日本赤十字社和歌山医療センターの口コミと体験談 和歌山県和歌山市

日本赤十字社和歌山医療センター」和歌山県和歌山市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

日本赤十字社和歌山医療センターについて

日赤は総合病院なので、色んな科があるので何かあった時に安心なので、選びました。 総合病院なので、待ち時間は何においても比較的長めです。 まず初心手続きから始まりお会計まで初めての時は3 時間から4時間ほどかかりました。 妊婦さんには少し負担があるかもしれません。 ただまだ改装されて日が立たないので、きれいな病院です。 駐車場がすぐ満員になり、少し遠い駐車場に停めないといけないときもあって、妊婦ママさんと1人目のお子さんなどがいらっしゃるとすこし大変かもしれません。

日本赤十字社和歌山医療センターの基本情報

「日本赤十字社和歌山医療センター」和歌山県和歌山市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

〒640-8558 和歌山市小松原通四丁目20番地 TEL.073-422-4171(代表)

出産にかかる費用

約45万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんはいます。サバサバしていて男っぽい方でした。

日本赤十字社和歌山医療センターの良い点・オススメポイント

オススメポイントはやはり綺麗な病院ということと、病院内にいろんな科があるので安心ということです。 麻酔科だったり内科だったり小児科だったり。 あと病院内に売店や和歌山ではあまり見かけないタリーズというカフェが入っています。大学で東京に4年間住んでいた私はタリーズが大好きなので、しょっちゅう利用していました。

日本赤十字社和歌山医療センターを選んだ決め手!

1人目ということもあり、いくつかの産院を検討せずに決めてしまったので、後悔しました。 2人目は別の個人病院で産もうと今から決めています。 最終的にここでよかったと思うことは、先生に恵まれたことと安心感です。 毎度毎度の待ち時間や出産後の子どもの一ヶ月検診や母乳外来も大きな病院ということもあり待ち時間が長くて赤ちゃん連れにはとても辛い経験でした。

日本赤十字社和歌山医療センターの改善して欲しいポイント

お食事です。産後で一番栄養をつけないといけない時期に病院食だったのにはがっかりでした。お祝い膳を振舞ってもらえるのですが、お味もボリュームもいまいちです。毎回苦痛で食欲がわきませんでした。 あとミルクを勧めてくることです。 いろんな雑誌やテレビなどメディアで母乳育児を推奨されている中、ミルクを推奨してきたことには驚きでした。私は完全母乳と決めていたのでとても根気がいりました。完全母乳で育てられたいと願っている方にはあまりオススメできません。

日本赤十字社和歌山医療センターについてもっと詳しく

以下では、日本赤十字社和歌山医療センターについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

大きな病院ということもあり、看護師さんや助産師さんがたくさんいるので、入院期間中も同じ助産師さんに対応してもらうことが少なく毎日違う顔ぶれでした。 先生はとても丁寧かつスピーディな方と出会えて感謝していたのですが、途中静岡県の病院に異動になってしまい、それからは毎回コロコロ変わり、妊娠後期ということもあり不安が尽きなかったです。

院内の設備

シャワーの時間は決まっていて2つしかなかったです。アメニティはありませんでした。 個室はありますが…いっぱいで私は希望をだしてましたが結局五日間入れず退院となりました。 結局個室でなくてもよかったかなとは思いますが、同じお部屋に切迫早産で入院されている方や妊娠をしていなくて婦人科系の病気で手術を控えられてる方もいらして…赤ちゃんを部屋に連れてくるのに気がひけたりもしました。もう少しその辺は配慮してほしいです。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は先ほども書きましたが、病院食です。 エステなどはありませんでした。 母親学級というものがあり、妊娠中にオススメするお食事だったり、出産までの生活アドバイスなどとても勉強になりました。 私は出産一ヶ月前まで働いていたこともありなかなかヨガなどには参加できませんでしたが、マタニティヨガを実施していました。 行かれた妊婦さんのお話によるととても好評でした。

私の日本赤十字社和歌山医療センターでの出産体験談を紹介します!

破水からの入院、出産で助産師さんたちには難産と言われたほど、長い戦いでした。 私の友人は個人病院で出産したのですが、同じように難産で長期戦だったにもかかわらず、1人の助産師さんがずっとついていてくれたそうです。 その反面わたしは立ち代わり入れ代わりで。。引き継ぎがきちんとなされていなくて陣痛のいたみやバルーンのいたみで体力的にきていた私はイラっとする場面が何度かありました。 元気な我が子に会えて全て忘れましたが、やはり大きな病院は助産師さんの数もそれなりにいるのでできれば個人病院でみんなが顔見知り!!ってくらいにアットホームな環境が私には合っていたのではないかなと後から感じました。2人目はそんな病院を探したいと思います。

日本赤十字社和歌山医療センターの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この日本赤十字社和歌山医療センターの体験談・口コミは、7/10/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(220244)

「日本赤十字社和歌山医療センター」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧