匿名の男性から児童養護施設の子供達へプレゼント「笑顔になってほしい」

2015年7月7日、愛知県碧南市に100万円のふるさと納税(ふるさと応援寄付金)をした男性が、納税の特典としてプレゼントされる遊園地やホテルのランチといった施設サービスチケットを市内の児童養護施設の子供達に寄贈しました。ふるさと納税がこうした子供達への支援として贈られるのはこれが初めて。一体どんな男性からなのでしょうか。

100万円をふるさと納税した男性。特典を児童養護施設の子供達にプレゼント

愛知県碧南市の会社経営者の男性から、児童養護施設の子供達へのプレゼントが話題になっています。

市内在住というその男性は碧南市へ100万円をふるさと納税し、その特典としてプレゼントされた市内の遊園地と水族館の1日貸切権とホテルの昼食80人分+送迎バス2台の特典。

男性はそのプレゼントを受け取らず、「児童養護施設の子どもたちに使ってほしい」と市に伝えたんだとか。

プレゼントされたのは市内の養護施設で暮らす50人の子供達

素敵なプレゼントは、市内にある唯一の児童養護施設「オリーブ」で暮らす2~17歳の50人の子供達。

特典を寄贈した男性は

子供達に思う存分遊び、ホテルのランチでお腹いっぱい食べて笑顔になってほしい 出典: www.chunichi.co.jp

と粋なコメントをしています^^

この男性は今回の件以外にも国内外問わず、以前から子供達の為に各団体へ寄付をしてきたそうです。

児童施設の指導員の方からは

子どもたちが普段、有料の遊具で遊ぶ機会は少ない。食事があるので中高生も喜ぶ。大変ありがたい話で、施設の夏のメーン行事になる 出典: www.chunichi.co.jp

と感謝のコメントが。

小さい子から中高生まで楽しめる機会にみんな大喜びのようです。

ふるさと納税の魅力

企業を支援して企業から特典がもらえる「株主優待」と同じように、「ふるさと納税」は地域(自治体)を支援しすることでその地域の特典がもらえるというもの。

ふるさと納税をするとこういった各地域の記念品や特産品を贈呈している自治体なども多くあります。記念品以外にも今回の碧南市のように宿泊券や施設の優待券といった特典もあるんです。

知らなきゃ損!家計を支える主婦の皆さんへ貯金節約術を大公開

関連記事:

知らなきゃ損!家計を支える主婦の皆さんへ貯金節約術を大公開

「今月も赤字だ…」とため息をついているママさんも少なくないのではないでし…

まるであしながおじさん♪

あしながおじさん

当の男性が自らを公にせず寄付された碧南市が発表したことで話題になりましたが、地域支援と地域の子供達への支援の両方が叶った素敵な出来事。

まるで現代のあしながおじさんのような、心がほっこり温まるニュースでした^^

「児童養護施設」「プレゼント」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!