横浜市立市民病院の口コミと体験談 神奈川県保土ヶ谷区

横浜市立市民病院」神奈川県保土ヶ谷区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

横浜市立市民病院について

先生はみんな流れ作業のような感じです。先生はこていではないので質問の回答もバラバラ。私の初産だったので心配なことが多々ありました。 中でも良い先生は複数人いますが分娩が実際にその先生になるわけではないので不安です(私はたまたま気の合う先生が分娩時の先生だったので、それだけでも だいっぶ落ち着きました)助産師さんのような気さくに相談できる医師を増やしてほしいです。 あと、詳細は不明ですが、同じとことを何度も聞かれていたのできちんと記録に残してほしい。不信感を抱きました。

横浜市立市民病院の基本情報

「横浜市立市民病院」神奈川県保土ヶ谷区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

神奈川県横浜市保土ヶ谷区岡沢町56 【アクセス方法】 横浜駅西口バスターミナル6番乗り場から 市営バス87系統(市民病院循環)の乗車。(およそ15分)バス停「市民病院前」下車すぐ。

出産にかかる費用

48万円

出産の際の分娩の種類や方法

径膣分娩。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医→有。 複数数いますが年齢は平均とっても若めです。

横浜市立市民病院の良い点・オススメポイント

経過問題ないと、後半に助産師外来があります(普通の診察ですが医師ではなく助産師さんがエコーをみたり相談にのったりしてくれます) 待ち時間はほぼなし。医師の診察よりもきちんと時間をとってくれているので、ゆっくり相談などができました。 助産師さんは経産婦さんが比較的に多いので、話を聞いてるだけでゲンキになるし、勉強になるのでおすすめです。

横浜市立市民病院を選んだ決め手!

自宅から近い所が希望でした。しかし。自宅から近いところは個人病院でした。やはり初めての妊娠でわからない事ばかりだし不安が大きいので遠くても大きい病院にしようと思いました。万が一、定期健診を近所の病院にしたとき、何かあったときの搬送先の受け入れがされず赤チャンの命を守ることができなかった時の不安を考慮しての答えです。

横浜市立市民病院の改善して欲しいポイント

助産師外来のように丁寧えなくても、医師の診察のときはもう少し丁寧におこなってほしいです。問題なく順調に育っている妊婦でも初産だと、やはり知らないことだらけだし、不安いっぱいです。 なので、順調であっても不安なことや相談にもう少し親身に相談にのってほしいです。あと、しきりに近所の産婦人科への定期健診へ流そうとしつこく言うのはやめてほしい。(自分で考えての結果なのだから)

横浜市立市民病院についてもっと詳しく

以下では、横浜市立市民病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

助産師さんは定期健診のときから皆感じよかったし、助産師外来もとても参考になるもにのでした(エコー写真もらえるし)医師は急がしそうでなかなかゆっくり話すこlとはできませんでしたが、最後数回、お世話おになった関口先生はとても感じよかったし、検診の説明も安心して聞けました。先生のこていにできない事が残念です。 入院中の助産師さんは外来担当より、さらに皆感じよかったしアットホームで楽しい入院生活を送ることができました。 事務員さんにかんしては、いつ行ってもてきぱきしてるし、基本的に不明で確認している時間もなく、入院中の手続きもスムーズにいったのがとってもよかったです。

院内の設備

個室に関しては、入院中は普通であれば6人部屋です。母子同室なので他のアカチャンが騒いでることもあり、自分のアカチャンが夜中に騒ぎだしても あまり気にならないです。お互いさまって感じですね。 設備に関しては、ファミリーマートが24時間営業でやってます(地下)その間は、助産師さんがアカチャンを預かってくれるので、いつでもコンビニにいけるのはありがたいです。 また、思いとおりに母乳が出ないと予想外に哺乳瓶などが必要になる可能性があります。 そいの場合。最上階(だったと思う)に販売しています(母乳パッドなども)また、その販売に関しては宅配してくれるので巡回の際に購入すると長時間のエレベーター待ちから開放されます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は普通です。おやつがるので楽しみのひとつでした。産後、何日目かで豪華なご飯がでます。(お祝いで)それが自分はうれしかったです。(ほぼ食べれませんでした) 栄養バランス考えながらも、とってもオイシイごはんです。 エステはありません。ただ、生後1ヶ月の検診のときに、同じ月例の出産したママさんと知り合う機会があります。

私の横浜市立市民病院での出産体験談を紹介します!

先に破水してしまい陣痛が後追いでくる状態でした。 金曜日のせいか助産師さんはあまりおらず。だいぶ放置(後から知りましたが先の破水すると感染を防ぐためあまり子宮口の確認はしないそうです)でした。13時間の陣痛えでやっと子宮口全開。分娩代まで頑張って歩き。。。15分ほどで生まれました。 あまりの痛みに自分は記憶がありませんが、主人いわく、無理無理!!、と叫び、諦めていたそうです(笑) 記憶がないので、人間は痛みのあまりお記憶をなくいす事があるんだなぁをしみじみ思いました。 でも、無事に生まれて感動しました。 たまたま分娩でとりあげてくれた先生が自分のお気に入りの先生だったのでうれしかったです。 あとから助産師さんに聞いた話ですが、へその緒が首にまかっていて、赤ちゃんはそうとう頑張ったんだとか。。。 普通は帝王切開になるそうです。娘は頑張って自力で出てきてくれたことに感動しました。

横浜市立市民病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この横浜市立市民病院の体験談・口コミは、11/7/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(219372)

「横浜市立市民病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!