滞納者相次ぐ給食費問題!3ヶ月未納で給食停止通知後、支払い急増?!

近年、学校の給食費滞納問題が話題になっていますが、中でも「払えるのに払わない」という未納者の増加が注目を集めています。この事実に対し、埼玉県北本市内4つの中学校は「3ヶ月未納が続いた場合、給食を提供しない」と発表。実施は7月からを予定しており、未納額が膨らんだことによる苦肉の策だと公表しています。

払えるのに払わない?給食費の滞納問題に埼玉県北本市が動いた

近年増加が問題視されている「給食費の滞納」。中でも注目されているのが、「払えるのに払わない」という家庭の増加とか。

この調査を受け、埼玉県北本市立にある中学校4校は、2015年6月。

「3ヶ月未納が続いた場合、給食を提供しない」とする通知を各家庭に発送。

すると、該当する保護者43人のうち40人が支払いの意思を示したといいます。

なぜこの政策に出たのか

市の教育委員会によると、生徒1人あたりの給食費は月に4500円ですべてが材料費として回収すべき金額。

ですが、2015年4月~6月までの3ヶ月分の未納額は58万にものぼっているそうなんです。

各家庭の担任が家庭訪問などで給食費の納付を求めてはきたものの、市の抱える未納全体額はおよそ180万円にもなっていたとのこと。

ついには7月分の食材購入も危ぶまれる状況となり、苦肉の策だったと公表しています。

通知後、保護者の対応は?

市内4校の校長会によって、3ヶ月間未納が続く家庭の保護者43名には生徒にお弁当を持たせるよう求めるよう通知。

加えて、『有料』なものを手に入れる場合、相当額の支払いをするというのは社会のルールです。と記載したそう。

すると、40名の保護者が実際に納付・または「納付する」という意思を示したということです。

北本市教育委員会の見解は?

該当するどの家庭にも、生活保護を受給している・給食費を負担しなくてよいという例はなかったようです。

また、家庭から学校に相談が寄せられることもなかったため、教育委員会は

いずれも支払うだけの資力があると考えられる 出典: www.asahi.com

とコメント。また、残る3家庭についても「一部でも納付してもらうよう努力する」と説明しています。

世間の声は賛否両論

これらの報道を受け、ネットでは様々な声が。

子供がどんな思いをするか想像できないのか

全国自治体の調査によると、未納者からは「払えるけど他にも払ってない人がいるので払わなかった」という回答もあったとか。

保護者へのペナルティが子供に振りかかるのでは

「給食費が払えないならお弁当」と言葉では簡単に言えますが、この対処が最善の策かは疑問です。

同じ教室内にそういった環境があれば、当人も周りの子供も様々な事を感じ取るでしょう…

支払うべきお金を踏み倒して良いわけがない

社会では支払うべきものはきちんと払うのがルール。

最低限のルールも守れないようならそれなりの対処は必要、という声も多くありました。

そもそも「給食費」の費用についてはこのままでいいの?

給食費の滞納も支払いが難しい、という家庭も決してゼロではありません。

先日の所沢市の育休者への退園を進めるといった件にしても…安心して子育てができる環境への政策をもっと進めて欲しいと願うばかりです。

育休中は上の子は保育園退園!所沢市の新制度にママたちから非難の声

関連記事:

育休中は上の子は保育園退園!所沢市の新制度にママたちから非難の声

2人目の出産で親が育休を取った場合、今まで保育園に預けていた0~2歳の子供…

行政の援助や支援のサービスを知らない、という人もいるのでは?

給食費の滞納自体問題はありますが「払えなかった」という場合ももちろんあるでしょう。

今回の北本市教育委員会の報告では、支払いが困難と相談してくる家庭はいなかったそうですが

「言えなかった」という可能性も考えられますよね。

子供の為にも。また、「払えるのに払わない」と思われる前に学校に相談を

今回の問題は埼玉県北本市だけでなく全国各自治体でも同様の政策が起用されうるといえます。

しかし調べていくと、「払えないけど言えなかった」「援助制度があることを知らなかった」といった声も。

生活保護や、就学援助制度の受給資格があるにも関わらず申請を行っていない。そんな家庭がある背景には、就学援助制度などの説明をより十分に周知する必要があるのかもしれません。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!