家を買う時の夫婦喧嘩!住宅購入の際のあるあるまとめ 場所や両親の意見など

夢に見るマイホーム!購入するタイミングや物件はそれぞれ。いくら仲良しの夫婦でも意見が食い違う事もあります。特に女性はこだわりたいポイントがたくさんあるので、男性とのこだわりポイントのズレや価値感で揉めるようですね。そんな夫婦喧嘩あるあるをまとめてみました!!あるある〜わかるわかる〜と共感してみてください!

住宅購入のあるある紹介します☆

建売、注文、それぞれに共通するものとしないものとありますが、よくある喧嘩の原因はなんでしょうか?!住宅購入のあるある話をご紹介します!

家を買う前に住まい給付金を知ろう!申請方法って?

関連記事:

家を買う前に住まい給付金を知ろう!申請方法って?

消費税が上がると住宅の購入はとても負担になりますね。でもその負担を軽減…

こだわるポイント

マイホーム

私は男なのでどうしても『構造・工法・使用する部材』にこだわりましたが、家内は『価格・間取り・外観』でした。
どうしても『何か』にこだわると『価格や間取り』に反映さえることが多いので、よく『金』の事で言いいましたし、これからも言い合うでしょう 出典: okwave.jp

このように、どちらを優先するかでまず喧嘩になります。女性は、1日のほとんどを家で過ごしますし、家事も育児も家でするので、使い勝手のいい間取りや動線。

外観はお友達がきても恥ずかしくないスタイリッシュな外観。水回りは使いやすいほうがいい!など、一生過ごす家なんだからと目に見えるところにこだわりたいんですよね!!!男性は反対に、家の芯部にこだわりたいのでしょうか。

施工主の選択

住宅 購入

昨年から土地探しを始め、ビルダーも地元工務店とハウスメーカーの2社に絞ったんですが、自分と家内の考え方が合いません。
自分としては、工務店で本当の意味でのこだわりの注文住宅を建てたいと考えていますが、
家内はインテリアコーディネーターなどが携わってくれることと、大手で建てるという「ステイタス」から、ハウスメーカーで建てることを望んでいます。 出典: www.e-kodate.com

工務店か大手のハウスメーカーか、これで購入や内装の揉め事以前に、初期段階での喧嘩をされている方も目立ちます。確かに両方のメリット・デメリットがあるので、一概にどちらがいいとは言えないですよね☆

大手だとある程度は任せれるところもありますが、工務店はみっちり一緒にやりきるといった感じでしょうか。

場所の問題

間取りなどはすきにさせてもらえますが、場所で揉めてる。
旦那が三交替だから、会社の近くに住みたいと思ってる私と私の実家近くに住みたいと思ってる旦那。
お互い譲らなくて…。
解決するまでは買わない予定。 出典: mamastar.jp

これもとても多くありますね!会社に近かったり、通勤に便利なところに住みたい夫と、実家近くで、子供の教育・育児環境のいいところに住みたい妻。

どちらも大事な事ですが、優先するのはどちらかを決めるには、お互いの妥協が必要かもしれませんね!!

求めるものが違う

けんか

男女では、住宅に対する考え方が全く違います。奥様はキッチンの使いやすさだったり、キッチンからリビングにかけての移動のしやすさ、洗濯物をベランダに干すまでの動線の良さなどを重視します。一方旦那様はご自身の部屋があるかどうか、マンションまで車で簡単に移動することが出来るか、リビングがくつろげるだけの広さがあるかなどを重視される傾向などがあります。
出典: housmart.com

間取りやこだわりのほかに多かったのは、旦那さんの”部屋”があるかどうか。仕事柄、書斎や仕事部屋がいる場合を除いても、せっかく自分の家を建てるんだから自分の部屋が欲しい!!と駄々を股熱旦那さんも少なくありません。

母親は、自分の部屋なんてない!リビングしか居場所がないのに何を言ってるの?!と喧嘩になるようですね☆奥さんの動線やこだわりを聞くかわりに、一部屋俺にくれ!これをどう考えるかは夫婦それぞれです。

両親の意見

これは、ライター自身の親族内で起こった夫婦喧嘩なのですが、”旦那さんのご両親の意見が強く、一方的に頭金出すし、ここにしなさいよ!”と勝手に話を進めて建売物件を購入してしまった。

というものです。

両親の善意、資金援助はとてもありがいものですし感謝するべきところなのですが、両親(旦那さんの)が介入しすぎて喧嘩になるパターンが多いようですね!!

結局、間取りも問題だらけ、愛着が湧かない、ローンの返済等の事でさらに喧嘩になり、売却して引っ越しました^^;

どちらにも短所長所が☆

話し合い

注文住宅も建売住宅も、どちらにも一長一短あります。

購入するとなると、高い買い物をしてひとまずは一生を見据えて住む家ですから、お互いの意見が一致するまで話し合いたいですね!

お互いの譲歩が何れにしても必要になりそうです♡

この大きな山を乗り越えて、さらに仲良し夫婦・家族になりますように☆

「家」「買う」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!