日本赤十字医療センター広尾の口コミと体験談 東京都渋谷区

日本赤十字医療センター広尾」東京都渋谷区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

日本赤十字医療センター広尾について

・NICUがあり、お産に関する緊急時の対応能力が高いと言われている。仮に早産など問題のある出産となった場合でも、後に障害を残さないように最善を尽くしてくれる。 ・高齢出産や双子などのハイリスク出産者が多い。 ・病棟が有り切迫流産、切迫早産、激しいつわりによる栄養失調や過期産などで入院しお産までのケアをしてもらう人も多い。 ・看護師や医師の数が多く、緊急搬送などは全てを受け入れている。

日本赤十字医療センター広尾の基本情報

「日本赤十字医療センター広尾」東京都渋谷区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都渋谷区広尾4-1 渋谷駅からバスで15分 恵比寿駅からバスで10分 広尾駅から徒歩15分

出産にかかる費用

80万円

出産の際の分娩の種類や方法

切迫早産から、自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医有・30~50代数名・優しい、女性ならではの気遣い

日本赤十字医療センター広尾の良い点・オススメポイント

・NICUがあり、お産に関する緊急時の対応能力が高い ・母乳育児に力を入れており、産後に母乳が出やすくなるように看護師が全力でサポートしてくれる。 産後の身体には少々キツいな、と感じる程の熱い指導。母乳育児の必要性などをきちんと説明した上で、母乳が出るようにあらゆる方法でアプローチしてもらえます。おかげで私は完全母乳で育てる事ができました。 ・完全母子同室 産まれてすぐに赤ちゃんが隣にきます。まとまった睡眠を取ることもできないので、体力的にも精神的にも疲労困憊しますが 赤ちゃんの入院中に赤ちゃんのリズムを把握する事ができて、後々とても楽です。

日本赤十字医療センター広尾を選んだ決め手!

・山王病院、愛育病院、都立広尾病院で検討。 ・近隣の山王病院、愛育病院に比べると分娩費用が安かった。 ・家から近かった。 ・愛育病院は移転前でボロボロだったのに比べ、日赤は建て替え後で建物がとてもキレイで警備・セキュリティがしっかりとしていた。 ・NICUがあるので安心だと思った。 ・近隣では安い、都立広尾病院の口コミ評価が低かった。

日本赤十字医療センター広尾の改善して欲しいポイント

・外来(妊婦検診など)、産前、産後で看護師のチームが全く異なる事。 ・情報共有をしてほしい。 お産の前後は医師よりも看護師と関わる事の方が断然多い。そんな中、それぞれのチームでの情報を全く把握していない。 また、同じ病院内なのにチームによって意見が激しく分かれる。 例:切迫早産により入院→病棟の看護師からは35週を過ぎれば早産でもなんの問題もないと言われる→分娩時、分娩室担当の看護師は私の入院時の情報を全く知らない。早産となっても一定の条件を満たしていれば何もなかったようにすぐに隣に赤ちゃんがきて、通常分娩と同じ手当てをしてもらう。→産後病棟に行くと、看護師は私が産前に入院していた事も知らず、“早産だから”と何度も煽りながら慎重に経過観察をしてくれた。”産後は“早産に問題がないというのは間違い”と言われた。

日本赤十字医療センター広尾についてもっと詳しく

以下では、日本赤十字医療センター広尾について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

・医師は優しい方が多く、不安や疑問が残らないように善処してくれる。 入院時は忙しい中でも毎日様子を見に来て、状況を検討してもらえる。異変があった場合にはすばやい対応をしてもらえる。 ・知識が豊富な看護師が多いので心強い。母乳育児に関する指導はとても為になる。 ・事務もしっかりとしていて、きちんとした言葉使いで、わかりやすく対応してもらえる。英語を話せるスタッフがいるので外国人も多い。

院内の設備

・個室有り。個室にはビジネスホテル並みのアメニティが用意されている。 ・追加料金無しの大部屋にはアメニティは一切付いていないので生活に必要なものは全て持参する。 荷物置き用の棚が小さいので荷物はコンパクトにまとめるのがオススメ。 ・有料のコインランドリーがあるので着替えの枚数は少なくても大丈夫。 ・授乳クッション、円座クッションは借りられる。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

・食事は母乳の為に考えられた栄養バランスの良い食事。産前の入院時にはカロリーコントロールされた質素な雰囲気だが、産後は結構なボリューム。 ・お夜食にパンなどを出してもらえるのが嬉しい。 ・無料でアロマフットバスで産後のむくみを取りながら母乳マッサージをしてもらう事ができる。 ・産前の入院時は移動図書、アロママッサージ、ヘアカットなどが無料で受けられ、長期入院になっても飽きないようにケアしてもらえる。

私の日本赤十字医療センター広尾での出産体験談を紹介します!

切迫早産により、一ヶ月間の入院生活を送り、早産でのお産となりました。 予定日よりも一ヶ月も早い出産となったのにも関わらず、何の異常もなく、子供がすくすくと成長しているのは日赤の優秀なスタッフの皆様のおかげだと感じています。 妊婦検診時、『子宮口が短くなっているから入院』と、突然医師に告げられ、一時帰宅も許されぬまま車椅子で病棟のベッドまで運ばれ、すぐに24時間の張り止め点滴治療が開始されました。私のような緊急入院は日赤では毎日起こっており、突然の出来事に気が動転してしまったりして、泣き出してしまう方も多かったのですが、看護師の皆様の適切な説明と、親身になって不安や疑問を聞いてくださる姿勢に救われている人はとても多かったと思います。 また、母乳育児にここまで力を入れている病院は少ないのではないかと思いました。 私自身、もともとは母乳の出はあまりよくなかったのですが、メリットをきちんと説明してもらえたので、初期の少々辛い時期を乗り越えられたのではないかと思いました。

日本赤十字医療センター広尾の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この日本赤十字医療センター広尾の体験談・口コミは、平成26年6月時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(218618)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!