産婦人科コンチェルトの口コミと体験談 東京都日野市

産婦人科コンチェルト」東京都日野市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

産婦人科コンチェルトについて

どうやら漫画家の内田春菊さんが懇意にしている先生みたいです。雰囲気はフレンドリーな感じで、先生はいつも笑顔でにこにこしています。個人院で、コンパクトな感じで清潔感もあります。1階は診察室と待合室。2階は診察室・分娩室・陣痛室・入院室・入院者のランチルームがあります。一般的なパパママクラスがありますが、内容は本当に基礎的なことでした。助産師さんは本当に親身になってくださり、いろいろ相談に乗ってくれたりかなり気にかけてくださいます。スタッフの方どなたも気持ちの良い挨拶をしてくださいますし、気持ちよく検診・出産ができます。また、USBメディアを持っていくと、エコー動画を有料でもらえます。

産婦人科コンチェルトの基本情報

「産婦人科コンチェルト」東京都日野市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都日野市日野2949-4 JR中央線日野駅から徒歩約15分

出産にかかる費用

約80万円

出産の際の分娩の種類や方法

通常分娩予定から緊急帝王切開に

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有・20代後半・少しセカセカ感じの方

産婦人科コンチェルトの良い点・オススメポイント

個人の病院で、面会時間など多少の融通が利くので大変助かりました。また特に母乳育児に力を入れている感じでもなく、その点は無理に母乳にしたくないと考えている人にはいいと思います。助産師さんのアドバイスがとても的確で、安心して入院生活を送れます。また、母子同室・別室を選べること、別室の場合夜中の授乳はしなくてもよいこと(ミルクを看護士さんがあげてくれます)など、お母さんのケアを中心に考えてくれます。やはり人によっては産後すぐの夜中の授乳は体力的にも厳しい人もいますし、私のように帝王切開の場合は、術後のケアは大切なので助かりました。

産婦人科コンチェルトを選んだ決め手!

3つほど検討しました。最終的に選んだ理由は、家から徒歩圏内だったことです。また個人院で全体的にコンパクトな感じで看護士さんの雰囲気が良かったのは好印象でした。仕事をしていたこともあり、検診は基本的に土曜日になることなどを考えると、他の産院にした場合、車は道が混むし、駅までは徒歩で遠い、徒歩で行けるのは魅力的でした。また、里帰り出産ではなかったので少しでも近いほうが何かと便利だと思ったからです。実際、出産時は破水からだったので、産院が近くて本当に良かったと思いました。

産婦人科コンチェルトの改善して欲しいポイント

入院の際に「分娩用のパジャマなどのセットは病院側で用意があります」と説明があり病院のものを使用しましたが、退院時に明細を見たらしっかり料金に入っていました。あんな高い金額のセットを結果購入する形になるなら、要らないというのが正直な感想です。料金に入っているのなら、初めからそう説明する方が親切です。母乳育児にそこまで力を入れていないので、逆にマッサージの仕方などはこちらから質問しないと教えてもらえなかったりします。母乳外来もないので、提携があるといいと思いました。

産婦人科コンチェルトについてもっと詳しく

以下では、産婦人科コンチェルトについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は当時4名いました。院長先生は本当に、いつもニコニコ笑顔です。笑顔すぎてちょっと引きます。他の先生はとても感じがよく、質問には細かく答えてくれます。ただ、女医さんはちょっとキツイというか、女医さん独特の雰囲気がありました。まだ若い先生だったのでかなり気を張っているのだなという感じでした。看護士さんは本当に本当にいい方ばかりでした。不安を取り除くようにさりげなくサポートしてくださいます。事務の方は、怖そうな雰囲気だと最初は思いましたが、接してみると普通に優しかったです。

院内の設備

個室は狭いところから広いところまで3種類あり、相部屋もあります。狭い個室は本当に狭いです。広い個室には洗面もついていますが、狭いほうはありません。お手洗いは共同で、シャワールームは2つあり空いていれば入ってOKでした。基本的に食事は入院者が一緒にですが、帝王切開後だったり、家族が来ていたりすると融通してもらえます。ヘアブラシ・スリッパ等は入院時にもらえます(結果有料でしたが)。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は祝い膳のフレンチがありましたが、結構不評でした。そのせいか、院長の意向で祝い膳とは別で豪華な中華膳の日がありました。こちらはかなり好評でした。その他食事は美味しく、嫌いなものやアレルギー対応してもらえます。退院前にはエステサービスがあり、これは本当にありがとう!という気持ちになります。ただ、エステする部屋は診察室なのですが。

私の産婦人科コンチェルトでの出産体験談を紹介します!

出産予定日を数十分過ぎた夜中に破水。すぐに病院に電話をし、身支度を整え入院しました。その後、微弱陣痛が始まりましたが、なかなか本陣痛が来ないまま24時間経過しました。そして、出産日を迎えるのですが、その日の朝からやっと陣痛が本格的になり、何とか普通分娩ができそうな雰囲気でした。しかし、それでもなかなか子宮口が開かず、子供も降りてこずの状態が続きました。そんな中で、何回目かの検温で私の体温が少し上昇していました。破水後の体温上昇は感染症の可能性があるとのことで、院長からやんわりと帝王切開を勧められました(実際には帝王切開とは言われてませんが、そういう誘導でした)。私も子供が無事生まれてくることが最優先だと考えたので、帝王切開をお願いしました。緊急帝王切開です。陣痛が来ている中、手術の承諾書にサインして、旦那に電話してと大変でした。そして、院長の説明から30分足らずで分娩室へ。体がむくんでいるためなかなか麻酔が定まらず、怖かったですが、助産師さんがずっと手を握ってくれていました。その後は、なぜか女医さんが執刀。経験のためらしいです。結構院長に怒られながら私のおなかを切ってました。でも、おなかの子を取り上げたのは院長でした。最終的に院長の「あ、(赤ちゃん)意外におりてた」と、ボソッと言う声が聞こえましたが、まぁ、そこは今更!という感じです。娘は無事生まれてきてくれて、私も無事でした。ちなみに、子宮筋腫が少しあったようで、院長は私の子宮を持ち上げて旦那に見せてました。びっくりです。

産婦人科コンチェルトの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この産婦人科コンチェルトの体験談・口コミは、8/8/2010時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(224066)

「産婦人科コンチェルト」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!