東京衛生病院の口コミと体験談 東京都杉並区天沼

東京衛生病院」東京都杉並区天沼 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

東京衛生病院について

計画分娩・無痛分娩が有名な病院です。 日本の中で5本の指に入るといわれているベテラン医師もいらっしゃいます。 スタッフも多く、授乳のケアも手厚いです。 妊婦さん揃って思うことが、「出産時の痛み・・・」赤ちゃんと合えるのが楽しみな反面、今日ふっももちろんあると思います。 それが取り除かれるのですから、とてもありがたいです! 精神的にもどれだけ救われたか・・・。

東京衛生病院の基本情報

「東京衛生病院」東京都杉並区天沼 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒167-0032 東京都杉並区天沼3-17-3 03-3392-6151 JR中央線・地下鉄丸の内線 荻窪駅北口より徒歩7分

出産にかかる費用

48万円。

出産の際の分娩の種類や方法

計画分娩(無痛分娩)

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有。 30前半くらいから50代まで。

東京衛生病院の良い点・オススメポイント

ドクターは忙しそうにしていますが、女医さんたちは待ち時間の間も休ませてくれたりと、妊婦さんの身になって対応してくれます。 やはり計画分娩ができるため、出産の日時を選択でき、家族の都合も合わせることができるので最高です! 検査や出産の処置の技術も丁寧で、体への負担も少なくて済みました! ただ、出産時の痛みがなかった分、後陣痛が痛かった(笑)

東京衛生病院を選んだ決め手!

やはり、計画分娩・無痛分娩ができることから選びました。 私は痛みに弱いので、出産の痛みが怖くて怖くてプレッシャーになっていました。 ですがこの病院を見つけて、不安が一気になくなりました。 実際に出産してみても思ったのですが、本当に一切痛みがないのです! これで、2人目もここで生もう!と決めました。 ストレス、一切ありません。

東京衛生病院の改善して欲しいポイント

人気の病院だけあって、待ち時間がとても長いです・・・。 予約時間に行ったとしても3時間近く待ったこともあります。 そのせいか、お腹が張り、2人目は切迫早産になってしまいました。 (ですがそれはそれできちんとした処置や対策をとってくれたので安心できました。) 妊婦さんに3時間待ちはとてもきついです。 なので早朝に行くのが望ましいと思います。

東京衛生病院についてもっと詳しく

以下では、東京衛生病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

ドクターは、検診や分娩で忙しく走り回っています。 とにかく人気の病院なので、女医さんたちも、質問や相談で引っ張りだこです。 ですが、看護婦さんは結構な人数がいるため、余裕を持って接してくれます。 待ち時間に疲れるためやすませてくれ、お水をくださいなど、いろいろ対応してくれました。 対応は、医師、看護師、事務ともに丁寧です!

院内の設備

個室はありますが、ちょっともったいない気がします。 大部屋と比べると料金が高く・・・余裕がある人はいいと思います! 院内のアメニティは、バスタオル・パジャマ、毎日清潔なものに交換してくれます。 とてもいいです。 シャンプーやリンス、ボディーソープなどの細々したものは持参となります。 スリッパも持参だったような・・・貸してはくれると思います。 ドライヤーやめんぼうはありあました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

菜食主義の院です。 お魚・お肉は一切出ません。 ですが、グルテンを使ったり、ソイソーセージが出たり、工夫されていて、少しも不満には思いませんでした。 味付けもよく、ソイ食品といっても歯ごたえもあり、お肉といっても分からないほど! 産後のママには、毎日フルーツ・スイーツバイキングが楽しめるといった特典付きです!!!

私の東京衛生病院での出産体験談を紹介します!

ここで2人出産しました。 出産の痛みが怖かった私のストレスやプレッシャーを全て取り除いてくれました。 出産前日に、背中から麻酔を入れるための注射をするのですが、注射の痛みを消すための麻酔の注射をしてくれるので、痛くありません。 その後、麻酔が効くかのテストをするため一度麻酔を入れます。 (私はばっちりきいていました!) 麻酔が入ると、腰から下がスーっとヒンヤリ、気持ちよくなり眠ってしまいそうです。 麻酔が入っている間に処置室に運ばれ、子宮口をゆっくり開くための処置をします(ラミナリア挿入!海草でできていて、水分を吸収して拡張し、子宮口を広げるもの)。痛くありません! それから麻酔をいったん切り、翌日の分娩に備えて子宮口をゆっくり開きます。 (1日かけてゆっくり開いていくので、夜中じゅう生理通のような痛みが続きますが、眠れます) 翌日、内診をして、再度麻酔をかけます。 ラミナリアを抜き、子宮口がどれくらい開いているか内診で調べます。 子宮口の開き次第で、陣痛促進剤を投入。 一人目はなかなか開かなかったため、麻酔を切って開くまで待ちました。(先生が子宮口をマッサージしながらじょじょに開いていくのですが、少々いために耐えます、でも生理通くらい。痛ければ言うと麻酔してくれます。むりしないでOK!) 2人目は朝からラミナリアを抜いた時点で子宮口8センチ! 麻酔を続けて分娩室に運ばれ、すぐ分娩にいたりました! 看護婦さんがお腹をぎゅっぎゅっと強く押して、赤ちゃんを押し出してくれますが、後にあざになっていました(笑) でもその助けがあるのとないのでは、分娩のスピードも違っていたと思います。 一人目はとくに初産なので、出てきにくかったので・・・。 痛みですが、まったくありません! 頑張っていきむだけ! むしろ楽しいです! 変な話ですが、分娩が楽しく、リラックスしていました!余裕があったので、赤ちゃんに向かって「頑張ってでておいで!」t応援を送りました。 冷静に、出産することの素晴らしさに浸り、感動する余裕さえありました。 生まれてきたときも、9ヶ月お腹にいたベビーの姿を見て感動が止まりませんでした。 嬉しかった・・・そして、出産って素晴らしいな!と実感しました。 ただ、後陣痛は麻酔なしなので、痛かった・・・(笑)

東京衛生病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この東京衛生病院の体験談・口コミは、平成22年9月3日  平成24年6月14日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(220452)

「東京衛生病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!