恵寿総合病院の口コミと体験談 石川県七尾市

恵寿総合病院」石川県七尾市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

恵寿総合病院について

産婦人科は「お母さんと赤ちゃんにやさしい病院」を目指していて、自然であることを基本にしています。 母乳育児を支援しています。 バースプランの希望を聞いてくれて、希望に沿って援助もしてくれます。 出産後は沐浴指導や育児指導はもちろんあり、 退院して一週間後には来院検診があり、赤ちゃんの体重やお母さんの健康状態、母乳栄養、質問など助産師さんがアドバイスしてくれます。

恵寿総合病院の基本情報

「恵寿総合病院」石川県七尾市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

石川県七尾市富岡町94 JR七尾駅より送迎バス有

出産にかかる費用

約38万円

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

恵寿総合病院の良い点・オススメポイント

病院が改築してとても綺麗になったので、とても入りやすい。 初産でいろいろ不安もあったが、検査毎に助産師さんが「体調どう?」などいろいろ話を聞いてくださったりして安心してできた。 助産師さん達がみんな親身になってくれてとても安心してお産ができた。 入院中のご飯はどれも美味しくて、母乳にいいものをたくさん出してくれた。

恵寿総合病院を選んだ決め手!

里帰り出産で恵寿総合病院にしました。 私の近くの産婦人科の病院は4つだけでした。 初めは産婦人科のHPや口コミを見たりもしました。 母乳育児の支援やバースプランの希望もいいなと思いました。 私は「カンガルーケア」をずっとしてみたいと思っていて ここではカンガルーケアができると知ったのでこの病院にしました。 昔この病院にかかっていたのもありますが、希望をちゃんと聞いてくれし スタッフの対応もいいと知ったので恵寿総合病院にしました。

恵寿総合病院の改善して欲しいポイント

総合病院で産婦人科だけじゃなくたくさんの科があり患者もたくさんいたから 初めて来たときの説明がわかりづらくて、次にこうしたらいいとかがわからなくて戸惑った。 棟が少し複雑で渡り廊下の階が間違えたり、お見舞いに来てくれた人には初めは少しわからなかった。 産婦人科は大部屋がもう1つくらいあってもいいかなと思った。

恵寿総合病院についてもっと詳しく

以下では、恵寿総合病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科医の先生は優しくて話しやすい方でした。 だけど、先生に帝王切開の相談をしたらとても難しい顔をされたのを覚えてます。 助産師さんはとても親身になってくれて産後不安になったりしたとき 話を聞いてくれたりしてものすごく嬉しかったです。 たくさんケアしてくれてすごく笑顔で入院生活を送れました。 とくに婦長さんが一番好きでした。

院内の設備

大部屋より個室が多かったです。 大部屋は一部屋で7人の部屋で、あとはほとんど個室でした。 個室はテレビや冷蔵庫、エアコンも完備されてて、 産後必要なナプキンもいつも補充してくれました。 私が入った個室は改装されててとても広くて綺麗な個室でした。 固定の机ではなく移動できる机だったので術後自分で好きな様に移動できたので楽でした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

初めて入院したのが、蛋白が+の数値で妊娠高血圧病の疑いがあると言われての検査入院でした。 その時の病院食が、栄養バランスばっちり!これぞまさに病院食!みたいなきっちりした食事だったと思います。 でも味は普通に美味しくて、病院食=まずい。という印象はなくなりました。 その後に羊水過少から出産で入院したときは、検査入院の時とは少しだけ食事が変わりました。 母乳に良い食事で必ずリンゴジュースや牛乳、たくさんの果物などが増えました。 量が結構多かったですけど、母乳が出やすいように量はたくさんでした。 おやつも出てきて、おやつは全部美味しかったです。

私の恵寿総合病院での出産体験談を紹介します!

私の出産は一言でいうなら、難産でした。 予定日を7日過ぎた頃、検診に行ったら 「赤ちゃんは元気だけど、羊水が少なくなっている」と言われ入院することになりました。 入院した夜に微弱だけど陣痛がきました。 でも子宮口は2cmほどしか開いていなくて、 子宮口を広げるバルーンを入れることになりました。 バルーンをいれて4時間後くらいで5cmほどに開きました。 それでも陣痛もまだ微弱で、点滴して 骨盤のレントゲン、心電図などたくさん検査をしました。 総合病院だったので設備は揃っていましたが、場所がさまざまで 車椅子に乗り助産師さんに押されて病院内をぐるぐる回りました。 検査はほとんど問題なしでした。 なんで出てこないんだろう?と思っていたら、赤ちゃんの向きが原因でした。 逆子ではなかったのですが 本来なら赤ちゃんは顔をお母さんのお尻側を向いて産まれてくるのですが 私の赤ちゃんはお腹側を向いていました。 陣痛は少しずつだけど強くなっているけども 全く出てくる気配なく、先生と助産師さんと相談して 促進剤を打っても出てこなかったら帝王切開に決まりました。 主人と実母に付き添ってもらい分娩室へ。 陣痛が始まって3日目の夕方に促進剤が入りました。 促進剤は本当に早く陣痛も本陣痛に変わり、2-3分ごとに痛い痛い痛いと言っていました。 主人と実母が腰をずーっとさすってくれていました。 このときはほとんど痛みで、さすれよ!と命令口調だった気がします。 促進剤を打ってから2時間で子宮口が全開になりました。 それでも赤ちゃんは出てこなくて、30分後に帝王切開と言われました。 助産師さんが服を着替えさせてくれてストレッチャー?に乗せられ 分娩室から手術室に移動しました。 分娩室を出たところに主人と実母が待ってて「いってきますー」と痛いながらそれだけしゃべりました。 移動中はずっと痛くて痛くて柵をぎゅーっとつかんで すぅーはぁーすぅーはぁーと息をして頑張って痛みと闘ってました。 手術室に着いたら、麻酔科の先生がいて 麻酔の説明を丁寧にしてくれました。 手術台に乗せられる前に、いろいろ腕に血圧の付けられたりして いつの間にか裸で大の字の状態になってました。 ちゃんとシートはかぶってましたが、痛みでほんとにいつの間にかって感じでした。 胸から下の麻酔をしてもらい、陣痛がなくなり 出た言葉が「はー楽ー」でした(笑) そして先生達がバタバタしてる中で天井をみて「ドラマみたいだなー」とのんびり思ってました。 それから手術が始まって、麻酔が効いてるから痛みは全く無いのですが 触覚はあるので今メスで切った!が分かりました。 麻酔の先生に「今何してるのかって考えない方がいいよ?」と思っていたこと当てられてしまいました。 手術が始まって10分くらい。 促進剤から約3時間後、20時33分。 「おぎゃーおぎゃー」と元気に産声をあげてでてきてくれました。 声を聞いた瞬間、ぶわっと涙が出てすごく感動しました。 取り上げてもらったときはシートで全然見れなくて少し残念。 すぐに小児科の先生にみてもらって、赤ちゃんがげほげほっと咳き込んで 少し不安に思ったら、羊水を少し飲んでいてそれを吐いたけど大丈夫。とのことだったのでホッとしました。 少し綺麗にしてもらい、やっと初対面です。 見た瞬間また号泣しました。 「やっと会えたね」と泣きながら言えました。 手は動かせたので手を触ると、きゅっと握ってくれて そして目をうっすらあけて私を見てくれました。 抱っこしていた助産師さんが「初めにママ見たねー」と言ってくれてまたまた号泣。 初めてみたわが子は本当に可愛くて会えてとても嬉しかったです。 バースプランは立会い出産でカンガルーケアがしたいと思っていたけど 結局帝王切開という形になり、どっちもできませんでした。 でも元気に産まれてきてくれたというだけで嬉しいです。 今まで点滴も打ったこともなかった私が 出産で陣痛や手術、いろいろな体験をしました。 たくさん自分の経験になり、お世話になった人にたくさん感謝です。 妊娠して出産、とても長かったけど 今子どもがいることがとても幸せです。

恵寿総合病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この恵寿総合病院の体験談・口コミは、10/21/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(218301)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!