静岡赤十字病院の口コミと体験談 静岡県静岡市葵区追手町

静岡赤十字病院」静岡県静岡市葵区追手町 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

静岡赤十字病院について

「赤ちゃん産むならここ!」ということと、体重管理が厳しいと有名みたいです。(私は10kg以上太って怒られました。)総合病院ということもあって医師、助産師、看護師が多いです。

たくさんいてもよそよそしかったりすることはなく、とてもフレンドリーに話しかけてくれました。産前・産後のケア(講習やママ同士の交流会など)が充実しています。

静岡赤十字病院の基本情報

新生児

「静岡赤十字病院」静岡県静岡市葵区追手町 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

静岡県静岡市葵区追手町8?2 JR静岡駅から徒歩15分、バス5分 バスはJR静岡駅北口バス乗り場、10番乗り場(県立病院高松線)・16番乗り場(大浜麻機線・中原池ヶ谷線)から出ていて、下車バス停は【中町(日赤病院前)】です。

病院の駐車場だけでなく、契約駐車場も多数あり、3時間の割引をしてくれるのでとても助かりました。

出産にかかる費用

約43万

出産の際の分娩の種類や方法

促進分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは何人かいます。私の担当医は30代前半くらいのとても優しい先生でした。

静岡赤十字病院の良い点・オススメポイント

新生児

 産前はママだけの講習やパパと一緒に受ける講習が複数あって、パパ同士も交流する場があったのがよかったです。また、産後には同じ月に初めて赤ちゃんを産んだママたちとの交流会があって、新生児期特有の不安だったり、家族との関わりだったりを相談することができました。

病院での交流会が終わった後も定期的に会っています。同じ悩みを共有できたり、情報を交換できたりするだけでなく、ちょっと外に出ておしゃべりするだけですごく気分がリフレッシュできます。  産後のママ同士の交流会というのはあまり聞いたことがありませんでした。

私は年齢が低めで病院では他のママたちに話しかけることができなかったので、こういう場を病院が用意してくれたことでママ友ができて、とてもよかったです。

静岡赤十字病院を選んだ決め手!

産院は初め3つで検討していました。最初に通っていた病院ではお産は数年前にやめてしまったと聞いて、残りの2つでの検討になりました。

実家と旦那さんの家からの距離、赤十字病院で出産した知り合いが複数いることと、母から「産むならここ!」だと言われて決めました。個人病院だと医師や助産師との相性がいいかどうか不安だったというのもあります。

静岡赤十字病院の改善して欲しいポイント

新生児

大きい病院なのでしょうがないのですが、待ち時間が長いのが大変でした。9時、10時ごろの予約だと終わるのは11時、12時ころ。診察に加えて助産師さんと体重管理の方法だとか出産に向けての準備だとかの面談をしているとさらに1時間かかります。

あまり変わらないのですが、予約時間を過ぎるともっと長く時間がかかるような気がしました。毎回の検査もあったので、できるだけ早く病院につくようにしていました。(30分前くらい)

静岡赤十字病院についてもっと詳しく

新生児

以下では、静岡赤十字病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

みなさん淡々と業務をこなしているのですが、その中でも優しく、フレンドリーに声をかけてくれました。入院している期間は1週間もなく短いのですが、私や赤ちゃんのことを覚えていてくれて、1か月検診のときには特に顔を見に来てくれました。

患者さんの人数もスタッフさんたちの人数も多いので、私のことなんか覚えていなくて当たり前と思っていたのでとても嬉しかったです。

院内の設備

個室は4つくらいありそうでした。  アメニティは特にありません。おふろセットなどは自分で用意します。薬や赤ちゃんのおむつなどは必要な分だけくれます。  

シャワールームはひとつで、30分毎の予約制でした。当日の朝に予約するのですが、面会などの予定があるときは早めに都合の良い時間に予約して、とくに予定がないときはゆっくり行って、空いている時間に入っていました。

特別きれいだというわけでもなくふつうのシャワールームでした。シャワールームの横に洗面所と洗濯場がありました。洗濯機もそんなにたくさんなかったです。

私は洗濯物は家族に頼んでいたので使いませんでした。  大部屋にも洗面台がひとつついています。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

入院中に1食、お祝い膳が出ました。その他の食事も意外とおいしくて、どんぶりいっぱいのご飯を食べきることも多かったです。また、これも入院中に1回、助産師さんがアロママッサージをしてくれました。  

個人病院ではもっと充実していたかもしれませんが、アクティビティなどは特に何もなかったです。でもアロママッサージなんかも「えっ、そんなことしてくれるの!?」と、私はびっくりしました。

私の静岡赤十字病院での出産体験談を紹介します!

出産

予定日を前に破水してしまったのですが、産科の電話に出た方の落ち着いた誘導でこちらも慌てることなく病院に行きました。自然分娩を希望していたせいか、できるだけ自然に陣痛が来るのを待ちました。

24時間経って赤ちゃんの細菌感染が心配になってくるところで、点滴による陣痛の促進が始まりました。夕方になって内診を受けたところ、まだ入り口が十分に開かず、今日中に来るかどうか…と話していたところで、急に入り口が開きました。

寝転がったのが効いたみたいです。旦那さんに急いで家族に連絡してもらいました。助産師さんたちが慌ただしくなってすぐ、産科の先生が来てくれました。

力みたいかどうか聞かれて、「力みたい」と答えるとすぐ分娩室に車いすで運ばれました。先生や助産師さん何人かに囲まれて、応援されました。「上手!」と言ってくれていたのですがいきみが足りなかったらしく、最後はおなかを押されて、同時に赤ちゃんの頭を引っ張って生みました。  

立ち合いを希望していたのに、旦那さんは赤ちゃんを産んだ直後に助産師さんに呼ばれて登場。言葉が出ないようでした。本当に産んですぐ、そのままの赤ちゃんをだっこしたかったのですが、妊娠中から病気が見つかっていたのでだっこする前に小児科に連れて行かれてしまいした。

それがなかったら希望は叶えられていたと思います。  破水からはだいぶ時間がかかりましたが、陣痛が始まってからは5時間くらいでした。

静岡赤十字病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。

そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この静岡赤十字病院の体験談・口コミは、8/17/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(224070)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!