やっぱり牛乳とご飯はミスマッチ?給食の牛乳を取りやめる学校が登場!

子供時代、給食で出る牛乳とご飯の組み合わせに違和感を感じたことはありませんか?新潟県三条市が「ご飯の給食牛乳は合わない」として、2015年9月から給食牛乳を出すのを取りやめる方針を発表しました。給食牛乳取りやめに至った理由と、この問題をきっかけにツイッターに寄せられた牛乳に関する思い出をまとめました。

「ご飯と合わない!」給食の牛乳が取りやめに

給食で出る牛乳とご飯の組み合わせに、ちょっと違和感を感じたことはありませんでしたか?

新潟県三条市は「ご飯の給食に牛乳は合わない」として、2015年9月から給食で牛乳を出すことをやめると発表し話題になっています。

18歳から選挙が可能に!小学校で行われているユニークな模擬選挙とは?

関連記事:

18歳から選挙が可能に!小学校で行われているユニークな模擬選挙とは?

各メディアで大々的に報道されている選挙法改正のニュース。「若者の声がよ…

なぜ牛乳が取りやめになったの?

コメどころである新潟県三条市は、小中学校の給食でパンや麺類を出すのをやめ、地元の米を使ったご飯を出す「完全米飯給食」を7年前から実施しています。

それに伴い「ご飯の給食に牛乳は合わない」という理由で牛乳の提供を廃止するかどうかの検討も進めてきました。

その結果、牛乳の代わりに大豆や煮干し粉を使えば、成長に必要なカルシウムが摂れるとして、今回の牛乳取りやめに踏み切りました。

小中学校を管轄する文部科学省によると、牛乳のない学校給食を実施する例は初めてだといいます。

牛乳だけを飲む時間、「ドリンクタイム」が作られる

一方で、牛乳なしでカルシウムの摂取量を保つメニューを作り続けるには限界があることも明らかになりました。

そこで三条市は、給食とは別の時間に「ドリンクタイム」と呼ばれる牛乳を飲むための時間を作り、牛乳を提供することにしました。

結局は飲むことになった牛乳。そもそも学校で牛乳を飲む習慣はいつからできたのでしょうか?

給食と牛乳の歴史

学校給食が全国で始まったのは昭和20年代。終戦直後で食糧が不足する中、家庭だけでは不足しがちな子供たちの栄養を補うためです。

この時期、給食で提供されていたのは「脱脂粉乳」でしたが、カルシウムなどを補える栄養源として牛乳に注目が集まり、昭和40年代には牛乳が学校給食の定番になったそうです。

ツイッターでは、牛乳の思い出に関するつぶやきが!

三条市の「牛乳取りやめ」発表をきっかけに、ツイッターでは学校給食の牛乳に感する思い出をつぶやく人が続出しました。

牛乳とご飯のミスマッチ、当時から感じてた!

やはり昔から牛乳とご飯の組み合わせに疑問を持っていた人は多いようです。

無理して飲んで大変なことになる子もいたっけ…

昔は厳しかった給食の「お残し」。毎日出てくる牛乳が嫌いな子は、給食の時間が憂鬱だったに違いありません。

早飲み競争とかあったよね?

男子がやっていた牛乳の早のみ競争。

3回に1回くらい盛大に吹き出して、周りをビショビショにしていた記憶があります^^;

若い世代だけが知っている「ミルメイク」

牛乳に入れるとコーヒー牛乳やイチゴミルクが作れる「ミルメイク」。

これは革命でした!

昭和世代だけがしっているビンの牛乳…

ただでさえ重い牛乳ですが、ビンに入っていると凄まじい重さに…

滞納者相次ぐ給食費問題!3ヶ月未納で給食停止通知後、支払い急増?!

関連記事:

滞納者相次ぐ給食費問題!3ヶ月未納で給食停止通知後、支払い急増?!

近年、学校の給食費滞納問題が話題になっていますが、中でも「払えるのに払…

給食事情は時代によってかわる

ママたちが子供の頃に比べると少しずつ変わってきている学校給食。

今回の牛乳取りやめの他にも、東京足立区の給食はおいしさが評判になり本まで出版されています。

子供たちの体の成長や、食に関する知識をサポートする役割を果たし続けるため、時代に合わせてさまざまな改良が繰り返されているようです。

「牛乳」「給食」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!