老木クリニックの口コミと体験談 大阪府和泉市いぶき野

老木クリニック」大阪府和泉市いぶき野 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

老木クリニックについて

病院はとても綺麗で、入院中の食事もとても美味しく、エステもありました。初めての出産だったので、綺麗な病院で出産したいという思いで、この病院で出産しました。

人気があるので、診察の待ち時間が長い。予約ありで3時間待つのは当たり前でした。 先生は神経質な感じの先生で、私は最後までうちとける事ができませんでした。

人気の病院だけあり、たくさんの人が通っていて、ここで産んで良かったという人と、良くなかったという人と意見がわかれる病院だと思います。

老木クリニックの基本情報

産婦人科

「老木クリニック」大阪府和泉市いぶき野 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

大阪府和泉市いぶき野1?1?11 公共交通機関では、和泉中央駅 南海バス「4番のりば」から「和泉府中駅行」に乗車、バス停「いぶき野1丁目」下車すぐ

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩でしたが、血圧が高くなり、吸引分娩になりました。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは1人いました。30代でさばさばした感じの先生でした。

老木クリニックの良い点・オススメポイント

産婦人科

綺麗。トイレも診察室も待合室もアロマの良い香りがし、癒しの音楽が流れているので、とても優雅な気持ちになります。バンビーにという託児室もあり、上の子も預かってくれます。

バンビーニでは、保育士さんが子供を見てくれ、また市の病後保育の施設ともなっているので、安心して子供を預ける事ができると思います。 入院中の病室もキレイで、個室には風呂トイレ付、食事もおいしく、ホテルのように快適にすごせました。

老木クリニックを選んだ決め手!

初めての出産だったので、綺麗な病院で産みたかったから。

産後もエステもあったり、出産中もイルカの映像を見ながらできるとか、食事もおいしいと聞いていたし、テレビで見るような施設にあこがれ、そして、妊娠する前から、ホームページを見て、出産するならここでしたいなぁと思っていたから。

建物も安藤忠雄設計によるもので、大阪南部とは思えないセレブな施設だと思ったから。

老木クリニックの改善して欲しいポイント

産婦人科

待ち時間が長い。前の人が出てきて、すぐよばれるかと思ってもなかなか呼んでくれない。 入院中は、夜の看護師さんが少なすぎる。

看護師さん一人助産師さん一人しかいないので、ナースコールをしても、分娩中だったりすると全然きてくれない。産後頭痛がひどく、夜中に頭が割れるように痛くてナースコールをしても、ちょっと待ってといわれ、なかなか来てくれませんでした。

老木クリニックについてもっと詳しく

産婦人科

以下では、老木クリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は神経質そうで、最後まで打ち解けることができなかった。笑顔で話しながら診察室から出てくる妊婦さんもいたが、いったいどうしたらそんな風に接する事ができるのか?私には全然わからなかった。

看護師さんやスタッフさんは、綺麗で優しかったと思います。病室の看護師さんは、忙しそうで、なんだか余裕がなさそうでした。

院内の設備

個室あります。個室は、シャワーとトイレがついているので、入院中は、部屋から1歩も出ないで過ごすことも出来そうです。 診察室のトイレは、アロマのとってもいい香りがしました。

病院・病室ともにとても清潔感のある綺麗な病院でした。 人気の病院のわりに、病室がすくなく、私の1週間前に出産した友人は、託児室で1夜雑魚寝させられたと行っていました。

今はもう一つ新しいクリニックもできているので、病室の数の問題は解決されているかもしれません

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はとても美味しかった。血圧が高かったので、減塩料理だったみたいだけど、とても美味しかった。

エステもしてもらったけど、病室が埋まっていたからか、物置のような部屋でエステをしてもらったので、全然優雅な気持ちにはならなかった。

私が入院してた部屋にはなぜか窓がなかったので、おむつのバケツからの匂いがとても気になりました。

私の老木クリニックでの出産体験談を紹介します!

産婦人科

陣痛の間隔が短くなってきたので、病院に電話すると「もう耐えられないってくらい痛くなったらきてください」といわれる。当時、ちょうどワールドカップの開催中だったので、試合の時間で陣痛の間隔を計りながら過ごす。

間隔が5分くらいになったけど、絶対耐えれないって痛みではないので、まだ家でいると、「パン!」という音がし、破水したので、急いで病院に行く。

分娩がすすむにつれて、首の上のあたりの頭が痛くなってくる。助産師さんに伝えると、血圧が180近くまで上がっていて、血圧上昇による頭痛ということで、血圧を下げる薬を点滴をしてもらう。

反対の手には血圧計をつけての出産。陣痛がおさまると頭痛がくるというように、陣痛と頭痛が交互にやってくる。「お母さん もう生まれるよ?」という声のあと、先生がやってきた。

夜中ということもあり、院長ではない当直の先生が登場。切開されるもなかなかでてこない。血圧が高いこともあり、吸引分娩になる。吸引器で2~3回引っ張られ、かわいいわが子がでてきました。

老木クリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。

そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この老木クリニックの体験談・口コミは、6/27/2010時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(222101)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!