国立都城病院の口コミと体験談 宮崎県都城市

国立都城病院」宮崎県都城市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

国立都城病院について

市内にいくつかある個人の産婦人科から 診察時に異常が見られた妊婦の転送先として唯一の総合病院です。 産婦人科病棟は婦人科と小児科と同じ階であり、いろんな患者さんがいるため賑やかです。 私の入院当時は産婦人科医が男性2名だったので担当は決まるけど日々の検診は交代でどちらも診てくれるといったかんじで どちらの先生にも自分の状態を知っていただけていたので安心ではありました。

国立都城病院の基本情報

「国立都城病院」宮崎県都城市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

宮崎県都城市祝吉町5033?1 日豊本線 都城駅 車で5分

出産にかかる費用

36万円

出産の際の分娩の種類や方法

陣痛促進剤・吸引分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医は無 男性医師40代2名(入院当時)

国立都城病院の良い点・オススメポイント

国立の総合病院のため、出産にかかる費用がだいぶ抑えられました。 助産師さんも出産経験のある方ばかりでしたので、初めての出産でナイーブになっていた時も 親身にアドバイスをくださったり、陣痛室でリラックスできるように楽しく会話してくださって助かりました。 産後の豪華な御膳も用意してくださり、総合病院なので無いと思っていたのでとてもうれしかったです。

国立都城病院を選んだ決め手!

市内でも歴史のある個人の産婦人科にお世話になっておりましたが、高血圧症を起こしてしまったので強制的に搬送されました。 症状が治まれば元の産婦人科へと言われましたが、精神的に負担になりそうでしたので、そのまま分娩までお願いしました。 次々と救急で運ばれてくる場所なので、出産が終わったら元の産婦人科へ戻り、退院という運びになるということでしたが、 私の入院時は救急も少なく、このまま退院までいられるとのことでしたので、お願いしました。

国立都城病院の改善して欲しいポイント

助産師さんの数が多く安心できる半面、伝達が不足しているようで、同じ質問を5人くらいからされたこともありました。 テレビも必要ないと伝え、実際に入院中は一切見ていないのですが退院時の会計でしっかりテレビ代を取られていました。 お世話になったので特に指摘はしていませんが残念でした。 退院時も ご勝手にお帰りください という感じであいさつに行ってもそっけなかったのが寂しかったです

国立都城病院についてもっと詳しく

以下では、国立都城病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

男性2名の医師で、データ重視で患者との会話が苦手な笑顔がいびつな先生と 母子の心身に寄り添ってくれる自分のことを語るのが大好きな常に笑顔な先生と、ドラマに出てくるような正反対の二人でしたが連携はしっかりされており、どちらの先生に診てもらっても安心できました。助産師さんも経験豊富な方ばかりでしたので安心でした

院内の設備

総合病院なので産婦人科と婦人科、小児科がワンフロアに凝縮されており、婦人科で入院されてるおばあちゃんとお話したり、夜中にお子さんの泣き叫ぶ声が聞こえてきたりとかなり変わった病院でした。居心地は良かったですが… 個人病院よりは室内のアメニティはすっきりしており装飾もないのでザ・病院です。 出産セットをいただきましたが、古風な色遣いのかばんに古風なタオルやへその緒ケースが入れられており、おもしろかったです

入院時の食事やその他のアクティビティについて

異常症状のある妊婦ばかりだったので薄味の病院食です。 出産後は豪華な御膳が出てきましたが、ながらく病院の薄味小食でいたためすぐにおなかいっぱいになり 味も濃く感じ、もったいないと思いながらも残してしまいました。 エステや産後サービスは一切なく、ひたすら回復を待つ日々でした。赤ちゃん用の部屋もなく 産後すぐから母子 同じ部屋でした

私の国立都城病院での出産体験談を紹介します!

高血圧が続き、妊娠の継続が難しくなったため3週間早く促進剤での出産となりました。 破水から始まり5時間の陣痛のあと1時間半かけて分娩台で頑張りました。 自然陣痛ではないため弱く、いきんではいけないとわかっていてもいきんでしまい、赤ちゃんの脈がだんだんと 弱っていくのを見ながら最善の方法を考えてくださいました。 最後は思いっきりいきんでといわれ、吸引という方法で母子ともに健康に出産ができました 立ち会いは希望していなかったので、分娩室に家族は誰もいれませんでしたが、カーテン一枚で廊下になっており 廊下で待っていた家族に筒抜けで、実母はカーテンの隙間から分娩の一部始終を撮っていたというオチでしたが、 あとから見返すと赤ちゃんの産声が上がった時のその場の空気が一気に緩んだのと、思った以上に自分が痛がっていない ように見えたのが印象的でした(実際にはとても痛くて叫び倒したように思っていたので…)

国立都城病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この国立都城病院の体験談・口コミは、12/10/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(218857)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!