子供たちを救いたい!児童虐待の通報番号が3ケタに変わったワケ

今まで10桁の番号だった児童虐待相談ダイヤルが、電話しやすいように3桁に。児童虐待:相談ダイヤル「189」7月1日運用開始悲しいことに虐待によって失われる命や、虐待がきっかけとなった事件が後を絶たない。

7月1日から児童虐待の通報番号が「189」に

NPO法人児童虐待防止全国ネットワークによると、虐待による死亡事例は年間50件を超え、1週間に1人の子供が命を落としているとされています。

そんな虐待から子供を救うための対策のひとつとして、2015年7月1日から「児童相談所全国共通ダイヤル」の番号が「189(いちはやく)」の3ケタに変更されます。

児童相談所全国共通ダイヤルとは、児童虐待などの通報や相談を24時間受けつけている電話番号で、最寄りの窓口につながり、児童相談所の専門家が対応するものです。

小児救急電話相談を知って緊急時に備えよう!

関連記事:

小児救急電話相談を知って緊急時に備えよう!

こんなときはどうしよう!緊急を必要とするような症状や休日の急な高熱をは…

10ケタから3ケタに変わったのはなぜ?

今までは0570で始まる10ケタの電話番号だった児童相談所全国共通ダイヤル。

今回3ケタに変更されたのは、電話番号を覚えやすくすることで相談や通報を促し、少しでも虐待を減らしたいという狙いがあったためです。

また緊急時に電話を掛けやすいのも、3ケタの番号のメリットです。

親からの相談も受けつける

「189」は通報のためだけの電話番号ではありません。

親からの「つい子どもに当たってしまう」「これは虐待だろうか?」などの相談も匿名ででき、相談内容は外部に漏れることはないそうです。

最寄りの児童相談所につながる

「189」に電話をかけると最寄りの児童相談所につながります。

固定電話の場合は自動で市外局番を読み取り、携帯電話の場合は、郵便番号の入力か、音声ガイダンスに従って都道府県の番号を入力する必要があります。

また、「119」や「110」とは違って通話料金が発生します。

一方、課題も…

今回の電話番号変更に伴い、電話を受ける側の人員体勢の不足が指摘されています。

厚生労働省が2014年におこなった調査によると、50箇所(全体の24%)の児童相談所で、夜間や休日の電話対応を守衛などの相談業務に関係のない人が行っていました。

そのため同省は今年度から、夜間や休日に電話対応する非常勤職員の人件費補助を増やしましたが、要員不足が解消できるのかははっきりとしていません。

自分の子供以外にも目を向けてみて

子育て中は自分の子供だけでなく、他の家庭の子供にも目を向けやすい時期。

もしも「虐待かな?」と思うことがあれば、注意深く観察し、必要だと感じた時は「189」に相談してみてください。

「虐待」「通報」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!