山田産婦人科の口コミと体験談 愛知県西尾市

山田産婦人科」愛知県西尾市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

山田産婦人科について

産婦人科

母乳育児を推進しているBFHです。日中はとにかく看護師さん、助産師さん含むスタッフが多く入院中は熱心に授乳指導してもらえます。ブラジル人を初めとする外国人の方が多数受診しており、ポルトガル語を話せるスタッフが2名ほどいます。会陰切開はしない方針です。出産した直後から母子同室で、授乳からオムツ替えまでほとんど自分でこなさなければなりません。

山田産婦人科の基本情報

「山田産婦人科」愛知県西尾市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛知県西尾市若松町38 名鉄西尾線西尾口駅から徒歩3分ほどです。

出産にかかる費用

お金

約51万5千円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

常駐の女医さんはいません。

山田産婦人科の良い点・オススメポイント

看護師 

助産師さん、看護師さんがたくさんいること。夜間はスタッフが少ないですが、日中なら授乳の度に部屋まで来てくれるか、授乳室で指導をしてくれます。あと、入院中の食事がとてもおいしいです。いわゆる病院食のようではないです。入院する部屋がすべて個室なので、赤ちゃんが夜中に泣いてもあまり気になりません。隣の部屋から赤ちゃんの泣き声など聞こえてきますが、全然うるさくありませんでした。

山田産婦人科を選んだ決め手!

西尾市で出産のできる産院はここしかなかったので選択肢はほぼありませんでした。自宅から徒歩10分だったので悩む必要もありませんでした。一つだけ悩んだのは里帰り出産するかしないか、という点でした。しかし、実家が産院から遠いので、もし実家で産気づいた場合、すぐに産院に迎えるか不安だったので自宅から近くの産院で出産することに決めました。出産した後里帰りしました。

山田産婦人科の改善して欲しいポイント

哺乳瓶

あまりないですが、あえて挙げるとすれば夜間のスタッフを増員してほしい。日中はすごくたくさんスタッフさんが揃っているのに、夜間は助産師さん2人になってしまうので、もしお産が入ったりするとなかなか呼んでも来てもらえなかったりします。母乳育児推進の産院なので、哺乳瓶は産院で直母練習用のものを購入しなくてはならないのも、少し面倒かもしれません。

山田産婦人科についてもっと詳しく

以下では、山田産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

医者

先生は2人います。初期の段階を診察する先生(経膣エコー)と、中期以降(経腹エコー)を診察する先生と分かれていました。後者が院長先生です。お二人とも優しい先生ですが、産院が混みあい忙しいと、あまり何も言ってくれません。流れ作業のような診察になることがあります。もちろんそれは異常がない証拠なのですが、少し寂しく感じることもありました。看護師さん、助産師さんはとても親切です。助産師外来が2回ありますので、男性の先生には聞きにくいようなことをたくさん質問しました。事務スタッフさんも感じの言い方ばかりです。

院内の設備

すべて個室です。普通の部屋は1泊6000円で、個室すべてにトイレがついています。少しお高い部屋は、シャワールームもついています。私は普通の部屋に入院しましたが十分すぎるくらい快適でした。付き添いの人が横になれるくらいのソファもあるので、お産が深夜まで及んでも立ち合う人が休む場所もあります。毛布などはないので、泊まるのであれば持参する必要があります。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は本当においしくて、食べきれないくらいの量が出てきます。アレルギーなどある人はメニューを考慮してくれます。産後4日目にお祝い膳が出ます。母乳がたくさん出るように、1.5人前くらいの量を出しているそうです。なんとなくですが、卵料理はあまり出てきません。ですが、揚げ物や乳製品も出てきますので、母乳に良いものだけ出てくるというわけでもないようです。

私の山田産婦人科での出産体験談を紹介します!

シェア

産気づいて産院に連絡し、入院セットを持っていきました。内診してもらうと、赤ちゃんがすぐそこまで下りてきていたので即入院決定でした。そこから出産を終えるまでは13時間かかりました。最初は陣痛室でNSTをつけて陣痛の波を確認します。私は陣痛の進みが穏やかだったので入院する個室に途中で移動し様子を見ました。その後、再び陣痛室でNSTをつけながら3分間隔くらいの陣痛が来たくらいで夕ご飯が出てきました。陣痛の痛みの合間に食べます。半分くらいしか食べられませんでしたが、少しは食べておかないと体力が持ちません。陣痛が本格的になってきたところで破水して、子宮口が8センチ開いたところで分娩室に移動しました。午前1時に分娩室にあがり、2時31分に出産しました。会陰が3か所ほど裂けたので院長先生に縫ってもらいます。麻酔を患部に直接打ちました。赤ちゃんは助産師さんが取り上げてくれます。院長先生はお産の現場には立ち合いませんでした。お産が終わった後、会陰を縫うために駆けつけてきたという感じでした。出産直後から母子同室で、授乳、オムツ替えは自分でやります。沐浴は助産師さんがしてくれます。授乳指導は退院してもしばらく無料でしてもらえます。

山田産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この山田産婦人科の体験談・口コミは、10/31/2011時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(220842)

「山田産婦人科」「西尾」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!