〇〇な子供が育つ!?算数力が子供にいい理由

算数力が子供に与える効果をご存知ですか?子供に算数を教え、算数力を身につけさせることは、「テストでいい点数が取れる」「受験に合格する」以外のいい影響があるそうです。ここでは、算数力が子どもにいい理由をあげていきます。また、子供にどうすれば算数力を身につけさせることができるのかなどをご紹介していきます。

算数力とは

算数力とは、計算の早さやいわゆる「テストができる」というような断片的なものではありません。算数力とは、合理的に、総合的に物事を見ることができる思考のことで、それが子供の人生において大いに役に立ちます。

算数力と聞くと、どうしても「テストで良い点が取れる子に育つってこと?」と、すぐに勉強と結びつけてしまうものですが、そうではなく、生きていくうえで多角的に物事を見られるなど、生きるために必要な思考力を鍛えられます。

算数力がいい理由

算数力は、子供にどんないい影響を与えるのでしょうか。見ていきましょう。

算数力は挑戦する力を育む

子供の中には、挑戦する前から諦めてしまうという子も少なくありません。「どうせ自分にはできない」という子供は、自分に自身がなかったり、成功体験が無かったり、挫折から立ち直った経験がないなどの特徴があります。

算数力を鍛える工程では、「とりあえずやってみよう」という心が育つと言われています。小さな子供にとって、算数はとてもむずかしいものです。「わからない」と言う子供がほとんどでしょう。

でも、そこで、「分からなくてもいいからやってみよう」と声をかけ、実際に計算問題などをクリアすると、子供は挑戦からの成功体験を経験でき、分からないことに立ち向かうのがおっくうでなくなります。

自ら学ぶ力を育む

挑戦することがおっくうでなくなり、挑戦からの成功体験を得ることで、「分からない」「不思議だな」と感じたら、自分で自ら「調べてみよう」「とりあえずやってみよう」という良い循環が生まれます。

すると、自分から学ぶことに対して抵抗がなくなり、だれかが手取り足取り教えなくても、進んで学ぶようになります。学校での教育以外にも、人生には学ぶことがたくさんありますよね。

算数力は算数だけでなく、色んな分野において、学力を身につけさせるのです。

算数力で学びが楽しくなる

算数力で自ら学ぶ姿勢が身につくと、学ぶことが楽しくなり、どんどんと学びが加速します。学校教育でも、進級するごとに内容は難しくなりますが、小さな頃に身につけた「学び=楽しい」というイメージがあるので、難問題に挑むのも楽しみに変わるのです。

知育に!百玉そろばんってなに?使い方も紹介

関連記事:

知育に!百玉そろばんってなに?使い方も紹介

百だまそろばんってご存知ですか?普通そろばんというと5の玉と1の玉の一般…

親にもできる「算数力」の教え方

算数力を身につけさせるにはどうしたらいいのか?と思っているパパやママは多いことでしょう。ここでは、親が教えることができる、算数力の身につけさせ方をご紹介します。

その1☆ 1から教える

大人たちは、ものを数えるときに、効率よく数えていますよね。お札を数える時には10枚目で区切りの目印をつけたり、コインは種類に分けて、10の山を作りながら数えたりします。

でも、小さな子供は、そんなことは知りませんよね。ここで、大人は効率のいい方法を教えたくなりますが、はじめから教えてはいけません。

まずは1つずつ数えさせ、「あれ、どこまで数えたっけ?」というような問題を体験させます。その後で、「こうやってやると簡単だよ」と教えれば、子どもは「本当だ!すごい!」と感動を覚えながら学んでいくことができるのです。

その2☆ 自分にまつわる数字を学ぶ

人にとって、数字はとても身近なものです。たとえば、身長や体重などは、子供も小さな頃から測ることが多いので、とても身近な数字だと言っていいでしょう。

「大きくなったから服のサイズを120センチにしよう」「体重が1キロ増えたね」と、子供と数字を共有することが大切です。

お料理を一緒に作るときに、材料を計量カップで測ったり、数字に多く触れることが大切です。

その3☆ 単位が算数力を刺激する

人は多くの単位を使っています。でも、子供の前では「ひとつ、ふたつ・・・」と数えている人も多いのでは?できれば、親は単位を正しく使うのがおすすめです。

クッキーなら1枚、ニンジンなら1本、絵本なら1冊など、単位は物によって変わります。これが将来発展し、「1kgは1000g」などの換算などにも抵抗がなくなり、自分でも自然と使い分けられるようになっていきます。

算数力は親の影響を受けやすい?

パパやママの中には、子供の頃に「算数が苦手だった」という人もいるでしょう。すると、大人の側のコンプレックスが子どもに伝わってしまい、算数への苦手意識を持ってしまうことがあります。

「ママは算数が苦手だったらか文系に進学した」という人はしばしば見かけますが、本当はそういう物の言い方は控えたほうがいいでしょう。「読書が好きだったから文系に進んだ」という言い方をすれば、子供の算数への苦手意識は植え付けられずに済みます。

理系ママも要注意?

最近では、理系女子(=リケジョ)なんて言葉があるほど、女性でも理数系に強いママが増えています。

中には、親が理数系でも子供は数字が苦手というケースもあると思いますが、そんなとき「そんなことも分からないの?」と思わず言ってしまった・・・なんてママもいるようです。

苦手意識やコンプレックスは、一番の学びの障害になります。子供に自信をつけさせるため、できない子どもを見ても、「一緒にやってみよう」という姿勢で、余裕を持って接するようにしましょう。

算数力はまずは日常から!

算数力は日々の生活の中で身につけられるものです。特別な英才教育をしないと・・・と考える人も少なくありませんが、生活する中で身につけるのが一番!

とくに、子供は親に教えてもらうと、先生などに教わるよりも、飲み込みが早いようです。そのため、パパやママも、最低限の基本の算数を学んでおき、スマートに教えられるようにしておくといいでしょう。

幼児の習い事でそろばんを選ぶメリット・デメリットって?体験談まとめ

関連記事:

幼児の習い事でそろばんを選ぶメリット・デメリットって?体験談まとめ

そろばん教室…最近ではそろばんという名前もあまり聞かなくなりましたね。し…

「算数力」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!