梅雨の準備はもう出来た?カビ対策から食品の管理まで!梅雨前のやることリスト☆

ジメジメ季節の梅雨時期に大量発生する、いやぁなカビ!でも、カビって一年中発生するんです。子供や赤ちゃんがいると心配だし、大人だってアレルギーが出る人もいます。みなさんはカビ対策していますか?どうやったらいいのかわからないんですよね。という人も多いのでは?今回は年間を通して行ってほしいカビ対策について紹介します。

カビの発生時期は?

梅雨時期のカビって、本当に嫌ですよね。夏に向けて、対策をされる方もいらっしゃると思います。でもちょっと待ってください。カビって、一年中発生するんですよ。

こんなところにも?と思うような場所だったり、もう冬だし大丈夫よね♪なんて思わないでください。カビの対策は1年を通して行うことで、より効果的になるのです。

カビの発生原因

  • 温度:20~30度。特に25度前後で活発になります
  • 湿度:80%以上。多くのカビは80%以上で発生が活発になります
  • 酸素:カビが発育していくのに必要となります
  • 栄養分:ホコリ・プラスチックでも何でも栄養源になります

家庭で発生しやすいカビの種類

家庭で発生するカビは約60種類ほどだと言われています。その中でも特によく発見されるものは以下の5種類です。

  • クラドスプリウム:いわゆるクロカビで、水廻りのタイル目地に発生しやすいです
  • アルテルナリア:シックハウス症候群を引き起こすカビで空中を浮遊しています
  • アスペルギルス:アルテルナリア同様です
  • ペニシリウム:食品によく発生をするアオカビです
  • ムコール:食品に発生をするケカビです

カビ対策をしましょう

カビの発生条件を極力減らすことで、あの嫌なカビを少しでも見なくて済むようになります。湿度が大好きなカビは、キッチンやバスルーム、押し入れの中、結露しやすい窓などに発生します。

あれれ?これって大人もそうだけど、子供にも密接にかかわる場所ですよね?大人でも病気になる可能性のあるカビなのに、子供が触ったら大変です。

家族をカビから守るためにも、カビ対策を行いましょう。

赤ちゃん・子供がいるママ必見!梅雨に気をつけたいお家のカビ対策☆☆

関連記事:

赤ちゃん・子供がいるママ必見!梅雨に気をつけたいお家のカビ対策☆☆

日本の夏は湿度が多く、ジメジメとしていることが特徴です!日本の気候で、…

家全体、こまめな換気

湿気対策として有効なのは、なんといっても換気です。こまめな換気をすることで、カビにとって住みにくい環境を作るのです。

多少暑くても寒くても、家の中に風の通り道を作ることにより適度な乾燥が促されます。それによりカビの大好きな湿気を防ぐことができます。

収納場所の対策

押し入れやクローゼット、洋服ダンスなども湿気がこもってカビには住みやすい環境といえます。定期的に開け放ち風を入れ乾燥させましょう。また、洋服などを入れ過ぎると風の通り道がなくなり湿気がたまりやすくなります。

押し入れに布団をしまう場合は、下に巣の子を置くだけで風が通りカビ対策になります。

下駄箱も同様で、定期的に風を入れます。また一日履いた靴はかなり湿気がたまっています。すぐにしまわず、一晩出しておくだけでも湿気対策になります。

食品の管理方法

特に梅雨時期には、食品にもカビが発生します。よく目にするパンやフルーツ、餅だけでなくカビはどんな食品にも発生してしまいます。

食品のカビを防ぐためには、特に4つの点に注意をすると良いとされています。

  1. 表面の水分をよくふき取る:キッチンペーパーなどでふき取ると良いです
  2. 常温保存はなるべく避ける:冷蔵、冷凍保存することによりカビの発生率が下がります
  3. 冷蔵庫内にはカビを持ち込まない:カビはソースなどの蓋の裏などにも発生します。冷蔵庫に入れる際はチェックが必要です
  4. 必要以上に買いこまない:ついつい買ってしまった大量の食品。使いきれなければそれだけカビのリスクが増します

水廻りの対策

キッチンやバスルームは特にカビが発生しやすい場所です。先に述べたように、まずは換気をしましょう。

窓があれば開けて風を入れます。集合住宅で、窓がない場合や開けることが難しい場合などは換気扇を意識的にまわしておくと良いでしょう。

キッチンのシンクやまな板などは、週1度程度の消毒(キッチン用漂白剤)をするとさらに効果的です。

キッチン用漂白剤の使用は子供がいるからちょっと心配だな、という人はお酢を使ってみてください。お酢は殺菌力が高くカビ対策や、発生してしまったカビ退治に使用できる安心なアイテムです。

カビ対策まとめ

カビの発生を抑えることにより、より快適な生活が送れます。

上記以外にも、結露した窓はこまめに水分を拭き取ったり、洗濯機の乾燥をしたりと少しだけ意識をすることで随分とカビの発生率を下げることが可能です。

また、梅雨時期を過ぎても換気を怠るとカビは簡単に発生します。一度に全部を始めるのが難しいな、と言うことであれば、まずは換気から始めてみてはいかがでしょうか?

カビにより重大なアレルギーや病気を引き起こす人もいます。家族が安心して生活できる空間を作り、快適な生活を手に入れましょう!

「梅雨」「準備」「カビ対策」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!