栃木でママ友のLINEいじめを苦に母親2名が連続自殺!なぜこの事件が大きく報道されないのか、疑問の声が…

2015年4月に、栃木県の小学校に通う児童の母親が2名立て続けに自殺するというショッキングな事件が起こりました。2名の母親はどちらも子供がいじめを受けている、と学校に相談していて、いじめについて加害者と思われる母親に抗議したことから事態は思わぬ展開に進んだと見られています。

子供だけでなく大人にも広がるいじめ問題?

日本全国で、増え続けている「いじめ」問題。先日も岩手県で中学生の男の子がいじめを苦に自殺するという痛ましい事件が起きたばかりです。

尾木ママ、岩手県の中学2年男子の自殺に「まるで殺人学校!」

関連記事:

尾木ママ、岩手県の中学2年男子の自殺に「まるで殺人学校!」

岩手県の中2男子がいじめを苦に自殺した事件をご存知ですか?学校の連絡ノー…

そんな中、栃木県で小学校に通う子どもを持つ母親が2人、立て続けに自殺をするというショッキングな事件が起こりました。

どんな事件?

小学校

2015年7月3日の読売新聞によると、事件があったのは今年4月。

栃木県佐野市にある小学校で、いじめを受けていたという児童の母親2名が、加害児童の母親に抗議に行ったところ、その日を堺にママ友達の間で孤立し、さらには母親達からLINEでいじめを受けるようになったというのです。

その後、4月16日・4月23日にいじめを受けたとされる母親2名が相次いで自殺。

周囲の話では、「ママ友によるいじめ」が原因で自殺に追い込まれた可能性が高いとされています。

2名の母親が受けたとされるいじめは、LINEによる陰口などが確認されています。

また、1名の母親は自殺直前にママ友から「母親失格だ」と、厳しく言われたと家族に悩みを打ち明けていたそうです。

教育委員会や学校側の見解は?

その小学校や佐野市教育委員会は、母親2人が相次いで自殺したことを受けて独自調査を行いましたが、

母親グループ内のLINEのやりとりでトラブルがあったことは学校から報告が入っていますが、内容については把握しておりません。

報道された児童のいじめに関しても、亡くなったおふたりの子どもさんに対するいじめではありませんでした。 出典: www.jprime.jp

と発表され、それ以上の調査は行わなかったようです。

Twitterではさまざまな声が

なぜこれだけの事件が大きく報道されないのか、その疑問につきるようです。

なぜ3ヶ月間も大きなニュースにならなかったのか

同じ小学校の母親が2人も短期間の間に連続で自殺するという、前代未聞の大事件ですが、この事件が報道されたのは事件から約3ヶ月も経った7月3日。

なぜ3ヶ月もの間大きなニュースにならなかったのでしょうか。

それも、3ヶ月後に報道されたのは1紙のローカル版に小さく掲載したのみ。この疑問については、4月~6月にかけてTwitterなどのSNSでは「ママ友いじめで母親が2人も自殺した事件、何でニュースにならないの?」といった投稿が複数確認できました。

全国放送で取り上げられると、校長の発言に非難が集中

また、7月14日にはフジテレビ系情報番組「グッディ」にて取り上げられ、全国放送で報じられたのが初めてということで、これをきっかけに真相解明に期待がかかっています。

放送された番組内では、緊急に開かれた保護者説明会で同校の校長は「新聞に出てしまった以上、事実です。」と話したということです。

これに対して「新聞に出なかったらどうしていたのか?」と非難が集中しています。

「いじめ」への早急な対応が求められています

2人の児童が通っている小学校は総児童数が約80人ほどの学校。同じ学校に子供が通うお母さんからは

小さい町だから、小学校1年から6年までクラスが一緒。簡単に引っ越すこともできないし、追いつめられても逃げ場がないんです。 出典: www.jprime.jp

といったコメントも。

真相がはっきりしないこともあり、夏の恒例イベントだったお祭りも中止になるほど街は騒然としているそうです。

「子供のいじめ」を受けての母親同士のトラブルが引き起こしたと思われるこの事件。決してあやふやに終わらせることなく、真相が明らかになることを願います。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!