やまなかレディスクリニックの口コミと体験談 栃木県小山市

やまなかレディスクリニック」栃木県小山市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

やまなかレディスクリニックについて

院内はとても綺麗で、トイレも快適です。呼び出しは受付け番号が画面に出て診察になるので聞き間違えてしまうことはありません。 入院中のお食事がとてもおいしく、お祝いのフルコースは家族とたべることができます。 部屋はすべて個室です。 タオルやパジャマも毎日交換してくれるので入院グッズは自分の化粧水くらいで大きな荷物を持ち込む必要がありません。 出産はLDRでの出産のため移動がなく楽ですし、ソファーもあるので長時間の付き添いも休み休み出来ます。

やまなかレディスクリニックの基本情報

「やまなかレディスクリニック」栃木県小山市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

栃木県小山市若木町2-11-20 最寄り駅は小山駅 小山高校北東にあります

出産にかかる費用

費用 入院 出産

約50万

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんがいます。女医さんはハキハキしたしゃべりかたで聞きとりやすいです。

やまなかレディスクリニックの良い点・オススメポイント

パジャマ 病院

部屋はすべて個室です。 シャワーが付いているか、共同シャワーかで部屋を選べます。 院内のアメニティもほとんど揃っています。パジャマもあるので、雑誌に書いてあるような入院グッズはほとんど必要ありませんでした。分娩時のテニスボールなんかも病院にあるのでもって行く必要がありませんでした。 部屋にドライヤーもあります。とても快適です。

やまなかレディスクリニックを選んだ決め手!

一番の決めてはその時住んでいた家から近かったからです。 最初に受診したときは婦人科でかかっていた病院が先生と合わなくて、出産するなら別の病院と考えていました。 そして出産することを考えて一番近くの病院にかかってみようと受診しました。 行ってみたら院内が綺麗で先生も優しく内診も痛くなかったのでそのままここで産むことを決めました。 何カ所か婦人科にかかったことはありますが、ここが一番綺麗でした。長く通うことになるのに清潔感はとても重要です。

やまなかレディスクリニックの改善して欲しいポイント

通院中も入院中も特に厳しい指導をされることがなかったです。私自身が人見知りであまり話しかけられないため、特に産後は授乳指導などもう少ししつこくしていただいた方が安心かなとも思いました。 産後の健診のときに、一人で赤ちゃんを抱えて行ってしまったのでお会計のときに近くにベビーベッドがあったらよかったなと思いました。

やまなかレディスクリニックについてもっと詳しく

分娩

以下では、やまなかレディスクリニックについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生はやさしく質問にはしっかり答えてくれる先生です。女医さんもいます。女医さんには一回だけ診てもらったのですが、とてもハキハキした人でした。 事務スタッフや看護師さんもやさしいです。 助産師さんはさすが頼りになります。分娩の際にサポートしてくれた看護師さんのかけ声がいきみやすく、付き添いの夫よりもその人にずっといて欲しかったくらいです。

院内の設備

入院中 預ける

とにかく院内が清潔で診察も快適でした。 先生は聞きたいことにはしっかり答えてくれます。最初のころ不安で不安で「大丈夫なのか?」と漠然とした質問をしていたら、「何か問題があれば必ず伝えます」と言っていただきその後は安心して先生におまかせ出来ました。 バーズプランも聞いてくれるので自分のしたいことができます。 入院中は疲れたら新生児を預かってもらえるし、食事はとても美味しいし量も多くおやつまで出て来て大変満足しました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はとても美味しいです。退院したくないほど美味しかったです。 毎食ボリュームがあって、おやつもあるので満足できます。退院前にはお祝いのお食事があってフルコースがいただけます。お祝いのお食事は家族と一緒に食べることが出来ます。 産後にはマッサージが付いていて、エステのスタッフさんが部屋まで来てくれます。私は下肢のマッサージを受けました。

私のやまなかレディスクリニックでの出産体験談を紹介します!

分娩

前駆陣痛が一ヶ月ほどまえからずっとあり、早く産まれそうと健診のたびに言われながら予定日を越えました。 予定日の内診の時にグリグリと卵膜を剥離してもらって、出血するもののそれでも陣痛に繋がらずに三日後ようやく夜中にあった前駆陣痛が朝になっても収まらずに10分間隔になりました。もう少し家で我慢してからと思い、我慢してましたが10分間隔のままお昼を過ぎました。そろそろと思い、午後三時くらいに病院にはじめて電話しましたが結果はまだ自宅待機・・・・ 夜中からのお腹の痛みはもう結構痛いものになっていたのに全然10分から縮まらず、ずっと痛みに耐えるだけ。 夜八時になってもう一度電話したときには病院に行きたくて陣痛の間隔が5分くらいと嘘をつきました。 これで一回診てもらえれば安心だからとやっと病院にいけることが嬉しかったです。 まさかの徒歩で一人病院に行ったら驚かれました。 そして、進み具合を診てもらったところかなりいい陣痛が来ていて赤ちゃんも元気で安心しました。 もう破水すると思う、今日中には産まれるね、といわれ俄然やる気が出てきました。 陣痛も徒歩で来たからか5分間隔にはなったものの、翌日になってもなかなか破水せず。 あれ?あれ?と思いながらひたすら痛みに無言で耐えました。 仕事終わりに夫が着たものの、私の変わりに運ばれて来たご飯を食べ、ソファーで寝て、男の役立たず感がもの凄かったです。 そんななか励ましてくれる助産師さん、看護師さんが神にみえました。 全く進まないまま朝を迎え、ようやく人工破膜。このころには痛みに耐えながらの睡眠不足に意識を朦朧としていました。 陣痛の合間に睡魔に襲われて寝る、痛みで起きるの繰り返し。 イキんでいいよといわれるものの、イキみ感が全くなく、よくわからないままお昼を過ぎました。 もう痛みに耐えて一日以上、きっと永遠にこのままなのかも・・・・・・と諦めが入ってきたときにようやくイキみ感も出てきて分けも分からずにイキむ!イキむ! もう何回イキんだかも分からない。 数回イキんだら出るものじゃないの??????とみんなの嘘つき!!!と思う私。 最後にはほとんど記憶ないまま、オギャー!!!と大きな泣き声。 あれ?でた?? あー 終わったー それが私の出産の感想。 病院に10分間隔の陣痛を報告してから約24時間、痛み出した夜からほとんど二日がかりの出産でした。 産んだ記憶の薄い出産に次産むならお金かけてでも無痛で産もうと決意しました。

やまなかレディスクリニックの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このやまなかレディスクリニックの体験談・口コミは、平成23年時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(227130)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!