済生会滋賀病院の口コミと体験談 滋賀県栗東市

「済生会滋賀病院」滋賀県栗東市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

済生会滋賀病院について

大きな病院で待ち時間はすこし掛かりますが、思っていたよりもスムーズに受診できました。 建物自体がキレイで明るく、通路も広いので病院にネガティブイメージしかなかった私ですが、全く嫌な感じはしませんでした。 私は、他の産婦人科からの転院で利用することになったのですが、実際に行くまでは「他の病気の方と同じ空間で待ったりするのは気を遣うし嫌だなあ」と思っていたのですが、各科の前にちゃんと待合が作られていることと、産科・婦人科の待合は奥まっていて他の患者さんはもちろん、通路などから見えにくくなっていて男性の目が気になることもありませんでした。 ただ、基本的に紹介での受診となるようで、かかりつけ医になれない病院だと説明されました。

済生会滋賀病院の基本情報

「済生会滋賀病院」滋賀県栗東市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

滋賀県栗東市大橋2丁目4ー1 最寄り駅からバスかタクシー

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開手術

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんばかりです。20代の先生もいて、とても相談しやすかったです。

済生会滋賀病院の良い点・オススメポイント

総合病院でありながらも、産婦人科の待合席は他の科を受信する人たちから見えないようになっていて安心感があること、女性医師が多くて診察も丁寧に話をしてくださるので話しやすく聞きやすいです。 事前の検診では助産師・看護師の片が診察前に対応してくれるのですが、この時点でもしっかり話を聞いてくれるので伝えるのが苦手な方も安心です。

済生会滋賀病院を選んだ決め手!

元々、違う産院で出産予定でしたが未熟児であることと切迫早産の傾向であることが理由で転院となりました。 元々行っていた産院の先生が好きだったので、突然の転院は不安でしたが「僕の仲間もたくさんいて、とてもいい先生がたくさんいます。安心して任せて大丈夫です」と言われ安心して向かいました。 実際に担当の先生にお会いして、同年代のとても話やすい先生だったのでここで出産をするという覚悟ができました。

済生会滋賀病院の改善して欲しいポイント

患者さんが多くて診察が丁寧な分、待ち時間は長めです。逆を返せば、混み合っているからと言ってあっさり診察終わり、なんてことはないのですが。 お昼に行くことが多かったのですが、ご飯を食べずに行くとそのままお昼ご飯を食べるタイミングを逃しておやつ時、ということが多々ありました。 上のお子さんを連れての受診は、お昼ご飯を食べてくるか、館内のコンビニで買っておくなどの準備が必要かもしれません。

済生会滋賀病院についてもっと詳しく

以下では、済生会滋賀病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

転院してすぐに切迫早産で入院の必要があると告げられた時に、初めての妊娠だったのもあって不安で言葉が出なかったのですが、不安な気持ちを察してくれて一旦お薬での自宅安静で様子を見ましょうと時間を頂けたので、家に帰り夫と話し合う時間を持てました。 その後入院になったのですが、看護師さんも手続きをする事務の方も不安な気持ちに寄り添ってくれて、とても心強かったです。

院内の設備

出産前は基本的に4人相部屋ですが、キレイでそんなに狭い感じはしませんでした。 出産後の個室は来客用のソファもあり大きめのお部屋でとても落ち着けました。 館内の売店も、ローソンがそのまま入っており必要なものはたいていここで買い揃えられます。総合病院によくある狭くて暗い売店とは違い、見やすく歩きやすいのが嬉しかったです。 入院中、外の生活と同じように買い物ができるというのが良い気分転換になりました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は想像していたのと違い、量は多くボリューミーで味もおだしがよく効いているので薄味という感じはありませんでした。どんな食品でも、美味しい料理が出てきて満足です。ただ、お茶は湯呑み一杯分しかないので、ふだんから食事の際よく飲み物を飲む習慣のあるわたしは自販機などで買ったお茶やお水などをたして飲んでいました。

私の済生会滋賀病院での出産体験談を紹介します!

妊娠前から周辺の産婦人科を調べたりして、とても気に入るところの産婦人科へ通院していたのですが、後期に入って胎児が小さいこと、骨盤位の逆子であり、切迫早産の疑いがあることが理由で小児科のある済生会病院へ転院することになりました。 元々通っていたところで、産後の過ごし方などのレクチャーを受けた後のことですごく不安にもなりましたが、先生にやさしく後押しされ向かいました。 最初に診察に行った際、細かく検査をし、今までの産院では対応できないとされた理由、赤ちゃんの現在の状態、これからの出産のはなしなどたくさんのことを、丁寧に分かるように説明をしてくれました。 その中で、転院となったことを「より安心して出産できるように、ここに来たので何かが悪いということではないです。一緒に頑張って赤ちゃんを産みましょう」と言っていただけて不安な気持ちを前向きに切り替えることが出来ました。 私は、どちらかというと同性の方が話すのは苦手なのですが、同世代の若い先生が友達のようにやさしく話してくれて、こちらも不安な気持ちやわからないことを素直に話すことが出来ました。 検診後、自宅に帰った後に出血があり再度病院へ向かい検査をしてもらった際に担当外の先生しかおらず、そのまま入院になってしまったのですが、お昼休憩のあとで病室まで来て状況の説明やこれからのこと等をわかりやすく話してくれました。 手術も初めて、出産もはじめて不安いっぱいの中、気持ちを落ち着けるように話を聞いてくれ、勇気づけてくれたので最後まで乗り切ることが出来ました。 本当に感謝の気持ちしかありません。

済生会滋賀病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この済生会滋賀病院の体験談・口コミは、12/24/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(222783)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧