源川産婦人科クリニックの口コミと体験談 新潟県 新潟市東区

源川産婦人科クリニック」新潟県 新潟市東区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

源川産婦人科クリニックについて

とても綺麗で清潔な病院です。 不妊治療でも実績を上げている有名な先生で、婦人科と不妊外来の診療時間をずらしています。 また、妊婦さん・患者さんの名前を呼ぶのではなく、番号札の番号で呼ばれるなどデリケートなことにも配慮されています。 スタッフの方はとてもフレンドリーで、入院中も楽しく過ごすことができました。

源川産婦人科クリニックの基本情報

産婦人科

「源川産婦人科クリニック」新潟県 新潟市東区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒950-0014 新潟県新潟市東区松崎1丁目18番12号 新潟駅より車で20分

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

吸引分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは不在

源川産婦人科クリニックの良い点・オススメポイント

産婦人科

新しく綺麗で清潔です。待合室も広くて、椅子やソファーもフカフカなので待ち時間が苦になりませんが、そもそも待ち時間が短いのでありがたいです。妊婦さんの中には子連れの方も受診されていますが、診察中はスタッフの方が子どもを見ていてくれて安心です。また、院長がこだわっているようで、入院中の食事がとてもおいしいです。

源川産婦人科クリニックを選んだ決め手!

私は里帰り出産だったので、実家から一番近いこちらの病院が第一候補でした。 両親や家族の賛成もあったので、ほとんど迷うことなくこちらの病院に決定しました。 他には義理の姉が出産した病院の話を聞きましたが、義理の姉が出産した病院はすごい人気で、分娩予約は妊娠初期の段階でないと間に合わない、ということでした。

源川産婦人科クリニックの改善して欲しいポイント

看護士さんが、あまり母乳育児に対して積極的ではないイメージを受けました。 初産で私自身の知識が浅かったことも良くないとは思うのですが、「母乳をあげすぎると分泌量が増えて大変」「赤ちゃんの成長に合わせてどんどんミルクを増やして」という表現をされてしまったので、私は母乳量が増えずミルクばかりが増えていき、完母になるまで他の病院の母乳外来に通い、6か月ほど大変でした。 最初から適切なアドバイスがいただけていたら、ここまで長引くことはなかったのでは・・・と思っています。

源川産婦人科クリニックについてもっと詳しく

産婦人科

以下では、源川産婦人科クリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は「怖い、厳しい」という印象を受ける方が多いようですが、私は妊婦さんのことを考えているからこその厳しさだと思っています。入院して感じたことは、先生は本当に赤ちゃんが好きなんだな?ということでした。分娩時は当初痛みでうまくいきめませんでしたが、先生が現れた途端、緊張でうまく力を入れられるようになりました(笑)。 看護士さんや事務員さんもフレンドリーで優しいです。私は切迫早産で3週間ほど入院していましたが、相談に乗ってくれたり、自分の出産のときの話も合わせてしてくれました。

院内の設備

産婦さんの部屋はすべて個室で、3階にあります。家族も一緒に宿泊できる特別室もあります。 新生児室とナースステーションは2階、切迫早産や帝王切開などで入院している妊婦さんも2階に入院しています。 出産セットを購入しますが、そこに入っている産後ナプキンの量が私にとっては少なく、院内の自動販売機で追加購入しました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は本当においしいです。栄養士さんの管理も徹底されているようで、切迫早産で入院中の3週間はすべて食事を平らげていても体重が徐々に減っていきました。退院後、すごい勢いで増えてしまい・・・そのすごさを実感しました。 私は里帰り出産だったことと、里帰り直後に入院したので縁がありませんでしたが、マタニティヨガを定期的に開催されているようです。レッスンを楽しみにしていたので、受けることができず残念でした。 出産後は、美容師さんが髪を洗ってくれる無料サービスがあります。

私の源川産婦人科クリニックでの出産体験談を紹介します!

産婦人科

私の場合は、破水からの入院でした。初めは少量だったので破水とは思いませんでしたが、念のため受診するとリトマス試験紙で一発で破水したことがわかり、そのまま陣痛室に入院しました。夜に入院し、朝になっても陣痛が来なければ陣痛促進剤を打つとのこと。陣痛すらない、子宮口も全く開いていない状態で陣痛室で眠ることになりました。隣の陣痛室からは、ほかの妊婦さんの苦しそうな声が聞こえてきます。私も早く陣痛が始まってほしいと願いました。朝方、お腹の痛みで何度も目が覚めましたが、何分間隔か計ろうとしても眠気ですぐ寝てしまい、まったくわかりません。7時に助産師さんが来てくれて、内診すると子宮口3センチオープン。県外で働いている主人を呼ぶよう指示されます。助産師さんからは、「初産なので出産は午後になるでしょう、ご主人は到着後出産まで待つことになると思う」と言われました。私は生理痛が重いタイプなので陣痛はそれほど苦しくなく、8センチ開くまでは割と余裕でいました。(MINMIの絵本を友達からもらったので、その影響もあるかもしれません。) かなり速いスピードでお産が進んでいきましたが、分娩室に移動してからがなかなか進みませんでした。あまりの痛みでうまくいきめませんでしたが、私が出産して感じたことは、分娩台はとても理にかなっている、ということです。 分娩台に体をピッタリ合わせてにお尻に力を入れると、驚くほどうまくいきました。 最終的には恥骨に赤ちゃんの頭が引っかかっていると言われ、吸引分娩になりましたが5時間ほどで出産しました。 残念ながら、結局主人は間に合いませんでした・・・。

源川産婦人科クリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この源川産婦人科クリニックの体験談・口コミは、4/25/2012時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(216752)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!