよという間に産まれました。 陣痛16時間耐えての帝王切開でした。

国立病院機構仙台医療センターの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この国立病院機構仙台医療センターの体験談・口コミは、4/1/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(216782)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!