日本医科大学附属病院 産婦人科の口コミと体験談 東京都文京区

日本医科大学附属病院 産婦人科」東京都文京区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

日本医科大学附属病院 産婦人科について

病院でも、産前.産後の母親学級などもしっかりしてくださいました。産まれてからは、布おむつ使用します。入浴時は子供を預かってくださって、その他は母児同室です。お産の前に、お母さんのどういったお産をしたいかなど、紙に書いて提出します。 助産師の資格を持っている看護師さんで、産後の心配なことなど、しんみに聞いて下さります。

日本医科大学附属病院 産婦人科の基本情報

「日本医科大学附属病院 産婦人科」東京都文京区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都文京区千駄木1-1-5 千代田線千駄木駅下車、徒歩10分

出産にかかる費用

48万円

出産の際の分娩の種類や方法

正常分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん有 担当の先生は男性でしたが、雰囲気は良かった

日本医科大学附属病院 産婦人科の良い点・オススメポイント

私は、麻酔のアレルギーがあり、近くの産院でこちらでは何かのときに対応出来ないので…と、4件ぐらい断られましたが、こちらの大学病院では、受け入れて下さいました。 やはり、私には、たくさんの医師や助産師さんがいて、何かあったときにも対応できる施設の設備が整っていることが、とても安心してお産を迎えることができたと思います。

日本医科大学附属病院 産婦人科を選んだ決め手!

他の産院を4件回りましたが、私がキシロカインという麻酔のお薬にアレルギーがあり、何かあったときに対応出来ないので、とことわれたので、やはり大きな病院が良いかと思いました。最後に行った産院の先生がこの大学病院の先生だったこともあり、大学病院の事を詳しく教えてくださって、何かあったときにも対応できることがわかったので、決めました。

日本医科大学附属病院 産婦人科の改善して欲しいポイント

布おむつは、レンタルで洗ってあるとはいえ、やはり初めは少し抵抗がありました。 オムツが濡れるとすぐに泣くので、紙おむつよりも、汚れたことがすぐにわかりますが、お母さんは休めないと思います。(自分の子供だけでなく、やはり同室のお子さんも泣く頻度が多いので) 紙おむつと布おむつの両方使いたい方を、選べたら良かったなと思いました。

日本医科大学附属病院 産婦人科についてもっと詳しく

以下では、日本医科大学附属病院 産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

事務は、他の病気できている方と会計の場所が一緒なので少し風邪などもらってしまわないかなど、心配でしたが、産婦人科の先生や、看護師さんは助産師の資格を持っており、とても優しく安心できる施設でした。 退院後も、何かあったら、こちらに電話して下さいねと、直通の連絡先も教えてくださって、初めてのお産で、帰ったあとも心配なく過ごせました。

院内の設備

常時、麻酔科医もいるので緊急の帝王切開にも対応できる施設でした。個室もあり、個室は別料金だったと思います。(私は大部屋を選びましたので、個室の詳しい金額は忘れてしまいましたが…) 院内で行う母親学級の時に、個室が空いており、部屋を見ましたが、大部屋とは壁紙も違って可愛いお部屋でした。 個室以外にも、一通り施設の設備の見学をさせて下さいました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

お祝い食はありましたが、特にエステなどはありませんでした。 しかし、母乳がよく出るように、乳房のマッサージケアはしていただけたので、とっても良かったです。 おかげさまで、母乳だけで子育てすることができました。 食事は和食中心でとてもバランス良く、母乳にもとても良さそうでした。とっても美味しい食事でした。母乳の人にも安心な、乳腺炎などおこしにくいようなおやつも病院で考えて下さり、いつもおやつが楽しみでした。

私の日本医科大学附属病院 産婦人科での出産体験談を紹介します!

初めてのお産で、不安だらけだったのですが、いざ陣痛が始まっても、軽い陣痛のうちに、食事をとっておくことや、破水してなければ、入浴など済ませておくことなどあらかじめ教えてくださっていたので、落ち着いて行動できました。ゼリータイプの飲み物なども持って来るといいよと教えてくれて、持っていって正解でした。いざ病院へいってからも、子宮口が開くまで時間がかかったのですが、痛みに耐える良い方法を教えてくださったり、ずっと一緒に着いて腰をマッサージしてくださいました。不安になっても、大丈夫ですよ?順調な証拠ですよ。と声をかけてくださって、マッサージしていてくれたので、実際の時間よりも短く感じました。分娩だいに乗ってからも、たくさんの助産師さんがいてくださり、励ましてくれてとても元気がでて、おかげさまで、とても安産で産むことができました。助産師さんがとても上手に介助してくださいましたので、切開せず、亀裂も入ることなく済みました。

日本医科大学附属病院 産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この日本医科大学附属病院 産婦人科の体験談・口コミは、4/20/2010時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(223835)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!