愛媛県立今治病院の口コミと体験談 愛媛県今治市

愛媛県立今治病院」愛媛県今治市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

愛媛県立今治病院について

県の病院なので、特別な事情(切迫など)がある方を優先に受け入れているそうです。何かあればすぐにより大きな病院に運んでもらえるみたいです。入院となれば、ドクターが常勤しているので、安心です。市内では大きい(個人ではないので)安心感があります。出産中に急遽、オペ(帝王切開)でも対応できる病院です。こちらの産婦人科は、妊婦さんだけでなく、不妊治療の専門医や、婦人系の病気にも強いドクターが常勤していました。

愛媛県立今治病院の基本情報

「愛媛県立今治病院」愛媛県今治市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛媛県今治市石井町4-5-5 ・バスで「県病院前」下車 ・今治駅から波止浜方面行きに乗車約10分

出産にかかる費用

約45万

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有り、担当医は40後半くらい、ハキハキと信頼性高い女医さん

愛媛県立今治病院の良い点・オススメポイント

私は、切迫早産で3ヶ月入院をしていましたが、その期間も、胃痛、便秘、皮膚病、と異なる箇所に異常もありましたが、総合病院ということで、すぐに違う科にまわしてもらえましたし、専門医と、婦人科ドクターでの話もしていただけたので、やはりこちらの病院はおすすめです。また、入院の患者も多いため、外来患者も救急できても常、ドクター、看護師さんはいますので、安心です。

愛媛県立今治病院を選んだ決め手!

最終は、妊娠の異常(子宮頸管の長さ)を見つけてくれたドクターでしたので、この病院に決めました。やはり、出産は信頼できる先生がいいので、この病院に決めました。他の病院(2つ)では自宅安静でいいと言われたが、この病院では赤ちゃんを第一に考え、入院してくださいと言われました。ので、よりここの病院がいいと思いました。

愛媛県立今治病院の改善して欲しいポイント

国の持ち物なので仕方ないですが、建物自体が古臭く、怖い感じがあります。入院など特にですが、夜は特に怖いです。 売店なども小さく、商品も少ないです。もっと気分も元気になるような明るい病院だったらなお、いいなと思います。後は、外来患者での診察は看護師、受付ともにバタバタしていて、待ち時間もとてもとても長い。忙しいけど、わからないことも聞ける雰囲気ではないです。

愛媛県立今治病院についてもっと詳しく

以下では、愛媛県立今治病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科の先生は4人いましたが、声が小さく、聞き取れない先生もいました。自分の担当医は、ハキハキと、おっしゃる先生でしたので、私はやりとりしやすかったです。他にも、新人ぽいドクターもいましたが、皆さん丁寧で、良心的でした。看護師さん、受付さんはテキパキ、バタバタ!といしています。なので、質問があっても、聞きにくいです。

院内の設備

にゅう中の個室も少しですがありました。金額も安いと思います。アメニティーは全くありません。全て自分で用意します。パジャマだけは1日100円くらいで借りれたと思います。産後も母子同室(希望者のみ)もありますが、父親しか面会はできません。面会時間も短かったと思います。母子同室も個室ではなく、大部屋の母子同室でした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

入院中の食事は、完全に患者さんのことを考えてでしたので、とても良かったです。普通の妊婦さんでしたら、パスタやデザートなどもありました。(産前食なのでしっかりしていました)私は体重増加がすごかったので、入院食で、おかゆ、薄味でしたが、食事のおかげで、体重管理がしっかりでき、後期は赤ちゃん分しかたいじゅうも増えませんでした。出産後の食事は、少し豪華で、デザートセットも運ばれてきました。個人病院ほどの豪華さは期待できませんが、満足です。

私の愛媛県立今治病院での出産体験談を紹介します!

住居は大阪市です。はじめは大阪の有名な病院に通院していましたが、初出産ですが、助産師さんの対応が業務的で、不安いっぱいになり、地元の病院で出産することに考え直しました。34wで地元に帰り、紹介状を持って診察に行くと、すぐに入院してください!と、車椅子でベッドまで運ばれました。話によると、経管が短く、切迫早産の恐れがあるということでした。おおでのドクターは、普通に安静でいいですとしか言われなかったので、初めて焦りを感じました。ここに来て初めて、切迫早産がどんなものか説明を受けました。それから出産までは点滴を24時間つけたままの入院生活でした。お風呂は調子が良ければ3日に1回でした。点滴をつけたままの状態でお風呂に入る時もありました。トイレ以外はあるくことも禁止、妊娠後期はほとんどベッドで寝たきりの状態でした。37wに入ると、最悪、赤ちゃんもいつ出てきても大丈夫でしょう、ということで、点滴を外しました。陣痛がこないようにするための点滴でしたので、もういつ産まれてもいい状態です。と言われ、赤ちゃんを待ったのを覚えています。 外出も許され、時々歩いたりし、寝たきり状態だったので、自分の体力もつけました! そして点滴外して一週間後、陣痛が始まり、7時間の陣痛後、元気な赤ちゃんが生まれました!

愛媛県立今治病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この愛媛県立今治病院の体験談・口コミは、7/24/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(218510)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!