石田病院(Ishida Wemen's hospital)の口コミと体験談 大阪府枚方市

石田病院(Ishida Wemen's hospital)」大阪府枚方市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

石田病院(Ishida Wemen's hospital)について

枚方の老舗と言われる、人気の病院です。病院としては、出産が育児の過程に過ぎないので、そこがゴールではなく、生まれた後にスムーズに育児をしていけるためにサポートすることが大切だという理念でされています。実際、検診の時には、現在のベビーの状況や成長過程の様子を毎回詳しく丁寧に教えて下さり、また、マタニティーヨガ、両親学級、育児サークルなどもされています。始めて病院に行った日には、助産師外来で助産師さんから不安なことなどを直接聞いていただき、困ったことをいつでも相談しようという気持ちになれる病院です。

石田病院(Ishida Wemen's hospital)の基本情報

電車

「石田病院(Ishida Wemen's hospital)」大阪府枚方市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

大阪府枚方市岡東町15-25 京阪電車枚方市駅南口より徒歩3分、南口より駅に背を向けて右に直進、枚方信用金庫が過度にある道に入り、さらに直進50mで右に見える病院。

出産にかかる費用

50万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩(経膣分娩)

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有 副医院長が女医さんで30代、元気で明るく患者さんおもいの先生です。

石田病院(Ishida Wemen's hospital)の良い点・オススメポイント

スタッフ

スタッフの方々の丁寧さが一番かなと思います。医院長先生の丁寧な説明や笑顔、副医院長先生の、ご自身の出産体験や励ましなど、いつも検診のたびに不安なことを解消することができ、出産まで安心して通うことができました。また、両親学級でも出産の準備、その後のことを丁寧に教えていただき、病棟見学もできて安心でした。 また、アクセスの良さもオススメです。枚方市駅からすぐのところにあるので検診に通いやすく助かりました。

石田病院(Ishida Wemen's hospital)を選んだ決め手!

家から近い産婦人科というのが条件でしたので、検討したのは2件です。決めてはスタッフの丁寧な対応、周りからの評判、両親学級などの充実といった点でした。石田病院は助産師さんがベテランの方が多く、とても親切で頼りになる方々が多かったので(特に看護師長さん)安心して通えたという点が一番だったかなと思います。

石田病院(Ishida Wemen's hospital)の改善して欲しいポイント

birth

病棟にエレベーターがなかったことです。ただ、6月末より目の前の新しい病院に移転するそうで、そこにはエレベーターがあるので、解決されると思います。 入院中、母子同室の病院でしたので、出産翌日からベビーと一緒に過ごします。カンガルーケアと行って、ベビーん発達にはとてもいいことですし、育児に慣れるという意味でも良かったのですが、産後の疲れと頻回な授乳でほとんど眠れず、また自分の入院部屋で24時間一緒にいるというのは、なかなか体力のいることでした。先に他の病院で出産していた友人などに、『退院したら眠れなくなるから、入院中にしっかり休んでね』と言われていましたが。全く眠れずでした。(もちろん辛ければ新生児室で預かってもらえます。ただ、頑張らなければならないような気持ちになってしまったのです。) もう一点、入院中の面会制限です。ベビーへの感染を防ぐということで、理解できるのですが、生まれた子の父、兄弟、祖父母のみ面会が許されていました。私としては、私の姉妹(生まれた子の叔父叔母)もこれたらよいのにと思いました。

石田病院(Ishida Wemen's hospital)についてもっと詳しく

スタッフ

以下では、石田病院(Ishida Wemen's hospital)について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

ベテランでいつの笑顔の医院長先生、いつも患者さんの立場に立って話を聞いてくれる元気な副医院長先生、優しく親切な助産師さん方、とてもよかったです。事務スタッフの方々は、普通でしたが、出産に関する手続き等でいろいろと伺った時には、丁寧に説明していただき、ありがたかったです。また、石田病院には整体の先生も出入りされており、産後の肩こり腰痛などでもお世話になり、よかったです。

院内の設備

入院部屋は、個室と3人部屋の2種類でした。部屋には、歯ブラシ、髪留めのゴム、シャンプーリンス、スリッパ、授乳クッションが用意されていました。設備としては、部屋の中にはベッド、洗面台、テレビ(見放題)、クローゼットがあります。シャワー室はひとつで予約制でした。 お産に関するグッズは、入院前に、お産セットとして購入するので、入院時にはパジャマと産褥ショーツがあれば他は病院が用意してくれます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

エステはありません。食事はバランスが完璧で、家庭料理風です。和食が中心ですが、カレーうどんが出たりもしました。献立やメニューの一部がホームページにも載っています。産後ということもあると思いますが、量はかなり多かったように思いました。入院中には沐浴指導、調乳指導、退院指導など、毎日なにかしら行事があって、スムーズに退院後の生活ができるように色々と教えていただきました。また産後ヨガがあり、気持ちよかったです!

私の石田病院(Ishida Wemen's hospital)での出産体験談を紹介します!

新生児

予定日になっても全く生まれる気配がなく、予定日を一週間過ぎたところで、陣痛促進剤を提案されました。まずは錠剤のものからで、それでもダメなら点滴のものをということで、徒弟日から9日経って錠剤の促進剤を飲みました。その日は一日病院で過ごすのですが、頻繁に看護師さんがようすを見に来てくれました。夕方になっても変化がなかったため一旦帰宅。帰宅後すぐに陣痛が来て結局病院にとんぼ返りしました。そこから陣痛室にて9時間程陣痛と戦い、(痛くてあまり覚えていませんが)そろそろ分娩室へと言われ移動してから1時間でするんと生まれました。当初、3000gくらいで生まれるだろうと言われていたのですが、出てきてみたら2600gの小ぶりなベビーでした。生まれてすぐに分娩台で抱っこさせてもらい、そのまま初めての授乳(約1時間飲み続けました)をしました。分娩室に入ってからはあれよあれよ言う間に生まれたので、スーパー安産だと助産師さんに言われる始末でした。

石田病院(Ishida Wemen's hospital)の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この石田病院(Ishida Wemen's hospital)の体験談・口コミは、2015年3月14日午前5時20分時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(222714)

「石田病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!