神領マタニティの口コミと体験談 愛知県春日井市

神領マタニティ」愛知県春日井市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

神領マタニティについて

建物はこだわりの無垢材で作られたナチュラルで温かみがあり、病院というよりペンションにきているようなおちついた雰囲気。 医者は男性一人で無口ではあるが、婦人科ということでそれぐらいのほうが気を使わなくて済むといった印象。 無駄な話はしないけれど、質問に対してはしっかり答えてくれるので安心して出産に望むことが出来る。

神領マタニティの基本情報

「神領マタニティ」愛知県春日井市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛知県春日井市堀内町3-7-9 愛知県春日井市神領駅から徒歩5分

出産にかかる費用

50万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

男性医師1人のみ。

神領マタニティの良い点・オススメポイント

ナチュラル思考よりなので、産後も極力母乳で育てることを推進していて、まるで学校に合宿に来ているかのように母乳を吸わせる訓練をしてくれた。助産師さんが交代で夜中も部屋を周り24時間体制で指導をしてくれて、その時は辛くて粉ミルクをあげてくれればいいのに!と思いながらも頑張ったことで、産後家へかえって授乳する日を迎えても、困ることがなかったことは、心からの感謝でいっぱいに。 産後不安定な心で泣き叫ぶ赤ちゃんと一人で向き合うとき、母乳が、出るか出ないかでストレスの大きさが全く違ってくると思うから、一人目の場合にはこういうスタイルを選ぶことはとても大事だと思った。

神領マタニティを選んだ決め手!

まずは、家から近いことが第一条件ではあったが、外観からも感じられる建物の温かい雰囲気とホームページでの院内の雰囲気が、初めて子供を産むのに理想的で安心できるような気がしたこと。 食事がとても美味しいと、評判であったこと。(知り合いも実際に利用して絶賛していた) 広くて綺麗な病室に、夫も泊まることができる環境であることが、決め手。

神領マタニティの改善して欲しいポイント

良い点と隣り合わせではあるけれど、学校のような母乳指導を受ける中で助産師さんの中にはあまりにも厳しく優しさにかける方もみえて、産後の不安定な精神の中で初めての赤ちゃんを抱いて必死にもがきながらの授乳をしているものに対して、ほとんどの助産師すんは優しい方だった中に、少し態度がきつすぎるのでは?と気になることもあった。 結構なお金を払っているのに。。とふと思わされることもあったので、心のケアに対する考えもスタッフの中で統一してくれたら、もっと良くなると思う。

神領マタニティについてもっと詳しく

以下では、神領マタニティについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は無口でそっけないようにも感じられたが、実際は照れ屋なようでこちらから話をすれば十分に答えてくれるので、婦人科としてはそれぐらいがちょうど良いと思う。 看護師の方はみなさんベテランの雰囲気で安心感を与えてくれた。産む、以外は女性スタッフとの関わりがほとんどなので悩みの相談や指導もとても安定感のある対応をしてくれて安心できた。 受付、事務の方はとても明るく仲の良い雰囲気で、気持ちよく通うことができた。

院内の設備

全て個室で、まるでペンションのような暖かく落ち着いた雰囲気の広い個室に、長いソファやシャワー、洗面台もあり夫が止まっても十分な設備で下着以外は何もいらないと言い切れるほど、アメニティは充実していた。 お祝いの料理を夫婦で食べさせてくれるレストランのような部屋まであり、食器も全てノリタケのもので病院にいながら、素敵なお店に来たような気持ちになることができた。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

料理は近所でも評判がよく、実際にどれとでも美味しく、毎回全て待って違うメニューでいろいろな味が楽しめて、毎回食事の時間が待ち遠しい程だった。 エステはなかったけれど、産前のマタニティビクスやヨガなどの教室もいろいろあって、同時期に産む方々とのコミュニケーションの場をつくることができて、初めてのお産の不安や楽しみを分かちあうことができた。

私の神領マタニティでの出産体験談を紹介します!

予定日を2日過ぎた昼ごろ、確実に陣痛だ!と思う痛みがやってきて、だんだん強くなり、必ず自分で電話するように言われていたので、病院に電話すると、とりあえずきてください、とのことなので休みだった夫と車で病院へ。助産師さんに内診してもらい、全然まだまだーー!と言われてしまい、不安なら入院してもいいけど、帰ってもいいよ。と言われ、まだまだだと言われたので帰ることに。 家についてソファに座った瞬間に、破水! それと同時に今までの人生で味わったことのないような痛みが襲い、涙と脂汗で顔がびしょ濡れになり、とても電話なんてできる状態ではなかったので、20分ほど気絶に近い状態で震えていたけれど、なんとか電話して車で再び産院へ。瀕死で陣痛室に歩いて行き、内診の結果は8センチ!よく歩いてたねー頭見えてるよ!と言われる。 その二時間後、無事出産。 正直な話、陣痛よりも会陰切開が死ぬほど痛かった。 麻酔もなしで大きなハサミでジョキン!!思い出しただけで、冷や汗。 そして、産んだ後に麻酔なしで縫い合わせる時の痛み。 初めて対面した我が子との感動よりも、いっそ気を失いたいと心で叫びながら耐えたことは四年経った今でもやはり最大の思い出。 ぜひ、麻酔の有無は確認されることをおすすめします。

神領マタニティの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この神領マタニティの体験談・口コミは、9/7/2010時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(218513)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!