出産にかかる費用っていくらぐらい?

妊婦健診、入院・出産、マタニティウェアの用意など、出産にはいろいろ用がかかります。でも公的な補助制度があるのもご存じですか?出産費用がいくらかかるかを確認すると同時に、必要な手続きなどもしっかり調べておきましょう。元気な赤ちゃんを迎えるためにも、取り除ける不安は取り除いてしまいましょう!

出産にはいくら必要なの?出産費用を調べてみよう!

赤ちゃんが生まれることはとても素晴らしいことですよね。一方で気になるのは出産にかかるお金のことです。実際、出産にかかるお金はどの程度なのでしょうか?

出産の直前になって慌てたりせず、安心して出産を迎えるためにも事前にしっかり費用を確認する必要があります。

出産費用は高額に見えても、手続きをすると戻ってくるお金もありますので公的補助制度についてもチェックしていきましょう。

出産にかかる費用の内訳

まずは出産にかかる費用についてどんなものがあるのか調べてみました。

①妊婦健診費用

妊婦さんに必要な妊婦健診。病院によって費用が異なりますが、健康保険がきかないため1回4000~5000円、特別な検査の場合は10,000円程かかります。

健診の回数はこちらも体調、妊娠週数などによっても変わりますが、月1回から臨月になると週1回のペースで通うことになり、一般的な受診回数は14回ほどとなります。

②各種検査代

定期的な健診以外に、任意の検査を受ける場合は別途費用がかかります。

母子手帳には特別な検査を2回受けられる補助券がついていますが、それ以上の場合は1つの検査につき1,000~10,000円前後かかることが多いようです。

③入院・出産費用

出産費用の中で一番高額なのがこの入院・出産費用と言えるでしょう。病気で入院するわけではないので健康保険が適用されません。

かかる費用は平均すると30~40万円と見られていますが、個室を希望したり、無痛分娩を希望するなどの場合はプラス10万円~20万円必要になることも。

また、病院の規模や設備によっても入院・出産費用には差があるようです。

もし帝王切開で出産した場合は健康保険が適用され、負担は3割になります。

出産時にかかる入院費用っていったいいくらなの?

関連記事:

出産時にかかる入院費用っていったいいくらなの?

出産ってどれくらい費用がかかるのかご存知ですか?病院によって出産費用は…

出産に関わるその他の費用

上手に工夫すれば、ここの項目は必要ないかもしれませんが、健診や入院といった以外でかかる費用についてまとめました。

マタニティグッズ費用

妊娠初期は妊娠前と同じ服を着ることもできますが、お腹の大きくなる妊娠後期には、マタニティ服やマタニティ下着を購入することもあります。

入院グッズ費用

病院から配布されるものもありますが、産褥ショーツや骨盤ベルトなど入院時に必要になるグッズを購入することもあります。

出産費用を補助するものにはどんなものがあるの?

出産費用は高額ではありますが、補助する制度もありますのできちんと調べて活用しましょう。

出産費用の強い味方である公的補助制度と医療保険についてご説明します。

妊婦定期健診受診票

各自治体で名称や回数は異なりますが、妊婦健診の検査費用の一部を助成する制度が実施されています。

妊娠届を提出すると、妊婦健康診査の受診票が交付されるという形が多いようです。健診の際に受診票を病院や医院に提出することで妊婦健診にかかる費用を数回~14回分まで助成してもらえます。

妊婦健診の補助券の使い方は?里帰りや引っ越しのときはどうする?

関連記事:

妊婦健診の補助券の使い方は?里帰りや引っ越しのときはどうする?

妊娠から出産までの約10ヶ月、妊婦さんは定期的に妊婦健診を受けて母体と胎…

出産育児一時金

出産育児一時金とは、健康保険に加入している方の出産費用の一部を給付してくれるものです。 支給額は、子供1人につき42万円支給されます。

平均的に病院の入院・出産費用は42万円ほどで済むことも多く、その場合出産費用は実質無料ということになります。

もし入院費等が出産育児一時金で不足した場合は、退院する時に差額費用を病院に支払いますが、逆に42万円以下で済んだ場合は、手続きをすると後日差額が戻ってきます。

出産育児付加金

なお、それぞれの健康保険組合が独自に、出産育児一時金に追加して出産費用を給付しているケースもあります。

費用は組合によって異なります。

医療費控除

妊婦健診費や出産費用のほかにもかかった1年間の医療費の合計が10万円、もしくは所得が200万円以下なら、所得の5%を超えた場合、医療費控除でお金が戻ってきます。

42万円の出産育児一時金があるので、なかなか10万円を超えにくくなっていますが、妊婦健診のための交通費も対象になりますし、入院費の高い病院で出産した場合は可能性があるかもしれません。

医療費のレシートはきちんと保管し、かかった電車代などもメモをしておくといいでしょう。

医療費控除の確定申告を解説!確定申告書ってどうやって出したら良いの?

関連記事:

医療費控除の確定申告を解説!確定申告書ってどうやって出したら良いの?

医療費も確定申告をすれば、お金が返ってくるという話は聞いたことがある方…

もし加入している場合は医療保険からも給付金があります

妊娠中に起こる合併症等で入院となったり、出産時に帝王切開等のために手術や入院をする場合は、加入している医療保険から給付金が支払われます。

妊娠判明後に新規で医療保険に加入するのは、契約出来ないか条件つきの契約になる場合が多いので要注意です。

前もって出産にかかる費用を確認しましょう

妊婦

出産費用といっても、健診費やその他のいろいろなものも含めると高額なものになります。でもさまざまな公的補助制度がありますので必要な手続きをきちんと調べましょう。

病院や分娩方法によっても費用は異なってきますので、自分の出産する病院や出産方法も予算と合わせて夫婦でよく検討することも大事ですよ。

費用などしっかり準備して出産に臨んでくださいね!

「出産」「費用」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!