独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科の口コミと体験談 神奈川県横浜市戸塚区原宿

「独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科」神奈川県横浜市戸塚区原宿 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科について

総合病院なので大きく受診している人の人数も結構いるとおもいますが、建物も新しめで綺麗で中も清潔かんがあり、入り口には案内人の方がいます、駐車場もかなり広いので駐車場に困ることもないと思います。産婦人科の先生は何人か居て曜日によって担当している先生が違います、診察室とは別に超音波室と、内診室がありそれぞれの部屋で問診や赤ちゃんの様子を見ます。廊下で待っているときたまにエコーで赤ちゃんの、心音の音が聞こえるときもありました。

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科の基本情報

「独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科」神奈川県横浜市戸塚区原宿 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

神奈川県横浜市戸塚区原宿3-60-2 JR東海道線または横須賀線 戸塚駅から バスでドリームハイツ行きに乗り約15分 横浜医療センター前で下車

出産にかかる費用

461,400円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有り、一人は20代後半くらいでもう一人は30代後半くらい

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科の良い点・オススメポイント

ここの産婦人科は陣痛が、起きてからと分娩室が一緒になっている部屋で個室の様な所で分娩しました。旦那さんに立ち会いをしてもらいたいときは、この病院で行われている講習会のような教室に参加しなければなりません。ですがそれに参加しておけばいつでも分娩室に出入りが出来ます。もう一つ特別室と言う部屋がありそこは陣痛が起こってから空いていれば入れるそうなのですが、別途費用がかかります、そこの部屋は家族の誰か一人を部屋にいれても大丈夫だそうですよ。

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科を選んだ決め手!

妊娠がわかったのは品川に住んでいるときでしたが、品川の病院では少し離れたところしかなく陣痛が起きたとき離れていると不安ですし、車も無かったので、実家が横浜市戸塚区だったということもあり、実家にも近く私の兄のお嫁さんも出産した病院だったのでこの病院に決めました。あとは、陣痛と分娩が同じ部屋で行えると言うことも大きな決めてでした。

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科の改善して欲しいポイント

担当医が代わるのなら代わると一言いってほしかったです。通院している間で二回担当医が代わりました。一回目は初期の方だったので良かったのですが、二回目の交代はあと二ヶ月で産まれるというときに若めの女医さんに代わり少し不安でした。二回目の交代は時期的に4月だったので、病院の人員入れ替え的な感じだったんだと思いますが、代わるのなら一言欲しかったです。

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科についてもっと詳しく

以下では、独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

私は妊娠中、絨網膜下血腫という病院になり入院生活を一ヶ月くらい送りました、そのとき先生や看護師さんはとても親切にしてぐくださいました、看護師さんはみなさん明るく元気が良くて心配事や悩み事があったら親身になって聞いてくれました。入院生活が長かったので初めは廊下側だったベットも窓側が空いたら移動させてくれました。そこの窓からは富士山がとても、きれいに見え長い入院生活も少しは気が楽になりました。事務のスタッフさんもとても丁寧でした。

院内の設備

ここの病院は個室が5室くらいだったかな、いつも人が入っていました、シャワーは2つあり朝8時から30分間隔で予約をしているので予約をしてから入りに行きます、ドライヤーはナースステーションで貸してくれますが、大部屋だと部屋の出入り口の所に洗面台があるので、そこでドライヤーをかけることになり少し迷惑になるかなと思いました、私はシャワーを浴びる前にドライヤーを借りてシャワー室の中でドライヤーをかけていました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

出産したら御祝い膳という食事が出てきました。その他の日はだめな食材を聞いてはぶいてくれたり、プラスいくらかでちょっと豪勢にしたり朝はパンという人はパンにできるそうです。他の病院であるエステや特別な付属のようなものは有りませんでした。総合病院だから無いんだとおもいます。ですが。子供が産まれたあと子供に何あればNICUが有るので安心です。

私の独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科での出産体験談を紹介します!

私は予定日の一週間前の夜7時に座っていたので立ち上がったらバチャッ、とした感じで水のようなのが出てきました、これが破水か!と思い母に破水したかもと伝え病院に連絡、すぐに病院へ行きました、病院での検査の結果破水しているということなので、そのままLDR室へ私は神奈川の実家、ですが旦那が栃木だったのですぐに連絡、横浜に来るようにと伝えました。旦那には立ち会ってもらおうと思っていたからです。入院したときは子宮口は5cmくらい開いていました。夜中には8cmくらいになったのでこのままいけば明け方には産まれるかも、と言われましたが朝になっても8cmのままだったので陣痛促進剤をつかって陣痛をうながしました、それから13時間ようやく産まれました。合計21時間の戦いでした。でも、産まれたあとは陣痛の痛みもすーっと消え不思議な感覚でした。陣痛の間も看護師さんや助産師さんは親身になってサポートしてくれました。また出産するならこの病院が良いと思いました。

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター 産婦人科の体験談・口コミは、平成26年6月12日 20:11時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(217920)

「横浜医療センター」「産婦人科」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!