釣りをしながら食事を楽しめる釣舩茶屋ざうおってどんなところ!? 施設紹介

釣舩茶屋ざうおってご存知ですか?なんと!広い店内の中は船になっていて、そこで釣りをしながら食事が楽しめるんですよ!自分で釣った魚をその場で自分好みに調理してもらいその場で食べることができるんです。気軽に釣りが楽しめて、さらに美味しい魚料理を楽しめるなんて、まさに一石二鳥♪家族みんなで釣りデビューしてみませんか?

釣舩茶屋ざうおってどんなところ?

みなさん、釣りってしたとこありますか?きっと、釣り?ないない!なんて答える人の方が多いのでは?と思います。

釣舩茶屋ざうおは、気軽に釣りができ、しかも釣った魚をその場で好きに調理してもらい食べることができる、釣りを楽しみながら食事ができるお店です。

しかも、自分で釣った魚を調理してもらう場合は、通常の料金よりもリーズナブルにお料理を提供してもらえるんですよ!

店舗情報

  • 店舗数:関東~九州に13店舗(詳しくは下記HP参照)
  • 授乳スペース:店舗による
  • おむつ交換台:店舗による

ざうおは九州に本店をおく釣りができる居酒屋さんで、店舗により営業時間は様々です。ランチ営業している店舗もありますが、大半はディナータイムのみの営業です。

居酒屋ですが、子供可の店舗がほとんどで子供向けメニューが充実していたり(アレルギー対応のお店もあります)、子供椅子の用意や個室が多くあったりと子連れに優しい飲食店です。乳児も入店可能なお店が多いです。

ただ中には分煙になっていない店舗もあるので、確認の必要があります。

※ざうお本店は釣りができないのでご注意ください。

釣舩茶屋ざうおHP

ざうおの楽しみ方!

釣り好きな人もいるとは思いますが、無理!なんて人も多いと思います。でもざうおなら大丈夫!釣りが分からなくても、お魚の種類が分からなくても、店員さんが丁寧に教えてくれますよ!

では、ざうおの楽しみ方を紹介します。

  1. 釣りをしたい人はまず店員さんからエサを購入(100~200円、店舗により異なる)。釣竿は無料レンタルできます
  2. 釣りたい魚を店員さんに伝え釣りを開始!なかなか釣れないときは店員さんにコツを聞きましょう
  3. 魚が釣れたら店員さんへ!
  4. 釣れた魚の調理方法をリクエストしましょう(刺身・煮つけ・焼き魚・唐揚げ・寿司)
  5. みんなでおいしくいただきましょう!

※注意:一度釣り上げた魚はリリースすることはできません。釣り上げた魚はお買い上げになりますのでくれぐれも釣りすぎには注意しましょう。

おすすめポイント

家族みんなで楽しめる釣舩茶屋ざうおのたくさんのおすすめポイントをご紹介します!

なんといっても釣りができる!

もちろん一番のおすすめポイントは釣りです!

釣りをしたことがなくても、店員さんが丁寧に教えてくれて釣ることができます。小さいな子でも、ヒラメや鯛を釣り上げています!

パパが張り切って子供に教えてあげたり、親子のコミュニケーションにも最適ですよ♪

また、釣りができる=大きな生簀があるというわけで、一歩店内に足を踏み入れれば子供だけではなく大人でもテンションが上がってしまうような空間が目の前に広がります。

実際に行かれた方の口コミ

すごく、活気もあるし、子供達には好評です。もちろん、釣った魚も新鮮でおいしいのは言うまでもないです。子供でも必ずと言っていいほど、釣れるし、日ごろのお父さんの格付けを上げるにもいい機会かも。 出典: tabelog.com

やっぱり釣りって、釣れないと楽しくないんですよね。特に子供は絶対に釣りたい!って思うので釣り上げられることができるのはいいですね!

サプライズにもってこい

予約時に誕生日祝いなどの連絡をしておくと、サプライズ対応がしてもらえます。

店舗にはよりますが、バースデーソングを歌ってくれたりデザートのサービスがあったりするのでお子さんが喜ぶことは間違いなしです!

子供向けイベントがある!

自分でお寿司を握ってみることができる「お寿司体験」という子供向けプログラムがあります。

子供でも簡単に握ることができるように、丁寧に教えてもらえます。もちろん、握ったお寿司は家族で食べることができます。

最後に「寿司教室卒業証書」もらうことができ、子供も大満足です!

※店舗により異なります。詳しくは各店舗にお問い合わせください

インドアでアウトドア体験を!

釣りが苦手でも、釣りをしたことがなくても大丈夫!ちょっと釣りに行こうか?なんて出かけてみるのもいいですよね。

店内で子供と一緒に釣りをして、その場でおいしい魚料理を楽しめる。親子のコミュニケーションにもピッタリの釣舩茶屋ざうおに、家族みんなで行ってみませんか?

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!